電力会社の寮では、面倒事を若手に押し付けるのが文化である

電力会社の寮では、面倒事を若手に押し付けるのが文化である 電力会社

こんにちは、ひつじ先輩です。

この記事では、電力会社の寮について書きます。

 

電力会社の求人を見ていると、福利厚生として

寮完備

と書かれていたりします。

そして、代わりに家賃補助がない。

 

寮がいい感じなら、家賃補助なしでもまぁオーケー。

でも、寮がショボいなら大きな減点ポイントですよね。

 

電力会社の寮がどんな感じかということは、実際住んでみないと分かりません。

わたしは3年ほど、電力会社の寮に住んでいました。

 

ひつじ
ひつじ

電力会社の寮はこんな感じ!

という話を書いていきます。

電力会社の福利厚生

電力会社の福利厚生

電力会社に就職するメリットの1つに、福利厚生があります。

電力会社の福利厚生がそこそこ良いのは確かですが、落とし穴があります。

 

家賃補助がないことです。

 

電力会社に就職しようとする人は、

家賃補助はないけど、寮があるからOK

と判断してしまうことがあります。

 

ひつじ
ひつじ

わたしもそうでした

 

よくありません。

 

寮の環境が悪かったら、寮なんてプラスどころかマイナスです。

しかも入寮が強制だったり、地理的な理由で入寮を避けられないことも。

 

わたしが住んだ寮は、電力会社の寮の中でもハズレの方です。

ハズレだとこんな感じなのね…

と思って、この後を読んでみてください。

 

寮の場所

寮の場所

寮の場所

私は、水力部門に配属されました。

水力発電は山で行うため、寮は山の中

街から車で、30分ほど登ったところてす。

 

職場までの距離は、車で10分ほど。

毎日歩ける距離ではありません。

 

実家までは車で3時間くらいだったので、週末には帰っていました。

日曜の夜にはまた、寮に戻ります。

実質的な休みは、少し短くなってしまいます。

何もすることがない、山奥の寮にいるよりはマシ

 

周辺環境

寮の周辺には、コンビニとガソリンスタンドしかありません。

そのコンビニも、見たことないほど品揃えが悪かったです。

人がいないので、そもそも仕入れが少ないのでしょう。

 

山奥なので、夏は虫が多いです。

街灯に数百匹の蛾が集っている様子は、地獄絵図。

 

冬は、深い雪で歩けなくなります。

駐車場にも雪が積もり、車が動けなくなったりします。

朝はフロントガラスが、凍っています。

まずは、お湯でかけて溶かして視界を確保することから1日が始まります。

 

寮の家賃

寮の家賃

電気代込みでも、5,000円程度だったと記憶しています。

この安さが、数少ないメリットです。

 

お金を使える場所もないので、貯金は増えやすいです。

電力会社なのに、電気代の支払いはある

 

寮の環境

寮の環境

なんでも共用

  • トイレ
  • 風呂
  • 洗面台
  • 洗濯機
  • 干す場所
  • 食堂

すべて共用です。

 

寮の風呂

共用風呂には、カエルやムカデがいます。

 

長期的にキツく感じられてくるのは、同僚が入ってくること。

1人になれず、リラックスできません。

 

浴槽の湯温は、老人向け。

熱すぎて入れたものではありません。

 

寮の食堂

食堂では、食事が準備されます。

朝300円、昼400円、夜500円でした。

数日前から予約しておく必要があります。

 

味はおいしく、量も太るほどでした。

食事のクオリティは、管理人の腕次第

 

寮の駐車場

駐車場もあります。

なんとなく縄張りが決まっており、知らずに停めると非難されます。

根拠は、いまだに不明です。

 

山奥には、冗談抜きで野蛮人がちょくちょくいます。

彼らに理性を期待するのは難しいことがあるので、注意が必要です。

 

寮の部屋

寮の部屋

洋室もありますが、私は和室になりました。

選ぶことはできません。

何年も取り替えていなそうな畳は、完全に黄色くなっていました。

 

何もない

前述しましたが自室に、

  • トイレ
  • 風呂
  • 洗面台

当然のごとく、すべてありません。

寝具・家具は、すべて自分で用意します。

 

用を足す度に、共用のトイレまで行かないといけません。

これは、地味に面倒です。

 

歯を磨いたり顔を洗う水場でも、同僚に会います。

毎朝です。

回を重ねると、キツくなってきます。

 

ネットも弱い

普段から、Youtubeなどの動画の再生は途切れやすいです。

同時に接続する人が増えると、さらに弱くなります。

 

明らかに切断されてしまい、全く使えない日もあります。

マイナーな通信業者を使っているため、顧客対応も最悪。

質問メールを送っても、無視されます。

 

かしこい人は、モバイルWifiでしのいでいたようです。

 

謎の電話機

部屋には、古くて黄ばんだ電話機がついていました。

電力設備のトラブルのときに、寮生を呼び出すためです。

ひつじ
ひつじ

呼び出されたくないので、回線を切っていました。

 

不具合はある

何もない部屋ですが、不具合だけはあって、

  • 冷房が壊れている部屋
  • 照明が切れている部屋
  • 鍵が壊れている部屋

などがありました。

私は、冷房が壊れている部屋でした。

 

寮のデメリット

寮のデメリット

  • 家賃が安いこと
  • ご飯がおいしいこと

これ以外、メリットが見つからない電力会社の寮。

 

残念ながら、まだデメリットがあります。

古い体質の電力会社ならではの悪習が、今も現役なのです。

 

組合の役職

労働組合の役職を、若手に押し付けます。

体育会系じみた上下関係は、電力会社の特徴の1つです。

 

私が新入社員のときは、入寮したその日に役職を押し付けられたらしいです。

 

「らしい」としたのは、自分の到着が遅かったため。

着いたときには、押し付け終わったあとでした。

 

右も左も分からない新入社員の引っ越し初日に、業務でもない雑務を押し付ける。

最低の文化を守り続けている、最低の集団です。

 

寮の総会

全員参加。

電力会社が大好きなやつです。

強制しないと、すべての「楽しい」イベントに人が集まりません。

 

寮のリーダーを決めたりします。

つまりは、ムダな時間です。

 

サボっても、寮にいるのはバレます。

断るのには、相当な精神力を要します。

 

寮の経理

寮費など、お金の管理をします。

集金したり、計算機を叩いたり。

 

量は大したことありませんが、業務ではありません。

電力会社のいつものパターン、新入社員に押し付けます。

 

不運にも、自分はターゲットになってしまいました。

経理担当は、寮のリーダーが野蛮人だと最悪です。

 

詳しく書けないのは残念ですが、

  • 不眠になった
  • 罵詈雑言の応酬

という、最悪の結末を迎えました。

荒んだ環境で野蛮人と関わるうちに、自分自身も蛮人化していました。

 

電力会社の寮とは

電力会社には、家賃補助の代わりに寮がある。

すばらしい寮もあると信じたいが、ハズレの場合は最悪。

家賃が5,000円程度で済むのがメリット。

 

寮の場所

  • 街まで、30分はかかる山奥
  • 周囲には、ほとんど何もない
  • 夏には大量の蛾
  • 冬にはすべてが凍る

 

寮の環境

部屋以外、すべて共用。

  • トイレ
  • 風呂
  • 洗面台
  • 洗濯機
  • 食堂

 

寮の部屋

  • 何年も畳を取り替えていない和室
  • インターネットが弱い
  • 私の部屋は、冷房が壊れていた

 

寮のデメリット

電力会社の体質によるもの。

  • 労働組合の役職
  • 寮の経理

などを、若手(特に新入社員)に押し付けて当然という文化。

 

電力の職場について

電力会社の寮では、ハズレを引くとひどい目にあいます。

では、仕事はどうなのでしょうか?

 

色んな職場の仕事について、記事を書きました。

電力会社に就職して5年。各部門の給料、忙しさについて
理系で電力会社に就職して5年。自分の職場、知っている職場の給料、業務、環境、忙しさについて書きます。水力系、変電系、制御所系など。各部門の一日のスケジュール例なども作りました。

ぜひ、読んでみてください。

  1. […] しかしながら、めぇめぇマネーの記事にもあるように、洗面、歯磨き、風呂等の水場で、四六時中先輩や同僚と顔を合わせることが、何よりも大きな苦痛となってきます。 […]

タイトルとURLをコピーしました