仕事量が多すぎる対処法。綺麗事抜きの確実な方法を元モンスター社員が解説

仕事量が多すぎる対処法。綺麗事抜きの確実な方法を元モンスター社員が解説仕事量多すぎ
「仕事多すぎ」の関連記事リストへは、記事まとめからジャンプできます

 

このまとめでは、元モンスター社員が仕事量が多すぎる対処法を解説します。

 

給料の割に、仕事量が多すぎる。
労働→残業→睡眠だけくり返す生活、割に合わない。

と感じていませんか?

もう無理と思っても、仕事はこちらの都合などおかまいなしで積まれていきます。

 

わたしは元モンスター社員なのですが、ぶっちゃけてしまうと

ひつじ
ひつじ

みんな、責任感が強すぎる

と思っています。

 

後述しますが、仕事量が多すぎる責任は1労働者にはありません。

ほんの少し無責任になるだけで、かなりの量の仕事は回避できます。

 

何も「モンスター社員」と呼ばれるほど、無責任になる必要はありません。

「仕事を頼まれにくい人」になる方法を解説します。

仕事量が多すぎる対処法

多すぎる仕事量への対処法は、

  1. 正攻法を試す
  2. 自分を責めない
  3. 合理的に考える
  4. 頼まれない人になる

の4つ。

順番に解説していきます。

 

1.正攻法を試す

まず、モンスター社員ならではのやり方を紹介する前に正攻法を見ておきましょう。

 

「仕事 多すぎる」などの言葉で検索したときに、一般的に出てくる対処法。

大別すると、

  1. 上司に相談
  2. 効率化
  3. 残業

の3つです。

 

はっきり言って、1の「上司に相談」以外はあまり意味がないです。

効率化や残業でこなせる仕事量を増やしても、長い目でみると更に仕事を振られるだけだからです。

 

上司との関係性がよいなら、まず相談してみるべきでしょう。

  • 仕事を減らしてもらう
  • ヘルプをつけてもらう

のどちらかをしてもらえれば、状況が改善します。

 

当ブログの割には正攻法に近い、多すぎる仕事の対処はこちらの記事で書きました。

退職で「仕事量の不公平さ」は解決しない。仕事量が少ない人になる方法
仕事量が不公平な会社を退職したい人へ。あまり働いていない人が自分より給料が高い現象はよくある。転職もありだが働き方を変えなければ、次の職場でも仕事はあなたに偏る。仕事量が少ない人になる方法をモンスター社員が解説。

「仕事を取りにいかない」だけでも、結構仕事量が減る場合があります。

 

2.自分を責めない

正攻法である、上司との相談・効率化・残業。

一通りやったのにこなしきれない仕事量がある場合は、自分を責めないでおきましょう。

 

振られた仕事=自分の責任

と考えるのが常識とされていますが、誤りです。

これは、できるだけ多く仕事させたい会社側の言い分に過ぎません。

 

多すぎる仕事量の原因は、たいてい人員不足です。

 

上司だって、多すぎると分かっていても仕事があるから振らざるを得ない。

そういう状況もあるでしょう。

 

しかしその結果こなしきれなくても、自分を「ダメ」「無能」などと責める必要は0です。

 

「自分を責めない」こと自体は、仕事量には影響しません。

しかし、そう考えることで精神的にタフになれますし辛みが減ります。

 

「多すぎる仕事の責任なんて取る必要はない」話をこちらの記事で書きました。

仕事がこなせないから辞めたい? 仕事が多すぎるなら自分を責めないで
仕事がこなせないから辞めたい人へ。そもそも仕事が多すぎるなら悪いのはあなたではない。工夫・効率化で仕事量を減らすのは無理だが、少し無責任になれば振られる業務やストレスを減らせる

ぜひ、読んでみてください。

 

3.合理的に考える

dodaとオリコン・リサーチによるアンケートでは、20~30代の8割が「働く理由はお金」と答えています。

 

しかし実際には、

  • 恥をかきたくない
  • 他者に嫌われたくない
  • 有能だと思われたい

といった余計な欲望のために、多くの時間を使ってはいないでしょうか?

 

1番重要な目的である、お金。

これに絞って考えると、朝から夕方までそれなりに頑張れば目的達成です。

 

仕事が遅れようが、上司に嫌われようが、給料は振り込まれます。

振られた仕事をこなしきれないくらいで、クビになることもありません。

 

無駄な行動を辞めるだけで、かなり毎日が楽になりますよ。

 

1つでも当てはまったら手を抜くべき5つの理由を、こちらの記事で書きました。

仕事を頑張らない方がいい理由! ラクする方法も元モンスター社員が解説
仕事は頑張らない方がいい! その理由5つを元モンスター社員が解説。社畜生活をラクして乗り切る方法も。働く目的はお金であり、手を抜いたところで天罰は下らない。

ぜひ、読んでみてください。

 

4.仕事を頼まれない人になる

会社員の仕事は、何もないところからは発生しません。

上司や同僚から頼まれるから、あなたは仕事を抱えています。

 

多すぎる仕事の具体的な対処法は、

  1. 提案しない
  2. スケジュールをブロック
  3. 仕事が終わっても言わない
  4. 「誰か~?」に反応しない
  5. 依頼には質問を返す
  6. 期待以上の成果を返さない

の6つです。

ちょっとモンスターな内容もありますが、一部を取り入れるだけでも効果はありますよ。

 

1.提案しない

仕事上で改善できることを思いついても、提案してはいけません。

 

何かを提案すると、

  • そのやり方で問題がない確認
  • 社内外の相手との調整
  • マニュアルの整備や周知

すべて、言い出した人がやる羽目になります。

自分が言い出したのですから、断ることは不可能です。

 

余計な仕事が増えるだけです。

よほど余裕があるときでない限り、何かを提案することは控えましょう。

 

2.スケジュールをブロック

予定表にはミーティングや外出だけではなく、自分自身の予定作業も登録しましょう。

 

書類作成など、他人には関係ない内容でもスケジュールを埋めておく。

 

これだけで、あなたが忙しいことが可視化されます。

頼みたいことがある人も、頼みづらく感じるはずです。

 

さらには、何か頼まれても予定作業を理由に断れます。

断りきれなくても「今からはできないので」と納期を遠めにできるでしょう。

 

残り4つの仕事を頼まれない人になる方法は、こちらの記事にまとめました。

仕事を頼まれるのは損です。頼まれない工夫を元モンスター社員が解説
仕事を断るのではなく、そもそも頼まれないようにする工夫を元モンスター社員が解説します。 忙しくても、仕事を頼まれると断りづらい。 嫌われたくないし、「仕事を断るなんてとんでもない」という空気がある。 ...

ぜひ、読んでみてください。

 

「仕事多すぎ」の記事まとめ

1.増えるミスへの対処法

仕事が多すぎると、ミスや遅れが起きやすく怒られやすいです。

また、ここまで提案してきた頑張るのを止めるアプローチも怒られやすいです。

 

わたしは元モンスター社員ですので、数限りなく怒られた経験があります。

その経験から生まれた、怒られにくくなる「言い訳」のノウハウをこちらで書きました。

仕事のミスは言い訳で切り抜けろ! 6つの型をモンスター社員が解説
仕事でのミスを切り抜ける言い訳をモンスター社員7年目が解説。ストレスを減らしメンドウな改善も減らせる。言い訳が通じなかったときの立ち回りも。そもそもミスを報告をしないのも大事。

ぜひ、読んでみてください。

 

2.多すぎる残業の対処法

「仕事を頼まれない方法」からさらに一歩進んで、

  • 優先度の高いもの”だけ”処理
  • 質を落として終わらせる

など割とモンスターな、残業を減らす方法をこちらの記事にまとめました。

"年間"残業10時間! 残業しないで帰る方法を元モンスター社員がまとめました
仕事はこなす限り、帰れない。"年間"残業10時間を達成した残業しないで帰る方法を元モンスター社員がまとめた。周囲を気にせず帰れるようになる考え方も解説。残業・定時帰りの記事リストも

ここまでやると、年間残業10時間なんて働き方も達成できますよ。

 

3.モンスター社員になる

これまで、わりと労働に対して後ろ向きなテクニックを紹介してきました。

 

これを極めると、かなり自由に働けるようになります。

具体的には、

  • 休暇全取得
  • 年間残業時間10時間
  • 組合活動・飲み会参加数0

といった感じです。

 

会社をATMと割り切っておいしくいただく方法は、こちらのページにまとめました。

モンスター社員になる! 解雇・裁判費用なしで会社に仕返しするまとめ
モンスター社員になる方法を7年目の私が解説。解雇されず、訴訟費用もかけずに会社に仕返ししたい人へ。モンスター社員になれば、パワハラ対策・有給消化・残業削減といったメリットもある。

ぜひ、読んでみてください。

 

4.「仕事多すぎ」の記事まとめ

仕事量多すぎ

仕事は頑張るだけ損です。頑張り損しない方法を元モンスター社員が解説

仕事は頑張るだけ損。頑張る人と頑張っていない人がこなす仕事の量は何倍も違うが、給料はそこまで違わない。まじめな人はいつも頑張り損。のんびり働く4つの方法を元モンスター社員が解説する。
2021.05.04
仕事量多すぎ

仕事を頑張らない方がいい理由! ラクする方法も元モンスター社員が解説

仕事は頑張らない方がいい! その理由5つを元モンスター社員が解説。社畜生活をラクして乗り切る方法も。働く目的はお金であり、手を抜いたところで天罰は下らない。
2021.01.17
仕事量多すぎ

退職で「仕事量の不公平さ」は解決しない。仕事量が少ない人になる方法

仕事量が不公平な会社を退職したい人へ。あまり働いていない人が自分より給料が高い現象はよくある。転職もありだが働き方を変えなければ、次の職場でも仕事はあなたに偏る。仕事量が少ない人になる方法をモンスター社員が解説。
2021.01.17
仕事量多すぎ

仕事がこなせないから辞めたい? 仕事が多すぎるなら自分を責めないで

仕事がこなせないから辞めたい人へ。そもそも仕事が多すぎるなら悪いのはあなたではない。工夫・効率化で仕事量を減らすのは無理だが、少し無責任になれば振られる業務やストレスを減らせる
2021.01.17
仕事量多すぎ

仕事を頼まれるのは損です。頼まれない工夫を元モンスター社員が解説

仕事を断るのではなく、そもそも頼まれないようにする工夫を元モンスター社員が解説します。 忙しくても、仕事を頼まれると断りづらい。 嫌われたくないし、「仕事を断るなんてとんでもない」という空気がある。 ...
2021.01.17
シェア・コピーボタン
タイトルとURLをコピーしました