多すぎる仕事は減らせない。ただしストレスは減らせます

モンスター社員

こんにちは、ひつじ先輩です。

この記事では、仕事が多すぎるストレスを軽くする方法を書きます。

 

常に、無理レベルな量の仕事が来ていませんか。

何かを優先すれば、他は放置になる。

 

ひつじ
ひつじ

どっちを優先しますか

と訊けば、答えはいつも

両方!

 

えげつないストレスがたまります。

 

工夫だ効率化だと騒いだところで、仕事を減らすのは無理です。

「比較的、手が空いている」とバレた瞬間に、新しい仕事が降ってきます。

 

仕事を減らすのが無理でも、ストレスを減らすことはできます。

 

仕事が多すぎるのは、あなたのせいではありません。

終わらなくても自分を責めない思考になれば、確実にストレスは減ります。

仕事が多すぎるストレス

仕事が多すぎるストレスの原因は、割り振られた仕事を自分の責任だと感じるからです。

 

他人の仕事がどれだけ炎上しようが、大したストレスは感じませんよね。

「自分のことだ」という考えが、ストレスを生んでいます。

 

「他人ごと」だと思うようにする。

これだけで、ストレスは大きく減らせます。

 

ちなみに自分が悪いと思っているから

  • サービス残業をする人
  • パワハラに耐える人

をよく見かけます。

 

しかしこれは、行き過ぎた責任感。

個人の幸福のためにも、社会の発展のためにも、害悪でしかありません。

 

仕事で自責しない

多すぎる仕事は、自分の責任だと思う必要がありません。

理由は、

  1. 権限がない
  2. 給与は時間で

の2つです。

 

①権限がない

そもそも人員に対して、仕事の量が多すぎるのではありませんか。

  • 人員を増やす
  • 仕事の量を減らす

このどちらかができれば、個々の労働者が無理する必要はありません。

 

もしあなたに

  • 人員を動かす権限
  • 仕事のやり方を変える権限

がないなら、あなたは悪くありません。

 

仕事が多すぎる状況を解決する手段が、そもそもないからです。

 

どうして明日は雨なんだ!?

なんて怒られても、どうしようもないのと同じです。

 

自分の仕事=自分の責任

として、不可能に挑む人が多すぎます。

 

「自分の仕事」に特別な意味はありません。

それは、単なる「割り振られた量」です。

 

お前の仕事は、お前の責任

といった組織の口車に乗れば、搾取されるだけです。

 

②給与は時間で

給与は、働いた時間に比例して支払われます。

 

定時から定時。

それなりに集中して業務に取り組んでいるなら、最低限の義務は果たしています。

 

「この業務を、このクオリティで、この日までに」

といった契約は、とくにしていないはず。

 

終わらせる契約でないなら、終わらせるのは努力目標にすぎません。

そもそもこなせない量なら、自分を責める必要はありません。

 

仮にあなたの能力が低いのだとしても、堂々としていましょう。

 

面接でこちらの実力を見抜けなかったから、会社が損をした。

これはただ、それだけの話です。

 

こなせないほど多すぎる

こなせないほど仕事が多すぎるなら、仕事を選びましょう。

 

重要度が1番高そうな仕事のみに集中します。

優先順位についての指示がもらえないなら、こちらで勝手に決めるだけです。

 

それ以外については、

  • 質を落とす
  • 納期ギリギリまで放置
  • 納期が過ぎてもやらない

こうした対応によって、割り振られる仕事は減っていきます。

 

失敗しても給料が減らないのが、労働者のメリット。

捨てた仕事が炎上して、大変なことになっても減給なんてほぼありません。

 

謝っておけばいいだけです。

 

仕事が多すぎる対策

まとめます。

仕事を減らすのは無理だが、ストレスを減らすことはできる。

 

ストレスの原因は、仕事の結果や進み具合を自分の責任だと感じること。

少しだけ無責任になれば、ストレスは大きく減らせる。

 

多すぎる仕事を、自分の責任だと思う必要がない理由は、

  1. 権限がない
  2. 給与は時間で

の2つ。

 

権限のない従業員では、仕事は減らせない。

自分を責める必要はない。

 

こなせないほど仕事が多すぎるなら、重要度が1番高そうな仕事以外は捨てる。

失敗しても、給与は減らない。

 

仕事を放棄するのは、実はデメリットばかりではありません。

たとえば、転勤が叶うときもあります。

【サボって】仕事を放棄したらどうなるか【転勤】
理不尽な量と難しさで迫ってくる仕事。 「これ、放棄して帰ったらどうなんの?」それ、やってみました。簡単にはクビになりませんし、キャパオーバーで辞めるくらいなら仕事を放棄するのはオススメです。

ぜひ、読んでみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました