働きたくない私が考える電力会社就職のメリット・デメリット

電力 電力会社

数年前、電力会社に技術職として採用されました。

弊社が憎くて仕方がない私が、電力会社に就職するメリット・デメリットについて書きます。

 

メリット1、ぼちぼち高い給与

大学院卒なら数年で年収400万はいくでしょう。

・山岳地帯、騒音環境、高所等の勤務がある

・当直、宿直などに入ることになった

・やたら残業・休日出勤が多い

などの条件があれば500万超えもあります。

 

わたしの給料は、こちらで公開してます。

平均からは分からない、電力会社若手のリアルな数字です。

平均年収にだまされるな!電力会社の私が年収を公開するよ。
電力会社で働く私がこれまでの年収を公開します。平均年収のデータは、ネットでカンタンに見つかります。でも、それは老人の高年収に引き上げられた、参考にならないデータです。平均年収からは分からない、電力会社若手のリアルな収入をご覧ください。

 

メリット2、労働基準法がわりと守られている

残業代について

支給は行われますが、適切に記録させてくれない職場もあります。

そういう職場では何か理由をこじつけて

「~~の場合、残業時間をつけるな」

といった指示、もしくは無言の圧力があります。

しかし、それによるサービス残業時間数は、多い人でも月あたり40時間程度だと思われます。

大きく損する場合はたいてい、本人が残業代をどうでもいいと思っているケースです。

ちゃんと対価を受け取る姿勢であれば、サビ残が20時間を超えることはないでしょう。

 

休暇について

職場にもよりますが、全く使えないということは少ないようです。

有給制度がは完全に飾りになっている職場は自分が経験した中にはありませんでした。

しかし、休暇を取っているだけで

「昔はそうじゃなかった」

といった説教をかます年寄りは大抵います。

 

昼休みについて

ちゃんととれることがほとんどです。

ひどい職場でも大抵30分程度はとれていました。

それでも法律違反ですが、全くとれない会社もあることを考えれば悪くないです。

 

メリット3、仕事内容のよいところ

創造性がいらない業務内容

前例と同じであることを重視する文化です。

そもそも、前例のない仕事に出くわすことがほぼありません。

創造性を発揮することに興味がない人には、オススメできる仕事です。

 

まちがい探しが仕事

技術者の業務内容には、書類作成、機器の見回り、工事管理などがあります。

これらはすべてまちがい探しです。

書類作成は前例と今回のまちがい探しです。

機器の見回りであれば機器の故障を探すまちがい探しです。

工事管理ですら、施工の状態や方法がマニュアル通りか確認するまちがい探しです。

まちがい探しが仕事であるメリットは、失敗しても

「気づかなかった」

で済むので手を抜きやすいということです。

 

メリット4、年功序列・学歴による評価

かつてよいとされていた評価の尺度がいまだに重視されています。

減点方式で評価されるため、学歴があって大きなミスをしなければ出世するようです。

とにかくミスをしない、もっと言えば他の人と違う行動・言動をしないことが大切です。

学歴があって、やる気や能力がない人にとっては悪くない寄生先だと言えます。

 

メリット5、世間体がまぁよい

原発の問題以降、電力会社の地位は低下しましたが、それを普段感じることはありません。

親族は喜びますし、人に言えばお世辞かもしれませんが

「いいところで働いているんですね」

とか言っていただけます。

「マジメでちゃんとした人だ」

という印象を他者に与えることはできる肩書きです。

実際はろくな仕事をしてないので、だましているような気持ちになります。

 

メリット6、そこそこの安定感はまだある

発送電分離によって、将来的には発電会社と送電会社に分かれます。

発電会社は新電力に顧客を奪われ、採算が悪化します。

すでに顧客は離れはじめています。

「与えられた予算は使いきる」

という公務員のような文化がなくならない限り、料金は下がりません。

「地域との結びつきを重視」

などと屁理屈をこねたところで結局、顧客は安い方へ流れつづけます。

追い詰められれば、収益性の悪い設備の売却に伴い、リストラもありえます。

ただ、旧来の電力会社は、火力発電所や水力発電所のいい立地を確保しています。

いい立地の設備について言えば安く電気が作れるため、つぶれることはないでしょう。

送電会社については、今後も独占的な態勢が続くので、間違いなく安定です。

 

デメリット1、業務内容が3K

入社して数年は、現場へ配属となることが多いです。

現場は、きつく、汚く、危険です。(3K)

1、きつさ

まず、暑さ、寒さがあります。

また、歩きっぱなしや重い物の運搬、早朝・深夜の業務などがあります。

2、汚さ

油や腐った水、カビ、サビ。

大量の虫に、動物の死骸などがあります。

3、危険

電気を扱う仕事なので、感電のおそれがあります。

高電圧に感電すれば即死です。

他にも、重い物・機械による挟まれ・巻き込まれ。

高所からの転落、交通事故など、数年は危険の中で過ごすことになります。

 

デメリット2、業務がつまらない

メリットのところで「まちがい探しが仕事」と書きました。

これは確かにラクですが、つまらないです。

この仕事には「成功」というものがありません。

「普通」か「失敗」しかなく、「失敗」を出さないようにするだけの仕事です。

 

デメリット3、年功序列・学歴による評価

メリットのところでも書いたことですが、やる気や能力がある人にとってデメリットです。

他者より頑張っても、振られる仕事が増えるだけです。

その頑張りが給料に反映される始めるのに10年程度かかります。

学歴があっても、やる気や能力のある人から順に転職していきます。

学歴がない場合は、大卒よりもはるかに低い給料で一生現場であるケースが多いです。

 

デメリット4、使わない能力は伸びない

創造性

人と違うことをして給料が上がる制度ではありません。

よって、自分なりの創意工夫をする理由がありませんし、機会もありません。

上司は、誰かがが新しいことを言い出すと、

「じゃあキミが勝手にやってね。ミスった責任はとりたくないからダメ出しだけはするよ」

というスタンスです。

「余計なことを言うと仕事が増えるだけ」ということに本人もすぐに気がつきます。

前例を真似るだけの毎日で、どんどん頭が固くなっていきます。

 

効率性

他分野の人々は、少しでも安く質の高い仕事をしようと努力しています。

電力会社の人間は、予算を使いきること、今まで通りの質の仕事をすることしか考えません。

「もっと工夫してよくしよう」という、意欲も発想も能力もどんどん失われていきます。

 

営業力

顧客と関わる機会は少ないです。

「何かを買わせる」とか「ニーズをくみ取る」とか、そんな業務はめったにありません。

社外の人間と関わる場合はたいてい工事の発注など、自分たちが客の立場です。

営業力はおろか、ビジネスでの立ち振舞いすら新人研修でかじっただけという人間ばかりです。

 

デメリット5、つぶしがきかない

マニュアルがすべてなので、社内ルールにどんどん詳しくなっていくだけの人生になります。

社内でしか役に立たないスキルしかつかないため、転職を考えるなら資格勉強などが必須です。

ただ、工事発注・施工管理の仕事は例外で、その経験は他社でも重宝されます。

第二新卒扱いの間に、工事経験と資格を手に入れて転職すれば年収が上がるケースもあります。

 

電力会社を選んじゃった人におすすめの記事

電力業界の社風。合わなかった私がぶっちゃける
電力業界の社風をぶっちゃけ。不合理なレベルで安全を重視する社風。エビデンスを残すことを重視する社風。体面やメンツを重視する社風。ルールをなくすことができない社風。予算を必ず使いきる社風。
絶対に再就職しない脱サラニート生活。準備~オススメ副業
転職ではダメです。次の会社が、今よりマシな保証はないのです。脱サラ、かつニート。これしかないんです。脱サラでニートになるには、定期的な収入が必要です。節約する・時間を作る・目標を立てる方法。オススメの副業として何をするのがいいか書きます。
ひつじ先輩
ひつじ先輩

脱サラ、準備しましょう!

電力会社
この記事をシェアする
中の人をフォローする
ひつじ先輩

仕事を辞めたいゆとり世代。「辞めたあと、お金がなくなったらどうしよう」という恐怖から、いまだに社畜。FX歴8年目、「ローリスクで脱サラする」をテーマに副業・投資について書きます!問題はゆとり世代にあるのではなく、ゆとりのない社会にある。

中の人をフォローする
めぇめぇマネー

コメント