WealthNavi 2018年実績!損失ありステマなし

WealthNavi WealthNavi

この記事では、WealthNavi(ウェルスナビ)の2018年までの運用実績を書きます。

 

こんにちは、ひつじ先輩 です。

最近、TVCMも始まったWealthNavi(ウェルスナビ)。

ロボットが、自動で分散投資してくれるサービスです。

 

わたしなんて、

ひつじ先輩
ひつじ先輩

なんかかっこいい!

と一発で心をつかまれたのですが、投資で気になるのは運用実績です。

そこで去年から2018年現在まで、がっつり月25万円!わたくしが運用しておきました。

 

わたしのこれまでの運用実績・分配金・手数料。

もっと長く投資した場合の運用実績についても紹介します。

ぜひお役立てください。

 

2018年までの運用実績

2017年10月運用実績

WN201709

初月は30万円からスタート。

これから、毎月25万円入金していきます。

1ヶ月目の運用実績は、円建て0.10%、ドル建て+0.14%でした。

 

2017年11月運用実績

運用成績11月

2ヶ月目の運用実績は、円建て0.59%、ドル建て+0.52%でした。

今は株が少し下がっていますが、いいスタートを切れました。

 

2017年12月運用実績

運用成績12月

3ヶ月目の運用実績は、円建て-0.04%、ドル建て+0.26%でした。

円ベースではマイナス、ドルベースではプラス。

 

円高になると資産価値が下がるのが、WealthNaviのデメリットです。

ドルコスト平均法で買い続けることで、円高の影響は小さくなっていくはずです。

ドルコスト平均法については、こちらに書きました。

ドルコスト平均法は気休め?20%得する計算に
ドルコスト平均法、計算方法をわかりやすく解説。米ドルをドルコスト平均法で買いつづけたらどうなるか計算してみたら、1度に買うよりは20%お得になるという結果に。

 

ポートフォリオ12

ポートフォリオをみると、新興国株、金が下落。

そのマイナスを米国株のプラスでカバーする形です。

 

2018年01月運用実績

推移201801

4ヶ月目の運用実績は、円建て+3.42%、ドル建て+5.09%でした。

円ベース・ドルベースともに大きくプラスです。

 

ポート201801

株の上昇が効いています。

ひつじ先輩
ひつじ先輩

WealthNaviのおかげで、世界平和を願う正しい市民になれました。

 

2018年02月運用実績

推移201802

5ヶ月目の運用実績は、円建て-3.68%、ドル建て+2.23%でした。

円ベースでは、円高で一気にマイナスへ。

パスワードについて

WealthNaviのパスワードを長くしました。

すると、ログインできなくなりアカウントロックに。

 

サポートに電話すると、ロックを解除してくれます。

作ったパスワードを、コピペで貼り付けしたのが悪かったようです。

 

WealthNaviのパスワードは8文字以上、25文字未満、記号不可。25文字以上つっこむと、うしろが切れて登録されます。

2018年03月運用実績

推移201803

6ヶ月目の運用実績は、円建て-2.83%、ドル建て+2.03%でした。

円ベースは、今月もマイナスのまま。

 

ポート201803

ポートフォリオも真っ赤です。

 

ポート201803-2

ドルベースではプラス。

分散投資は強いけど、円高に負けることがあります。

 

2018年04月運用実績

推移201804

7ヶ月目の運用実績は、円建て-3.87%、ドル建て-0.66%でした。

今月は、ついにドルベースもマイナスに。

 

ポート201804

ドルベースのポートフォリオ。

ドランプの「関税かける発言」による株安ですね。

ひつじ先輩
ひつじ先輩

今は仕込みと思って、損に耐えます。

 

2018年05月運用実績

運用実績201805

8ヶ月目の運用実績は、円建て-0.89%、ドル建て+0.44%でした。

ドルベースではプラス!

円ベースでも、先月よりはかなり回復しました。

 

ポート201805 (2)

ドルベースのポートフォリオ。

マイナスが大きいのは、新興国株。

 

ポート201805

円ベースは、まだ真っ赤です。

はじめてのリバランス

リバランス

価値の変動でくずれた資産のバランスを、自動で直してくれます。

米国株を売って、債権などを買ってました。

リバランスは原則、半年に1度

リバランスについて、詳しくはこの記事を見てみてください。

ウェルスナビのデメリットは為替リスク?手数料?まだアレもあるよ
ウェルスナビのデメリットについて。為替リスク・手数料、それ以外に「いつでも出金できる」のも実は隠れたデメリットです。なぜデメリットなのか?わたしも投資する前に調べはしましたが、あとになって気付くデメリットもありました。

 

2018年06月運用実績

推移201806

8ヶ月目の運用実績は、円建て+0.71%、ドル建て+0.63%でした。

久しぶりのプラ転です!

円建ての方がプラスが大きいのは、為替がプラスに働いているということですね。

ポート201806

利益は、ほとんどVTI(米国株)の上げのようです。

 

2018年07月運用実績

推移201807

9ヶ月目の運用実績は、円建て-0.19%、ドル建て-0.28%でした。

ポート201807

日欧株、新興国株の下げによる赤字ですね。

淡々と積み立てます。

 

実績の詳細

  • 運用期間:2017年10月~2018年7月
  • スタートの投資額:30万円
  • 自動積立額(毎月):25万円
  • 投資額合計:255万円
  • リスク許容度:5

WealthNaviでリスク許容度を診断してみる

もっといろんな人の実績や評判は、こちらの記事でどうぞ。

WealthNavi評判16件!デメリットは手数料だけ?
WealthNavi(ウェルスナビ)のTwitterやブログでの評判を16件+集めました。「デメリットは、手数料が高いこと!」とよく言われますが、本当にそれだけでしょうか?WealthNaviを半年以上利用してきたわたしが解説します。

 

WealthNaviの分配金実績

分配金201807

これまでに、WealthNaviから受けとった分配金です。

合計は、18,958円です。

金額が大きいのは株の分配金で、3ヶ月に1度もらえています。

 

WealthNaviの手数料実績

手数料201807

WealthNaviに支払った手数料です。

資産額が増えるほど高くなります汗

 

これまでの合計は、10,122円。

分配金でカバーできる金額に収まっています。

手数料は、資産額×1.08%÷12ヶ月で計算されている。たとえば、2018年1月の手数料は、前年12月の資産額80万円×1.08%÷12ヶ月=720円。

 

この手数料は、果たして高いのでしょうか?

それは、人によるようです。

詳しくはこちらの記事で。

ウェルスナビのデメリットは為替リスク?手数料?まだアレもあるよ
ウェルスナビのデメリットについて。為替リスク・手数料、それ以外に「いつでも出金できる」のも実は隠れたデメリットです。なぜデメリットなのか?わたしも投資する前に調べはしましたが、あとになって気付くデメリットもありました。

 

リスク許容度別の運用実績

リスク許容度は、WealthNaviで運用するときに設定する値です。

  • リスク許容度1:お金が減りにくくて増えにくい
  • リスク許容度5:お金が減りやすくて増えやすい

リスク許容度別表

サービスを開始した当初(2016年1月19日)に100万円、その翌月から毎月3万円ずつ積み立てながら投資した場合(WealthNavi公式サイトより)

リスク許容度によって、リターンの違いはこうなります。

リスク許容度3~5であれば、1年あたり5%~9%くらいのリターンです。

 

ただし、投資手法の良し悪しを考える際には、2年という短期間のパフォーマンスを見るだけでは不十分です。(WealthNavi公式サイトより)

とも書かれています。

そこで、次はもっと長期の運用実績を見てみます。

ひつじ先輩
ひつじ先輩

余談ですが、WealthNaviはこの煽らないスタイルがとても信頼できる。

 

長期の運用実績

1992~運用実績

(1992年~2017年、リスク許容度3、手数料を引いた後の実績。WealthNaviより)

[円建て:+146%のリターン]
100万円を投資し、その後毎月3万円ずつを国際分散投資で積み立てていった場合、1,000万円の元本が2,457万円(+146%)に増加。1年あたりのリターンは6.0%でした。(WealthNavi公式サイトより)

「運用期間を長くしても大丈夫」どころか「長いほど好リターン」となりました。

途中でリーマンショックなども起こっていますが、必ず復活しています。

こうした大暴落でも、自動的に割安で買うので+146%が達成されるのでしょう。

リーマンショック:株式相場は大幅に下落(アメリカ36%、イギリス33%、日本42%)し、(中略)ロシア(72%)、中国・上海(65%)、インド(52%)など新興国の株価暴落が目だった。(コトバンクより)

 

WealthNavi 運用実績

運用実績

2018年現在までの運用実績

  • ドルベースでは、プラスの期間が長い。
  • 円ベースでは、円高の影響でしばしばマイナスに。

WealthNaviの分配金・手数料

  • 分配金は、株から発生する分がメイン(3ヶ月に1度)
  • 手数料は「資産額×1%÷12ヶ月」(毎月)
  • 手数料は、分配金でカバーできる金額に収まっている。

リスク許容度別の運用実績

1年あたりのリターン。

  • リスク許容度3で約5%
  • リスク許容度4で約7%
  • リスク許容度5で約9%

長期の運用実績

1992年~2017年でシミュレーション(リスク許容度3)

  • 全期間のリターン:+146%
  • 1年あたりのリターン:+6%

WealthNaviでリスク許容度を診断してみる

WealthNavi
この記事をシェアする
中の人をフォローする
ひつじ先輩

仕事を辞めたいゆとり世代。「辞めたあと、お金がなくなったらどうしよう」という恐怖から、いまだに社畜。FX歴8年目、「ローリスクで脱サラする」をテーマに副業・投資について書きます!問題はゆとり世代にあるのではなく、ゆとりのない社会にある。

中の人をフォローする
めぇめぇマネー

コメント