WealthNavi 2019年実績!損失ありステマなし

WealthNavi

こんにちは、ひつじ先輩です。

この記事では、WealthNavi(ウェルスナビ)の2019年までの運用実績を書きます。

 

最近、TVCMも始まったWealthNavi(ウェルスナビ)。

ロボットが、自動で分散投資してくれるサービスです。

 

わたしなんて、

ひつじ先輩
ひつじ先輩

なんかかっこいい!

と一発で心をつかまれたのですが、投資で気になるのは運用実績です。

そこで去年から2019年現在まで、がっつり月25万円!わたくしが運用しておきました。

資金が切れたので、3月からは15万円

 

わたしのこれまでの運用実績・分配金・手数料。

もっと長く投資した場合の運用実績についても紹介します。

ぜひお役立てください。

 

WealthNaviについてざっくり知るには、この動画(32秒)をどうぞ。

2019年までの運用実績

2018年7月より前の運用実績については、こちらの記事を見てみてください。

WealthNavi 200万円までの成績推移。ギリギリ利益に
WealthNaviで残高200万円を超えるまでの成績の推移。最終月の時点では円建てで+0.71%、なんとか16,000円プラス。月25万円、リスク許容度5。積み立ては継続中です。

 

2018年07月運用実績

推移201807

9ヶ月目の運用実績は、円建て-0.19%、ドル建て-0.28%でした。

 

ポート201807

日欧株、新興国株の下げによる赤字ですね。

淡々と積み立てます。

 

2018年08月運用実績

推移201808

10ヶ月目の運用実績は、円建て-0.12%、ドル建て-0.28%でした。

損益は先月とほとんど変わらず。

 

ポート201808

VTI(米国株)だけが好調です。

 

2018年09月運用実績

推移201809

11ヶ月目の運用実績は、円建て+1.44%、ドル建て-0.06%でした。

ドル建ての損は減少。

為替が上がった分で、1.44%プラスになりました!

 

ポート201809

相変わらず、VTI(米国株)だけが好調です。

 

2018年10月運用実績

推移201810

12ヶ月目の運用実績は、円建て+0.99%、ドル建て-1.45%でした。

ドル建てで赤だけど、円建てがプラス。

ということは、為替で得してるということです。

 

ポート201810

ポートフォリオは、先月と変わりばえしません。

新興国株と不動産が下がって、ゴールドが上がったという印象です。

 

2018年11月運用実績

推移201811

13ヶ月目の運用実績は、円建て-2.60%、ドル建て-4.41%でした。

 

ポート201811

米国株の利益が減り、日欧株の損も大きくなりました。

 

リバランス201811

10月はリバランスがありました。

利益の出ているETFを売り、損の大きい日欧・新興国の株を買っています。

 

2018年12月運用実績

推移201812

14ヶ月目の運用実績は、円建て-5.27%、ドル建て-6.56%でした。

二ヶ月連続、大幅な下落です。

 

ポート201812

株が真っ赤です。

長期投資とはいえ、大幅な下げが続くと精神的にキツイです。

 

WealthNaviの特定口座を「源泉徴収あり」→「源泉徴収なし」に変更しました。

変更方法・源泉徴収ありなしの違いについて、記事にしました。

WealthNaviの特定口座変更方法。源泉徴収なし?あり?
WealthNaviの特定口座の源泉徴収ありなしを変更する方法。どちらを選ぶべきかについても。源泉徴収ありなら、WealthNaviが利益から税金を徴収。源泉徴収なしでは、ユーザが確定申告をして税金を支払う。

ぜひ、読んでみてください。

 

2019年1月運用実績

推移201901

15ヶ月目の運用実績は、円建て-10.63%、ドル建て-8.13%でした。

毎月、損が倍になっている気がします。

踏ん張って、積立を続けます。

 

ポート201901

すべてが赤字。

まごうことなき大損です。

耐えます。

 

2019年2月運用実績

推移201902

16ヶ月目の運用実績は、円建て-3.52%、ドル建て-2.47%でした。

先月の円建てのマイナスは10%を超えていましたので、大回復です。

 

普通は恐くて買えない暴落時も、淡々と積み増し。

これが、自動積立のメリットです。

 

ポート201902

不動産とゴールドはプラスに。

米国株のマイナスは、ほぼなくなりました。

日欧・新興国の戻りが弱めです。

 

2019年3月運用実績

17ヶ月目の運用実績は、円建て-1.24%、ドル建て-1.39%でした。

先月よりも、さらに少し回復です。

 

株式の損が全体的に減り、米国株はプラスになりました。

 

2019年4月運用実績

推移201904

18ヶ月目の運用実績は、円建て4.01%、ドル建て3.06%でした。

開始以来で、最高の含み益です!

年始の下げにビビりながらも、積み立てを続けたのが大きいです。

 

ポート201904

日欧株以外は、プラスになっています。

 

2019年5月運用実績

推移201905

19ヶ月目の運用実績は、円建て-0.07%、ドル建て0.87%でした。

下がってます。

日本円ベースはプラマイ0。

 

ポート201905

米国以外の株に頑張ってほしい・・・

 

2019年6月運用実績

推移201906

20ヶ月目の運用実績は、円建て-1.03%、ドル建て1.42%でした。

ドル建ての利益は伸びていますが、ドル円が下げっぱなしです。

 

ポート201906

先月と、あまり変化なしです。

 

実績の詳細

  • 運用期間:2017年10月~2019年6月
  • スタートの投資額:30万円
  • 自動積立額(~2019年2月):25万円
  • 自動積立額(2019年3月~):15万円
  • 投資額合計:490万円
  • リスク許容度:5

WealthNaviでリスク許容度を診断してみる

 

WealthNaviの分配金実績

分配金201904

これまでに、WealthNaviから受けとった分配金です。

合計は、61,486円です。

金額が大きいのは株の分配金で、3ヶ月に1度もらえています。

 

WealthNaviの手数料実績

手数料201904

WealthNaviに支払った手数料です。

資産額が増えるほど高くなります汗

 

これまでの合計は、37,195円。

分配金でカバーできた上、おつりがきます。

手数料は、資産額×1.08%÷12ヶ月で計算されている。たとえば、2018年1月の手数料は、前年12月の資産額80万円×1.08%÷12ヶ月=720円。

 

この手数料は、果たして高いのでしょうか?

それは、人によって変わってきます。

 

手数料については、別に記事を書きました。

Twitterでの評判・その他のデメリットについてもまとめています。

WealthNavi評判21件!デメリットは手数料だけ?
WealthNavi(ウェルスナビ)の手数料は高い?1年以上利用してきたわたしが解説。またネット(Twitter)での評判を21件紹介。手数料以外のデメリットについても書く。

 

ぜひ、読んでみてください。

 

リスク許容度別の運用実績

リスク許容度は、WealthNaviで運用するときに設定する値です。

  • リスク許容度1:お金が減りにくくて増えにくい
  • リスク許容度5:お金が減りやすくて増えやすい

 

リスク許容度別表

サービスを開始した当初(2016年1月19日)に100万円、その翌月から毎月3万円ずつ積み立てながら投資した場合(WealthNavi公式サイトより)

リスク許容度によって、リターンの違いはこうなります。

リスク許容度3~5であれば、1年あたり5%~9%くらいのリターンです。

 

ただし、投資手法の良し悪しを考える際には、2年という短期間のパフォーマンスを見るだけでは不十分です。(WealthNavi公式サイトより)

とも書かれています。

そこで、次はもっと長期の運用実績を見てみます。

ひつじ先輩
ひつじ先輩

余談ですが、WealthNaviはこの煽らないスタイルがとても信頼できる。

 

長期の運用実績

1992~運用実績

(1992年~2017年、リスク許容度3、手数料を引いた後の実績。WealthNaviより)

[円建て:+146%のリターン]
100万円を投資し、その後毎月3万円ずつを国際分散投資で積み立てていった場合、1,000万円の元本が2,457万円(+146%)に増加。1年あたりのリターンは6.0%でした。(WealthNavi公式サイトより)

「運用期間を長くしても大丈夫」どころか「長いほど好リターン」となりました。

途中でリーマンショックなども起こっていますが、必ず復活しています。

こうした大暴落でも、自動的に割安で買うので+146%が達成されるのでしょう。

リーマンショック:株式相場は大幅に下落(アメリカ36%、イギリス33%、日本42%)し、(中略)ロシア(72%)、中国・上海(65%)、インド(52%)など新興国の株価暴落が目だった。(コトバンクより)

 

WealthNavi 運用実績

運用実績

WealthNaviの分配金・手数料

  • 分配金は、株から発生する分がメイン(3ヶ月に1度)
  • 手数料は「資産額×1%÷12ヶ月」(毎月)
  • 手数料は、分配金でカバーできる金額に収まっている。

 

リスク許容度別の運用実績

1年あたりのリターン。

  • リスク許容度3で約5%
  • リスク許容度4で約7%
  • リスク許容度5で約9%

 

長期の運用実績

1992年~2017年でシミュレーション(リスク許容度3)

  • 全期間のリターン:+146%
  • 1年あたりのリターン:+6%

WealthNaviでリスク許容度を診断してみる

  1. >1年あたりのリターンは6.0%でした。
    リスクが高いのにたったの6%って悲しいですね

タイトルとURLをコピーしました