在宅勤務はサボるためにある! 監視・日報でもバレないサボり方

モンスター社員

こんにちは、ひつじ先輩です。

サボることを丸6年にわたって追求した元モンスター社員が、在宅勤務のサボり方を提案します。

 

せっかくの在宅勤務、サボりたいですよね。

でも、「サボるとバレるのでは」と不安を抱える人も多いはず。

 

事実、会社や上司も何か監視の手を打ってきているでしょう。

 

それでも、会社でサボるよりも在宅勤務でサボるほうがカンタンです。

付け焼刃の監視なら、シンプルな手法で無効化できます。

 

監視方法別に、バレないためのポイントをまとめていきます。

在宅勤務でサボる

ひつじ
ひつじ

在宅勤務になった皆さん、おめでとうございます!

在宅勤務は、圧倒的にサボるチャンスです。

 

そもそも、通勤なし・相互監視(対面)なしの時点でローストレス。

その上、出社していてはできなかったあのサボり、このサボりも可能になるのです。

 

サボるメリット

在宅勤務でサボるメリットは、

  1. サボりは錬金術
  2. 有給を貯めれる

の2つです。

 

1.サボりは錬金術

会社による監視方法にもよりますが、以下の活動ができます。

  • Twitter
  • ゲーム
  • Youtube
  • 読書・マンガ
  • 副業

 

外に行くのだけは、急な電話が来たとき在宅してないとバレるため厳しい。

しかし在宅で出来る範囲ならば、休日並みに楽しめるでしょう。

 

その上、サボっていてもお給料は発生します。

ひつじ
ひつじ

これが現代の錬金術か~

 

2.有給を貯めれる

 

在宅勤務でサボれるなら、体力・精神力を温存できます。

普段から有給を使う人でも、在宅勤務が続くなら使わずに貯めておけるはず。

 

そして、状況が変わって出勤が増えたときに貯めた有給を使います。

こうすることで、出社を伴う労働負荷の大きい勤務をさらに減らせます。

ひつじ
ひつじ

満員電車でコロナにかかるリスクも、減らせますね!

 

サボるデメリット

  • バレると怒られる
  • 信頼・評価を失う

これに尽きますね。

サボるならば、最悪これらのリスクは覚悟しなければなりません。

 

ただし、上司も在宅勤務の管理に慣れていない場合が多いはずです。

部下のパフォーマンスが落ちても、

  • 在宅勤務のせい
  • 本人のサボりのせい
  • その他の要因

の中で、自信を持って「サボりのせい」と判断するのは難しいでしょう。

 

さらにこれから紹介する工夫によって、バレる可能性を下げられます。

 

在宅勤務のサボり方

上司が、どうやって在宅勤務者を監視するか。

その方法ごとに、サボるときに注意するポイントは変わってきます。

  1. 日報で監視されてる
  2. カメラで監視されてる
  3. PCが監視されてる

この3パターンについて紹介していきます。

 

日報で監視されてる

導入コスト0なので、一番多いパターンでしょう。

 

日報で成果を管理する。

これは、日報さえなんとかすればサボれることを意味します。

 

できるだけ早く、日報が成立する最低限の仕事+日報を終わらせ、あとはサボります。

仕事が終わっていることを悟られてはいけません。

 

職場によりますが、わたしなら期待される量の50%~70%くらいを目指します。

在宅勤務で業務に支障が出ているなら、それを理由にもっと削ってもいいでしょう。

 

できる工夫としては、

  • 質を落として、日報に書く項目の数を稼ぐ
  • 出社している日に、仕事を終わらせておく

質を落とせば、項目の数はカンタンに増やせます。

また、すでに終わった仕事を「今日やった」と書くだけで日報は突破できます。

 

日報・その他の成果物について注意したいのは、保存日時です。

今日やった訳ですから、最終更新時刻を夕方ごろに忘れずに更新しましょう。

 

更新履歴については、明示的に記録を開始しない限り記録されません。

更新履歴が記録される設定になっていないか、確認しておきましょう。

 

 

PCが監視されてる

といったパターンです。

 

アプリケーションが監視されている場合、Excelなど仕事に使うソフトを開いておきます。

さらに、PCがスリープにならないように設定しておくとベターです。

 

次に、PCの操作ログが上司に送信されているケース。

上司にさりげなく探りをいれた人の記事によると、

  • 「操作ログ」はそんな高度なものではなく、5分間の間にPCの操作があったか無かったかが表になっているだけ

という話が聞けたそうです。

 

引用させていただいた、ばなみ様の記事はこちら。

在宅勤務でのサボりはバレるのか確認してみた話【会社PCの操作ログに注意】
最近コロナの影響もあり、在宅勤務(テレワーク)を使う社員が増えてきています。そして在宅勤務をしている人は分かると思いますが、家の中にはいろいろな誘惑があります。 飼っているペットがすり寄ってくる、嫁がかまって欲しそうに見てくる、テレビに

上司がそのログをどう使ってるの、って話も書かれています。

 

どこまで監視されるかは職場によって変わりますが、

  • 別のアプリを開く
  • 文字を打つ

なども、5分に1度を目安にやっておくのがおすすめです。

 

あとは、自分のPC・スマホ+自分のネット回線で、サボりライフを楽しみます。

 

カメラで監視されてる

PCに付いているカメラで監視されているパターン。

 

何かで席を外しただけで、サボりだと思われやすいので一番シビアです。

よほど長時間でない限りは「トイレでした」で切り抜けられるでしょう。

 

トイレは、在宅勤務に限らずサボりたいときに便利な言い訳です。

トイレでサボる方法については、こちらの記事にまとめました。

仕事中に堂々とサボる方法! サボりすぎたらクビになる?
仕事で堂々とサボるには「トイレでサボる」のがいい。回数・時間を最大化すればかなりサボれるし、事務などのオフィスワークでもできる。サボりすぎたとしてもクビにはならない。注意されたらその場は従うのがコツ。

ぜひ、読んでみてください。

 

PCとネット回線が自前の場合

まず、在宅勤務で使うPCとネット回線が自前の場合。

 

これは楽勝です。

自前PCで何をしていても、履歴や通信記録は見られません。

サボりはバレないです。

 

PCに向かっていれば、カメラからは仕事をしているように見えます。

 

表情でバレるリスクはある。笑う・泣くようなコンテンツは避ける

 

PCとネット回線が社用の場合

カメラによる監視に加えて、在宅勤務で使うPCとネット回線が社用の場合。

 

検索履歴や通信記録を、見られる可能性があります。

出社しているときと近いレベルの監視になります。

 

ここまでやられると、

  • 社用PCでネットを使わずサボる(文章を書くなど)
  • カメラから見えない角度で自分のスマホでサボる

あたりになってきます。

スマホを使う場合は、油断するとカメラに映るので注意も必要です。

 

タイトルとURLをコピーしました