有給を使い切る方法。モンスター社員7年目スキル、全部書きました

モンスター社員

こんにちは、ひつじ先輩です。

この記事では、モンスター社員のわたしが有給を使い切る方法を書きます。

 

有給、余らせていませんか。

 

30~34才男女の平均年収は、403万円です。

平日は1年で245日ありますので、1日あたり16,448円稼いでいます。

 

つまり有給1日には、16,448円の価値があるのです。

 

有給を10日余らせると、年間16万円ほど。

20日余らせると、年間32万円ほど損しているのと同じです。

 

とはいえ、

  • 忙しすぎる
  • 上司に却下される
  • 周囲に申し訳ない

といった理由で、有給を使えていない人も多いはず。

 

わたしは入社以来、5年連続で有給を使い切るのに成功しました。

今回は、有給を全部使うための基礎知識・話し方・心構えをまとめていきます。

有給は拒否できない

有給休暇は、労働基準法で定められた権利です。

法律によって、会社は有給の取得を拒否できません。

 

忙しさを理由に、上司が有給を許可してくれない

といったよくある状況は、厳密には違法。

社内ルールで正しかったとしても、法律に違反するルールは無効です。

 

この場合はまず、上司に法律を理解させる必要があるでしょう。

 

有給の時季変更権

会社側には、時季(有給のタイミング)を変えさせる権利があります。

ただしこれができるのは、業務に支障が出る場合のみ。※

 

代わりの有給取得の時季も、指定しないといけません。

代わりの指定がないなら、それは「拒否」なので違法になります。

 

労働基準法39条では「事業の正常な運営を妨げる場合」と記されています。

 

有給に理由は不要

理由を訊かれたり、理由を書くように求められたりしますが、不要です。

有給取得は理由に関係なく拒否できませんので、教える必要はありません。

 

どうしても何か言う・書く必要があるなら、「私用」でOKです。

詮索してくるようなら、ハラスメントになります。

 

有給を使い切る準備

計画を立てる

たとえば有給が20日あるのなら、月に1日とれば年間12日。

さらにお盆・正月に4日ずつとれば、20日を使い切ります。

 

計画通りにこだわる必要は、ありません。

計画は、「遅れ気味なら取得ペースを上げる」といった調整の目安です。

 

業務に配慮

事業の正常な運営を妨げる」のでなければ、有給優先。

とはいえ、業務とぶつからないに越したことはありません。

 

  • 休んでも影響が少ない日に有給を使う
  • 業務を入れられる前に有給を入れておく

といった工夫はしておいたほうが、モメずに有給が取れるでしょう。

 

ひつじ
ひつじ

モンスター社員的には、繁忙期こそ休むべきです。

繁忙期は、1日の有給で避けられる仕事量が多くなります。

 

有給を使い切る方法

普通に使う

まずは、普通に使います。

それぞれの会社の手続きがあるはずなので、それにしたがって申請。

 

できれば、文書・メール・録音などでやりとりを残すようにします。

理由が求められるようなら、「私用」です。

 

周囲と同じくらいの有給消化率の間は、これで問題ないでしょう。

 

しかし有給を全部使うと必ず、こなせる仕事量は減ります。

まったく有給を取らないときと比べ、年間1ヶ月分働かない訳です。

 

こなす仕事量が減ったと、上司は必ず気付きます。

そして、有給の許可を断るようになるはずです。

 

ここからは、上司に有給取得を断られたときの対応を書きます。

 

法律を匂わせる

ひつじ
ひつじ

労働基準法第39条に基づきィ・・・!

とまくし立てては、角が立ちすぎます。

 

まずはこちらが法律に基づいて話しているのを、「匂わせ」ます。

 

たとえばこんな言い回し。

  • ダメなら、代わりの「時季」を指定していただけませんか
  • 理由は「私用」です
  • 有給は、「ルール」上必ずとれるはずです

 

「時季」という言葉を使えば、「時季変更権」について知っていると匂わせられます。

「私用」とくり返すのは、「理由を明かさなくてよい」と知っているからです。

「ルール」とは、言うまでもなく法律のことです。

 

労務管理を知っている上司なら、

この部下は、法律を盾に有給を絶対取るつもりだ

とピンとくるはず。

 

上司が一旦それを理解してくれれば、あとはカンタン。

面倒なやり取りなしで、スムーズに有給が取れるようになります。

 

法律を明言

上司の察しが悪い、そもそも法律を知らない場合。

教えてあげるしかありません。

 

法律では

  1. 有給は労働者の権利なので、会社は拒否できない
  2. 時季(タイミング)を変更させるのはOK
  3. 有給を取るのに理由は必要ない

となっています。

この3点を教えてさしあげましょう。

 

このとき、話を脱線をさせないように注意します。

  1. 他の人と比べて、有給を取りすぎている
  2. 他の人に迷惑がかかるので、取らせられない
  3. この業務が終わっていないので、取らせられない

といった反論をしてくるのが、ありがちな脱線です。

 

①については、付与された日数内での取得なので問題ありません。

不公平と感じる人がいるなら、その人も同じだけ有給を取ればいいだけです。

 

②・③について。

有給をとると迷惑がかかるのは、人員不足が原因です。

有給の権利と人員不足は分けて考えるよう、お願いしましょう。

 

実際、業務は回らないかもしれません。

それでも、権利である有給は使わせてもらわねばなりません。

 

仮に全員が有給を使い切っても業務が回るようにするのは、会社側の責任です。

私たち従業員の問題ではないのです。

 

ただし、時季の変更には応じてあげましょう。

「代わりにいつ休んでいいのか」を必ずはっきりさせます。

 

ひつじ
ひつじ

業務量を理由に有給を断るのは権利侵害であり、ズレた議論です

 

それでも取れない場合

法律が無視される

法律について説明しても、話が平行線。

悪質ですが、ありえます。

 

まずは、

ひつじ
ひつじ

このままでは、しかるべきところに相談せざるをえない

と警告。

 

それでもダメなら、メール・録音などの記録を確保。

自分の地域の労働基準監督署に、相談しましょう。

 

ただし、労基署は有給取得の拒否だけでは動いてくれません。

  1. 従業員が有給取得を強行し、
  2. 会社側が有給を欠勤扱いし、
  3. 欠勤とされた分の給与が未払いとなった

となると、動いてくれます。

 

話が進まないなら、ここまでやる必要があります。

これでは上司も自分も疲れるし、人間関係も完全に修復不能。

 

できれば、当事者同士の話し合いで済ませたいところです。

 

使い切るにこだわらない?

有給を「使い切る」にこだわらないなら、シンプルに仮病がおすすめです。

そんなに日数は稼げませんが、2ヵ月に1回くらいならいけます。

 

ひつじ
ひつじ

キツくて病院も、いけませんでした

とでも言っておけば、病気の実態がなくてもなんとかなります。

 

体調不良でも来い

と言ってくる会社は、辞めてしまいましょう。

 

有給を全部使うには

有給を全部使うには、

  1. 人間関係
  2. 社内の評価

をある程度、あきらめるしかありません。

 

有給を全部使えば、同僚の仕事は増えるでしょう。

少なくとも上司と一部の同僚には、静かに嫌われていきます。

 

また人事評価などは、結局は好き嫌いで決まるもの。

確実に評価は悪くなります。

 

法律で定められた権利を使うのに、犠牲を覚悟しなければならない。

環境がそもそもおかしいのですが、現実はそんな会社ばかりです。

 

逆に、必要なのは覚悟だけです。

覚悟さえあれば、有給は必ず使い切ることができます。

 

 

残業をしない方法についても、記事を書きました。

残業しないためには、仕事を終わらせてはいけない
あと30年残業するの?残業をしないたった1つの方法を書きます。残業をしないためのテクニックも。あなたが残業をしているのは、あなたが残業をえらんでいるから。残業で状況はよくならないということが分かれば、残業しないのはカンタン。

ぜひ、読んでみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました