【サボって】仕事を放棄したらどうなるか【転勤】

仕事を放棄したらどうなるか ゆとり

こんにちは、ひつじ先輩です。

 

忙しい毎日。

理不尽な量と難しさで迫ってくる仕事、仕事、仕事。

誰でも一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

 

もう知らねえよ。

これ、放棄して帰っちゃったらどうなんの?

 

 

 

やってみました。

仕事放棄

私の職場は、

  • 月の残業時間が45~60時間程度
  • 有給はどんどん貯まるのが普通

という環境でした。

月30時間も残業すれば、わたしにとっては完全にキャパオーバー。

 

そこで、

  • 残業は月10~30時間程度に抑える
  • 有給は必ず月2日とる

これを強行しました。

 

業務内容には現場系と書類系がありました。

昼間は現場に出て、残業で書類を作るのが普通です。

現場系の業務だけでも、月10時間は残業がつきます。

 

つまり私は、書類系の業務をほぼ完全に放棄したことになります。

 

業務放棄してみたら

同僚の声かけ

まずは帰ろうとする私を、同僚が呼び止めることが増えました。

○○は終わったのか

といった声かけです。

 

これには、3つ対処法があります。

  1. 終わったとウソをついて帰る。
  2. 質問に答えず、笑顔で礼をして帰る。
  3. 数分だけ残業し、仕事が終わってなくても帰る。

同僚はたとえ一回り以上年上だろうと、なんの権限もない人たちです。

テキトーにあしらっておけばOKです。

 

上司と面談

書類の提出期限に一切、間に合わなくなりました。

次に来るのは上司からの呼び出しです。

 

基本スタンスは

ひつじ先輩
ひつじ

私が無能なばかりに、ご迷惑おかけして申し訳ありません

コレでいきます。

 

腹を見せている人間を、さらに殴る方法は罵倒くらいしかありません。

できるだけ、こちらは話さないようにするのがコツです。

 

どうしても発言せざるを得ないタイミングでは

ひつじ先輩
ひつじ

ベストを尽くしています。これ以上はキャパオーバーです

を状況に合わせてマイルドにアレンジして言います。

 

「次からはもっと頑張る」

といった内容を言わされないように気をつけます。

 

相手の発言に対しては、

「懸命に聞いているが、理解・共感できていない表情」

をつらぬきましょう。

 

言ってもムダだということを、できるだけ早く悟ってもらうことが重要です。

 

上司があきらめる

ある朝、上司に

お前、△△すらやってなかったんだな。

もういいよ。

と言われました。

 

その日のうちに、私の仕事のほとんどが他者に担当変更となりました。

 

転勤を命じられる

これをやりだして数ヶ月で、転勤になりました。

そのときの職場は、当社の中ではきつい部署でした。

 

転勤を告げられたときは

ひつじ
ひつじ

大変なことになった

と焦りました。

 

しかし、やがて転勤先が僻地でも人員不足でもないことが分かってきました。

 

すると、

ひつじ先輩
ひつじ

助かった

という気持ちが少しずつ湧いてきたのを覚えています。

 

クビにはならない

正社員は、そう簡単にクビにはできません。

辞めるように追い込もうにも、ハラスメントになりかねません。

そうなると、上司にできること多くありません。

 

  • 仕事を他の部下に振る
  • ダメ社員の異動を人事にかけあう

くらいです。

 

結果的に、仕事を頑張らなかった私の仕事は減り、余裕のある職場への転勤も叶いました。

仕事を頑張っている社員は、仕事を増やされ続けます。

また、職場で必要とされる人材となるため、きつい職場を離れられなくなります。

 

「日本人は主張しない」とよく言われます。

逆に、主張しない人ばかりだからこそ、ちょっと主張するだけで得を取れる環境なのです。

 

仕事がキャパオーバー?

辞めるくらいなら

突然仕事を辞めるくらいなら、一部でもいいので仕事を放棄してみませんか。

仕事の質を落とすだけでも、かなりラクになります。

そう簡単にクビにはなりませんし、まともな上司なら業務の配分を見直します。

 

辞めたい

と思いつめるほどに頑張ったのなら、あなたは悪くありません。

 

能力が低いから自分が悪い

というのも、あなたが悪い理由になりません。

 

会社と自分に、ミスマッチはあったかもしれません。

でもその責任は、会社にもあります。

あなただけが無理をして、その責任をつぐなうのはおかしな話です。

 

無理がないよう部下に仕事を配分するのが、上司の仕事です。

あなたがキャパオーバーになっている原因は、あなたではないのです。

 

失うものは大したことない

みんなとちがうことをすれば、失うものもあるんじゃないか

そう思われる方がほとんどでしょう。

 

しかし、失うものって一体なんなんでしょうか。

 

人間関係、プライド、出世。

私が今回失ったものはせいぜいこんなところです。

 

これらは、そんなに大事でしょうか。

 

転勤すれば終わる人間関係。

等しく凡庸な人間の妄想でしかないプライド。

給与ととも責任も大きくなる出世。

 

少なくとも私はこれらに、毎日遅くまでの残業を30年間する価値を見いだせませんでした。

 

仕事放棄に向いている職場

「この記事の通りに行動すれば、楽な職場に異動できる」

そんな保証はできません。

ただ、ここまで書いてきた内容が実現しやすい職場には以下のような特徴があります。

 

法令を重視する職場

法令を重視する風土がなければいけません。

それがなければ、今回私がとった行動は暴言やその他の陰湿なイジメにつながります。

訴えて慰謝料をとったとしても、その労力をかける価値があるかは微妙です。

 

それでも、暴言があるような職場ならスマホでの録音はおすすめです。

わたしの職場でも、キレて怒鳴る人がいます。

常にスマホで録音することでいつか、相手が一発でクビになる発言を録れるかもしれません。

 

いざとなれば、戦える材料がある。

それだけで心強いですよ。

 

顧客と距離がある職場

顧客と直接関わる職場では、納期遅れなどは即損失となります。

自分の不手際が、社内でフォロー可能な業務内容でないといけません。

 

大きな損失を出せば、それを理由に処分や解雇となるリスクがあります。

 

クビにせずとも生き残れる職場

「法令を重視する職場」と似た内容になりますが、法令を守るには余裕が必要です。

会社に体力がなければ、ダメ社員を在籍させつづけることなどできません。

 

一刻も早くクビにしないと、会社自体が傾く。

そうであれば、あらゆる手段によって退職を余儀なくされるでしょう。

 

ウチの会社だって、クビにならない保証はありません。

それでも、仕事を放棄できたのは

ひつじ先輩
ひつじ

クビになってもかまわない

という、開き直りがあったからです。

 

脱サラの準備を進めておけば、会社への依存度が下がります。

社畜生活の自由度が上がりますよ。