MNPはまだまだ儲かる!27万稼ぐやり方を徹底解説!

新端末 買いとり代金 MNP

今回はケータイの乗りかえ、MNPについて。

わたしはMNPで2018年2月、+27万円を達成しました!

 

普通、ケータイの乗りかえはお金を払ってしますよね。

「+27万円なんて絶対ウソ!」

と思われるかもしれませんが、ガチです。

 

今回は、

なぜ、MNPでお金が儲かるか

初心者にありがちな疑問

はじめてMNPしたときのやり方(Sonet→AU)

27万稼いだ最新のやり方(Docomo→AU)

を書きます。

なぜ、MNPでお金が儲かるか

キャッシュバック、割引がすごい

日本のケータイ普及率は高いため、新しく使いはじめる人はほとんどいません。

ケータイ会社(AU、Docomoなど)は新規客を獲得するのが難しい状況です。

 

なので、ケータイ会社はMNP(ケータイ会社の乗りかえ)で来る客を優遇しています。

MNPの客だけがもらえるキャッシュバックや割引が、たくさん用意されています。

 

よくあるのが、「端末の代金が無料になる」というもの。

おおっぴらには宣伝されませんが、これはいまだにあります。

 

「他社の客が1人減り、自社の客が1人増える」

というのは会社にとって、それほど大きなメリットなのです。

 

お金が儲かる仕組み

ケータイを買うときは普通、

①一括払いで本体代を払い、2年間で本体代くらいの割引を受ける

②本体代を24回払いしながら、2年間で本体代くらいの割引を受ける

をえらべます。

MNPでは、①で一括払いの代金が0円になり、割引だけが残ります。

 

とはいっても、キャッシュバックや割引だけでは、利益にはなりません。

しかし、ここにいくつかの工夫をくわえるとプラスになります。

これには、大きく分けて3つあります。

 

新品の端末を売る

新品の端末は、高く売れます。

わたしはこのサイト(外部リンク)で売る先を見つけています。

新回覧

新回覧

ここなら、一番高く買いとってくれるのがどこか分かります。

 

ヤフオクなど個人相手も高く売れますが、オススメしません。

ページ作成やお客さんへの対応に、時間がかかりすぎるからです。

 

シェアを組んで維持費を下げる

たとえば、Docomoのシェアパック。

親回線には、大きな支払いが発生します。

しかし、それにひもづく子回線はとても安いです。

 

1回線あたりの支払い=全回線の支払い÷回線数

なので、

子回線が多くなるほど、1回線あたりの支払いは小さくなります。

 

Docomo以外へのMNPでも、回線数は多いほど大きな利益をねらえます。

利益=1回線の利益×回線数

となるからです。

 

プラン変更で維持費を下げる

プランを安いものに変えることで、維持費を下げます。

解約するワケではありませんので、違約金はなどはかかりません。

しかも、たいていはウェブからできます。

 

短期の解約で維持費を下げる

利益が上がるのは、契約時です。

遅れてくるキャッシュバックもありますが、そのあとは維持費がかかるだけ。

 

2年しばりの切れ目を待たずに、次のMNPをしてしまいましょう。

解約金を払っても、その方が利益が大きくなります。

条件のいい店舗がないときは、単純に解約するのもアリです。

 

しかし、短期の解約については、各社にルールがあります。

違反して、ブラックリストに乗っても

「解約できない」

ことはないですが、

「次の契約ができない」

「次の契約で割引ができない」

ことはあります。

 

かくいうわたしも、Docomoには嫌われています。

最低でも、6ヶ月は維持しましょう。

 

ブラックリストのルールは公開されていません。

また、時期によっても変わっていきます。

解約のタイミングについては、MNPのたびに調査しましょう。

ドコモ未契約の私が特価BL(ブラックリスト)になるまで
先日、ついに特価BLを食らってしまいました。特価BLとは、特価ブラックリストのこと。ドコモのMNPで、家族まとめて割や月々サポートが使えなくなります。特価BLでもお得に契約して利益を出す方法についても書きます。

 

初心者にありがちな疑問

①ショップで「3回線もなぜ?」と訊かれるのでは?

ひつじ先輩
ひつじ先輩

訊かれません。MNPで儲けたい人は珍しくないです。また、店員さんにはそれを訊くメリットがありません。

②ショップでSIMカード挿されたら、機体が新品として売れないのでは?

ひつじ先輩
ひつじ先輩

SIMを抜いただけの状態を新品と呼んでいます。買いとり業者のサイトで「新品の価格」として出ている値段がつきます。

ひつじ先輩
ひつじ先輩

ちなみに、画面についているフィルムをはがすとアウトです。箱の外側のフィルムはセーフです。

③解約のとき、違約金や残った本体代金で、マイナスになるのでは?

ひつじ先輩
ひつじ先輩

2年未満での解約のケースでは、違約金を払います。1回線で1万円くらいなので、それでもプラスです。

ひつじ先輩
ひつじ先輩

本体代金については、必ず一括払いで買うため、かかりません。そもそも無料のことも多々あります。

はじめてMNPしたときのやり方(Sonet→AU)


MNP3

はじめてMNPしたのは2015年、利益は13万円でした。

ざっくり、キャッシュバック、端末売却益、クーポン割引がプラス。

MNP弾費用、1年分維持費、解約手数料、クーポン費用がマイナス。

となっています。

 

MNP弾というのは、MNPに使うための回線のことです。

今回はMNPをするために、新しい回線を用意しました。

 

次に、やったことを時系列で書いていきます。

 

ショップえらび(2015.11.04)

近くのショップをリストアップ。

電話をかけまくりました。

このショップえらびは、とても重要です。

ここで、収支がほとんど決まります。

 

やり方は2通り。

田舎では、GoogleMAPで近いショップに電話。

都会では、Twitterでショップを探して電話。

(ショップのツイートを探すときは、この外部サイトが便利です

格安携帯・スマートフォンTwitter情報

格安携帯・スマートフォンTwitter情報

 

まず、こちらが何回線でMNPする予定かを伝えます。

ひつじ先輩
ひつじ先輩

回線数を伝えるのは在庫を確認するためもありますが、多いほどショップは一気に在庫を売れるため、割引を受けやすくなるからです。

そして、買いたい機種が一括払いでいくらか訊きます。

ひつじ先輩
ひつじ先輩

端末は、最新よりちょっと古いiPhoneがオススメです。iPhoneはandroidより値下がりしにくいです。

ひつじ先輩
ひつじ先輩

また、容量(64GBとか)は一番小さいもの、カラーはゴールドにします。経験上、利益が出やすいです。

値段を教えてもらったら、プランなどの条件を聞きます。

こういうExcelシートを作っておき、収支を計算します。

 

契約するプランに、2ヶ月など最低維持期間があるときもあります。

プランを変えるのが遅くなると、維持費が増えます。

これも、チェックしておきましょう。

 

AUへMNPのときは、「MNPau購入サポート特約」に注意します。

この特約では、端末代金を割り引きますが、契約に1年縛りがつきます。

1年以内に解約すると、違約金を払わねばなりません。

 

これをつけないときは、端末代金が上がります。

特約をつけて1年待って解約するのが、おトクになることが多いです。

 

特約ありで解約したときの違約金。

特約なしでの端末代金。

これらをくらべて、どちらがおトクか判断します。

 

電話で話すことは、田舎でも都会でもほとんど同じです。

ただ、MNPのタイミングが違います。

 

都会では「その日のうちにMNPに行く」前提で話します。

田舎では「今月の○○日にMNPに行く」前提で話します。

 

田舎では、割引が大きいショップを見つけるのが難しいです。

そのため、当日よりあとに予定している割引についても訊いてみます。

 

MNP弾を契約(2015.11.06)

Sonetの+Talk S2プランを3回線、MNPのために契約。

 

契約はネットでできます。

SIMカードに種類がありますが、どれでもオーケーです。

ひつじ先輩
ひつじ先輩

MNP番号をとるためだけの回線なので、SIMカードは使いません。

 

1回線のコスト=新規契約手数料+初月の利用料金+解約違約金+転出手数料

全体で、1週間くらいかかります。

 

クーポン購入(2015.11.07)

ヤフオクで60,000円分のクーポンを34,540円で落札。

3回線なので、20,000円のクーポンを3枚買いました。

 

必ず、MNPで使えるクーポンをえらびます。

本人でないと使えないものもあるので、注意します。

 

MNP弾が開通(2015.11.10)

Sonetで契約した回線のサービスが開始。

その日のうちに、MNPで転出する手続きを入力します。

 

AUショップを予約(2015.11.11)

MNP転出番号をゲット。

この番号は転出先のAUに伝えないといけないので、大事です。

 

あらかじめ決めておいたAUショップに電話。

契約条件をもう一度、確認します。

まだしていなければ、機体の取りおきも頼みます。

 

MNPする(2015.11.13)

AUショップにて、MNP。

新品のiPhone3台と13万円をゲット。

移動こみで4、5時間かかりました。

 

AUで3回線を同時に契約するときは、1回線だけ利用者登録が必要です。

親など、家族の免許証を持って行きます。

 

一括0円の端末を狙いますが、有料でも分割払いは避けます。

分割払いの端末は、売値が低くなります。

仮に自分が支払いをやめると、端末が使えなくなるからです。

 

契約を変える(2015.11.14)

維持費を下げるため、有料コンテンツ、LTEフラット、LTEネットを解約。

新品端末を操作しての手続きになります。

汚さないように、スマホ用手袋を使いました。

皮っぽいやつではなく、こういう毛糸のがいいです。

皮は経験上、操作性が悪いです。

 

11月16日からルールが変わり、フラットが外せなくなりました。

かなりギリギリでした。

ひつじ先輩
ひつじ先輩

現在は、LTEフラットをそもそも使わない方法で利益を出せます。

 

端末を売る(2015.11.15)

暗証番号が初期値になっていることを確認。

端末のデータを初期化(All Reset)。

 

SIMを抜きとり。

カードスロットを取り出すピンで、端末を傷つけないように注意します。

 

画面を拭く。

メガネ拭きなど、やわらかい布を使います。

 

梱包、発送。

プチプチや新聞紙を使って梱包し、買いとり業者へ送ります。

 

27万稼いだ最新のやり方(Docomo→AU)

こちらは、2018年2月の結果です。

収入

収入

主に、新しい端末を売って稼ぎました!

支出

支出

支出は、端末代金、あとはやはり維持費が大きいです。

次に、やったことを順に書いていきます。

 

AUショップに電話(2月上旬)

ショップえらび(2015.11.04)

と同じ手順で、ショップをえらびました。

 

下取り端末購入(2月中旬)

下取り端末を持っていくとその分、買う端末が安くなります。

そこで、1500円くらいの安いスマホを4台買いました。

(1台はもともと持っていた)

 

ヤフオクで、

「docomo スマホ 下取り -ジャンク -ケース -カバー -フィルム -△ -フリー -SIM」

と検索。

1~2000円のモノにしぼります。

「-ジャンク」

などは、検索結果から「ジャンク」を除外するという意味です。

 

以下のことをチェックします。

 

Docomoの端末であること。

ひつじ先輩
ひつじ先輩

下取り端末のキャリアは、転出元のキャリアでないといけません。

利益がでる値段であること。

ひつじ先輩
ひつじ先輩

一番低ランクの下取りで8,640円もらえます。高くても2000円/台のものをえらびましょう。

ネットワーク利用制限が◯であること。(Docomoのサイトで確認)

ひつじ先輩
ひつじ先輩

△は下取り不可です。

故障、水濡れ、大きく壊れていないこと。

ひつじ先輩
ひつじ先輩

バッテリのみ、または、本体のみの水濡れは下取り可。両方水濡れは不可です。

パーツが紛失していないこと。

ひつじ先輩
ひつじ先輩

電源ケーブルは、なくてオーケーです。

出品者の評価が悪くないこと、間に合うように送ってもらえること。

ひつじ先輩
ひつじ先輩

評価は必ずチェックして、安心できる相手をえらびます。

ひつじ先輩
ひつじ先輩

発送にかかる日数も書かれていますので、チェックします。

 

Docomoの契約変更(2月下旬)

Docomoから5回線、AUへMNPします。

そのうち1回線は、

シェアパックの代表回線

ファミリー割引の代表回線

支払いの代表回線

となっていたので、Docomoに残す回線へ代表を変えます。

 

シェアパックの代表回線、ファミリー割引の代表は、電話で変えられます。

 

支払いの代表回線は、Docomoショップで変えられます。

・変える前の回線の契約者の免許証

・変えた後の回線の契約者の免許証

・変えた後の回線の契約者のクレジットカード

を持っていきます。

 

今回は不要でしたが、ドコモ光のペア回線については記事を書いています。

ドコモ光のペア回線を変更する
ドコモ光のペア回線の変更方法。ペア回線は、ドコモ光が紐付けられているケータイ回線。変更の手続きは電話でできます。とくに休日は電話がつながりにくい。つなげやすくする工夫も紹介しています。

 

MNP番号の発行も、忘れずに行います。

これはウェブからできます。

 

AUへMNPする(2月下旬)

電話で条件を再確認して、ショップを予約。

父母の名義の回線なので、両親に来てもらいます。

 

スマートバリューのため、ネットをドコモ光から地元のインターネットへ乗りかえます。

もともとのネットより月々の料金が安く、ドコモ光も更新月だったので、そこはコスト0。

しかし、これに合わせて固定電話の買いかえが必要になり、8000円ほどかかりました。

 

インターネットのショップ(AUひかりではない)→AUショップ

の順で回り、半日ちょいかかりました。

 

持ち物は、お金、MNP番号、下取り端末、クーポンです。

クーポンはAUから送られてきたので、タダです。

ピタットプランシンプルで契約しました。

 

持ち込み機種変(3月上旬)

ピタットプランシンプルは、月2,900円×5回線かかります。

スマホでは最も安いプランですが、これをさらに下げます。

持ち込み機種変です。

 

契約したスマホの回線を、ガラケーに機種変更。

月743円の、プランEシンプルにします。

プランEシンプルはガラケー向けで、通話のみができる従量制プランです。

 

持ち込み機種変用のガラケーとしては、

TSX05

W64SO

W62CA(2台)

KY011

を使います。

 

あまりに古い機体だと、契約できないことがあります。

ひつじ先輩
ひつじ先輩

多分「W」で始まる機体は大丈夫です。とくにW62CAは丈夫なので、オススメです。

 

持ち込み機種をAUショップへ持っていき、

「これに機種変したいです。」

と頼みます。

 

ガラケー用のSIMカードを置いていないショップもあります。

行く前に、電話でチェックしておきましょう。

 

今回も、契約者である両親に来てもらいました。

ひつじ先輩
ひつじ先輩

さすがに面倒そうでしたが、そこはお寿司の力でなんとかお願いしました。

 

コストは、持ち込み機種代金、機種変費用、SIMロック解除料金、寿司代。

今回失敗したのは、SIMロック解除です。

 

SIMロック解除で失敗

SIMロック解除すると、スマホは高く買ってもらえます。

そこで、先日買った新品スマホのロック解除を頼みました。

 

すると、「自分でウェブからやると無料だけど、ここでは手数料がかかる」と言われました。

しかし、機種変のあとでは解除ができなくなるそうなので、やむなくその場で解除。

持ち込み機種変は、SIMロック解除を済ませてから行きましょう。

 

AppleCareについて

持ち込み機種変をすると、有料オプションが外れます。

しかし、AppleCareだけは勝手に外れません。

 

これは、ショップの人も知らないことがあります。

今回は、AppleCareが外れたと分かる書類をもらってきました。

 

新端末を売る(3月上旬)

端末を売る(2015.11.15)

で書いたのと同じ手順で、送りました。

新端末 買いとり代金

新端末 買いとり代金

ひつじ先輩
ひつじ先輩

この代金を手にするときが、MNPをやっていて、一番アガる瞬間です。おつかれさまでした。

 

ちなみに稼いだお金は、WealthNaviに投資しています。

友だちに勧めるほど魅力的な投資は多くないですが、これは推せますね。

WealthNavi 2018年実績!損失ありステマなし
WealthNaviにがっつり月25万円!去年から投資しています。2018年の運用実績・分配金・手数料。もっと長く投資した場合の運用実績についても公開中。
MNP
この記事をシェアする
中の人をフォローする
ひつじ先輩

仕事を辞めたいゆとり世代。「辞めたあと、お金がなくなったらどうしよう」という恐怖から、いまだに社畜。FX歴8年目、「ローリスクで脱サラする」をテーマに副業・投資について書きます!問題はゆとり世代にあるのではなく、ゆとりのない社会にある。

中の人をフォローする
めぇめぇマネー

コメント

  1. ポインコ より:

    27万稼いだ最新のやり方(Docomo→AU)の日付が
    2015年になっています。

    2015年ならもっと稼げるでしょ。

    • ひつじ先輩 ひつじ先輩 より:

      「はじめてMNPしたとき」が2015年、「27万稼いだ最新のやり方」は2018年の話を書いています。ご指摘ありがとうございます、分かるように明示しておきます!