FXの過去データをCSVでダウンロードする方法【超長期】

古い FX

FXの過去データ(為替レート)をCSVで手に入れる方法について書きます。

 

FXをスイングから長期でやるときには、かなり昔の為替データが欲しいときがあります。

FX業者でヒストリカルデータがダウンロードできても、業者が開業してからのデータしかありません。

 

探してみたところブリティッシュコロンビア大学のサイトで、1971年以降のデータを発見。

Pacific Exchange Rate Service - Database Retrieval System
Pacific Exchange Rate Service: Current Exchange Rates; Database of Historical Exchange Rates; Canadian Dollar Services; Exchange Rate Economics; daily updated e...

しかも、CSV、Excelなど好きな形式でダウンロードできます。

選べる通貨の種類が多いので、FXで扱う通貨はまず見つかります。

通貨ペアによっては、1971年より新しいデータしかない。たとえば、ZARは1995年11月からのデータのみ。

 

英語サイトなので、使いかたを説明していきます。

今回は1977年からのドル円(USD/JPY)の過去データをCSVでダウンロードしてみます。

 

1FX長期データ

まずページを開くとこんな感じです。

データが欲しい通貨ペアをえらぶ

 

2通貨をえらぶ

通貨ペアは左の赤で囲ったところでえらびます。

 

基準通貨をえらぶ

まずは”Base Currency”のところです。

ここではUSD/JPYの右側、JPYをえらびます。

サイト上では”Japanese Yen”と書かれています。

対象通貨をえらぶ

つぎは”Target Currency”のところです。

ここではUSD/JPYの左側、USDをえらびます。

サイト上では”U.S. Dollars”と書かれています。

 

2通貨をえらぶ(結果)

ちなみに、Ctrlを押しながらえらぶと2通貨以上を1度でえらべます。

FXで使う通貨のサイト上での表現

  • カナダドル→Canadian Dollars
  • ユーロ→European Euros
  • ポンド→British Pounds
  • オーストラリアドル→Australian Dollars
  • 人民元→Chinese Renminbi
  • ニュージーランドドル→New Zealand Dollars
  • 南アフリカランド→South African Rand
  • スウェーデンクローナ→Swedish Krona
  • トルコリラ→Turkish New Lira

 

データが欲しい期間をえらぶ

 

3期間をえらぶ

通貨ペアは真ん中の赤で囲ったところでえらびます。

対象期間をえらぶ

”Choose Time Horizon”のところです。

”Last 7 days”(過去7日)

”Last 28 days”(過去28日)

などがありますが、長期の過去データを取得するには、

”Exact Time Period”(特定の期間)

をえらびます。

つぎに

”Start Date”(開始日付)

”End Date”(終了日付)

で期間をえらびます。

データ頻度をえらぶ

”Date Frequency”のところです。

“daily”(日次)、”Weekly”(週次)データは過去4年分しかDLできません。

ここは”monthly average”(月次平均)をえらびます。

”Notation”をえらぶ

”Volume Notation”と”Price Notation”があります。

FXのためのレートがみたいので、”Price Notation”(価格による表記)をえらびます。

 

3期間をえらぶ(結果)

1977年1月以降のデータをとるには、こう入力します。

 

(CSVなどで)データを出力する

 

4出力をえらぶ

右側の赤で囲ったところでデータを出力します。

(CSVなど)出力形式をえらぶ

”Table Style”のところです。

ブラウザでみるだけなら”HTML”か”HTML+CSS”をえらびます。

”plain text”はただのテキストがみれます。

 

”Microsoft Excel”をえらぶと、拡張子のないファイルがDLされます。

Excelをひらいて、そのファイルをドラッグ&ドロップするとひらけます。

”LaTeX”をえらぶと拡張子latexのファイルがダウンロードされます。

 

”CSV spreadsheet”は、コンマ区切りでデータが表示されます。

”Tab spreadsheet”は、Tab区切りでデータが表示されます。

メモ帳に保存して、拡張子をcsvにすれば、csvファイルとしてつかえます。

 

今回は”HTML+CSS”をえらびました。

転置するかどうかえらぶ

”Table Transposition”のところです。

”default”ではタテに日付が並び、となりの列にレートが表示されます。

この向きをヨコにするときには、”Currency / Time”をえらびます。

 

”Retrieve Data”(データ取得)をクリックすると、データが得られます。

 

結果1

”Currency / Time”をえらぶと、こうなります。

 

結果2

 

データをFXで使うときの注意点

CSVなどで得られたこの月次データは各月の”平均値”です。

始値、高値、安値、終値のいずれでもないためご注意ください。

 

例えば、ZAR/JPYの2016年6月の過去最低値。

実際は6.26円まで落ちましたが、このサイトで得られる過去データでは6.99円です。

 

とくに、FXの資金管理に使うときには注意してください。

先ほどの例では、6.99円を元にロスカットラインを決めると、意味がありません。

 

まだFXでロスカしてるの?

ひつじ先輩
ひつじ先輩

煽ってすみません。

実はわたしは、FXはもうあまりやっていません。

自分の資産が外貨に集中しているのって、冷静に考えるとヤバイです。

 

そこで最近はロボアド投資をはじめました。

分散投資できて、年利6%ほど狙えてすごくいいです。

ロボアド投資の記事の記事を書いたので、ぜひ。

WealthNavi 2018年実績!損失ありステマなし
WealthNaviにがっつり月25万円!去年から投資しています。2018年の運用実績・分配金・手数料。もっと長く投資した場合の運用実績についても公開中。
FX
中の人をフォローする
ひつじ先輩

仕事を辞めたいゆとり世代。「辞めたあと、お金がなくなったらどうしよう」という恐怖から、いまだに社畜。FX歴8年目、「ローリスクで脱サラする」をテーマに副業・投資について書きます!問題はゆとり世代にあるのではなく、ゆとりのない社会にある。

中の人をフォローする
めぇめぇマネー

コメント