トラリピをやってみた。200万円が4ヶ月で220万円になった設定公開

トラリピをやってみた。200万円が4ヶ月で220万円になった設定公開FX

トラリピをやってみたら、200万円が4ヶ月で220万円になりました。

 

トラリピ実績画像

やって見る前は儲かるのか不安でしたが、今のところは順調です。

 

ロスカットにならない限り、小さい勝ちが重なっていく仕組みなので、

よく考えれば当然の結果と言えるかもです。

 

口座や設定など、どう決めていったか。

解説していきます。

トラリピをやってみた

なぜトラリピか

なぜ今さら、トラリピをやってみたのか。

それは今、株が高値圏にあるので買いたくなかったからです。

 

以下は米国株(VTI)のチャートですが、明らかに高値圏です。

VTIチャート

 

その点、トラリピであれば上がり続けなくても資産を増やせます。

仕組み上、むしろ上がり続けない方がいいです。

 

100万番煎じですが、トラリピの仕組みをざっくり紹介します。

トラリピ

上の画像のように、

ある為替レートで買い、ちょっと上がったら売る

注文をたくさん並べます。

 

レートが、この注文を通過すると利益となります。

この注文は消えないので、同じレートを通るたびに利益を生みます。

 

レートがある範囲内で動き続ける限り、利益を生み続けるということです。

なので、明らかに高値にある株を買うより良いと判断しました。

 

トラリピ比較

トラリピ以外にも、いわゆるリピート系FX口座はいろいろあります。

最初はコスト面で比較などしたのですが、結局トラリピをやってみることにしました。

 

結局、どの口座を選ぶべきか分からなかったためです。

※トラリピっぽいけど細かい設定できないとか、理解してればトラリピと同じことができるとか。よく分からなかった。

 

トラリピのコストは平均的なのですが、初心者向けという評判が多いです。

まずはトラリピで基本を理解したら、他のサービスもやってみようと考えました。

 

トラリピ(マネースクエア)公式サイト

 

ちなみにコストが安そうなのは、

  1. アイネット証券のループイフダン
  2. インヴァスト証券のトライオートFX

でした。

 

1はコストは安いですが、できることがかなり制限されている印象です。

 

2は、一度に取引する数量が増えると安くなる仕組み。

1本の注文の数量が1万通貨以上になると、お得になりそうです。

 

トラリピ200万円の設定

設定は以下のようにしました。

  • 資金:200万円
  • 通貨:AUD/NZD
  • 戦略:買いのみ
  • レンジ上限:1.075
  • レンジ下限:1.0194
  • 本数:0.3万通貨*67本
  • 利益幅:260Pips
  • 損切りライン:0.996

 

トラリピの設定画面だと、

設定2

のようになります。

 

トラリピ 200万円の設定

AUDNZDチャート

通貨:AUD/NZD

上記チャートの青いラインが、1991年からのAUD/NZDのチャートです。

 

2013年以降、以前よりも狭いレンジ内を推移しています。

トラリピ向きです。

 

レンジ上限

過去10年の高値は1.1くらいです。

高値圏で買いポジを持ちたくないので、レンジ上限は少し下げて1.075にしました。

 

レンジ下限

1.0194は、2015年ごろの安値です。

安値圏は、ギリギリまで買う設定でいいと考えました。

 

損切りライン

損切りラインは0.996です。

 

過去最低値の1.001は、30年破られていません。

今後も、このラインは機能すると考えられます。

 

万が一、このラインを50Pips割ってきたら損切りです。

 

買いのみ

売りトラリピを同時設定する、ハーフ&ハーフはやっていません。

 

2013年以前のレートを見ますと、上抜けしたら1.4くらいまで有り得そうです。

売るのは恐いです。

 

バックテスト

  1. 利益幅
  2. 1本あたりの通貨量
  3. 本数

上記は、バックテストで決定しました。

 

ツールは、

トラリピ|バックテストツールの使い方について
トラリピの設定構築に役立つバックテストツールを作成しました。 初心者向けに特化しているので、EAを使うよりも簡単かつシンプルに操作することができます。

を使わせていただきました。

 

1.利益幅

バックテストで決定した、

  • 利益幅
  • 1本あたりの通貨量
  • 本数

のうち、最もパフォーマンスへの影響が大きい要素が利益幅です。

 

1本の注文に、何Pips利益が乗ったら利食いなのか?

という値ですね。

 

こちらは、260Pipsで利食いとしました。

トラリピの設定としては、かなり大きい値です。

 

当初は

ひつじ
ひつじ

細かく利食いしないと、利益が積み重なっていかないかも?

と考えましたが、そうとは限りません。

 

そのあたりを理解するのには、こちらの記事がとても勉強になりました。

トラリピのトラップ幅と利益額のただならぬ関係【8割がしらない】
Twitterで最適なトラリピのトラップ/利益幅についての質問をしたところ、8割以上の人が間違った回答をしていました。 このブログではトラップ幅と注文数に焦点をあてて、トラップ幅は考えているより広めのほうが利益が出ることを解説しています。

 

1.と2 1本の通貨量・本数

まず、全体の通貨量。

ポジションをフルに持ったときの通貨量を決めます。

 

  • レンジ上限
  • レンジ下限
  • 損切りライン

は決定済みです。

 

レンジ上限・下限から、ポジションをフルに持ったときの平均建玉レートを計算。

次に、この平均建玉レートから損切りラインまで下がったときの損失額を計算。

 

今回の場合、合計20万通貨持つと損切り時に80万円の損失になります。

そのくらいが許容できる最大損失なので、全体の通貨量は20万通貨としました。

 

全体の通貨量が決まったら、1本の通貨量と本数を決めます。

全体の通貨量=1本の通貨量×本数

なので、この2つはトレードオフです。

 

バックテストの結果、あまりこの部分は差が出ないことが分かりました。

本数1本あたり通貨量利益幅(Pips)5年分利益(万円)
2000.1260203.1
1000.2260204.1
670.3260204.3
500.4260201.3
250.8260194.4

本数と1本あたりの通貨量のバランスを変えても、最終利益はあまり変わりません。

67本で0.3万通貨が一番マシなので、こちらを採用しました。

 

トラリピ(マネースクエア)公式サイト

タイトルとURLをコピーしました