ウェルスナビと積立NISAは併用できない。両方やってみた

ウェルスナビと積立NISAは併用できない。両方やってみた 積立NISA

こんにちは、ひつじ先輩です。

この記事では、ウェルスナビ積立NISAの併用について書きます。

 

ウェルスナビを積立NISA口座で運用すれば、有利じゃね?

と思っている人に、残念なお知らせです。

 

積立NISA口座で、ウェルスナビをやることはできません。

「税金を引かれずにウェルスナビ」という、最強の投資は存在しないのです。

 

そうなると、どちらかを選ぶ必要が出てきそう。

でも実は、その必要はありません。

 

積立NISA口座で、ウェルスナビをやる

という併用はできませんが、

積立NISAをやりつつ、ウェルスナビもやる

という意味では、併用できます。

 

わたしは、積立NISAに月3.3万円、ウェルスナビには月25万円投資しています。

 

どっちか有利な方だけやるべきでは?

わたしもそう思って調べましたが、両方やるのが一番よいというのが結論です。

どちらもすばらしい仕組みですので、無理に片方を選ぶと損します。

 

両者の比較を交え、その理由を書いていきます。

ウェルスナビ 積立NISAの併用

ウェルスナビ 積立NISAの併用

併用はできない

「積立NISA口座で、ウェルスナビをやる」

つまり、

「税金を引かれずにウェルスナビをする」

という併用はできません。

 

理由は、

当社のサービスは最低投資額を設定させていただいていること、年2回のリバランスが実施されることの2点から、年間累計の買い付け金額がNISAで上限となっている120万円を超えることが多いと想定されるためです。(ウェルスナビ公式)

とのこと。

 

NISA・積立NISAでは、非課税になる投資額が決まっています。

リバランスでは一部の資産を買いなおすので、その枠を超えてしまうということですね。

 

両方やるのがベスト

しかし、

「積立NISAに投資しながら、ウェルスナビもやる」

という併用はできます。

 

  • 積立NISAで得た利益には、税金がかからない
  • ウェルナビでは、普通に税金がかかる

という状態です。

 

わたしが出した結論は、

  1. 積立NISAで、毎月33,333円投資する
  2. 余力があればウェルスナビで、できるだけ多く投資する

のが一番いいということです。

両者を比較した上で、その理由を書きます。

 

ウェルスナビ 積立NISAの比較

ウェルスナビ 積立NISAの比較

積立NISAとは

一般的に、投資で得られた利益には、約20%の税金がかかります。

10万円の利益がでたら、2万円は税金になります。

 

積立NISAでは専用の口座を作って、そこで投資をします。

年間40万円まで投資信託が買え、その利益に税金がかかりません。

 

ウェルスナビとは

ロボットが、自動で分散投資してくれるサービスです。

各国の株・債券・金・不動産などに、分散投資できます。

今までは、自分でやらなければいけなかったこと。

ウェルスナビでは、すべて自動になります。

 

ウェルスナビ 積立NISAの比較

積立NISAウェルスナビ
税金なし20.315%
初期投資額指定なし10万円
積立の上限年間40万円なし
運用期間最大20年なし
投資対象投資信託投資信託
手数料基本無料投資額の年1%
信託報酬ありあり

 

①税金

積立NISAでは、税金はかかりません。

ウェルスナビでは利益から、20.315%の税金が引かれます。

 

しかし、ウェルスナビのDeTaxという機能は、運用の工夫でその年の税金を減らしてくれます。

年によっては、税金がまったくかからない年も出てくるでしょう。

 

積立NISAの税金0にはかないませんが、他の投資では得られないメリットです。

 

②初期投資額

積立NISAには初期投資がなく、いきなり積立を始められます。

 

ウェルスナビでは、10万円の初期投資が必要です。

まとまったお金がない場合は、積立NISA一択になります。

 

③積立の上限

積立NISAの投資上限は、年間40万円です。

月あたり、33,333円まで投資することができます。

月4万、5万と投資したい人にとっては、大きなデメリットです。

 

ウェルスナビには、積み立ての上限はありません。

 

④運用期間

積立NISAは、20年間投資することできます。

20年が経ったら、別の投資対象を探さないといけません。

 

ウェルスナビは、いつまでも投資できます。

 

⑤投資対象

ウェルスナビでは、各国の株・債券・金・不動産などの投資信託に分散投資してくれます。

 

ノーベル賞を取った理論に基づいた、最適なバランスのポートフォリオです。

このバランスを自動で保つ、リバランスという機能もあります。

 

積立NISAでは、国の基準を満たした投資信託から選んで買います。

リバランスを自分で行わなければならない。

という意見がありますが、バランス型ファンドを1つだけ選んで投資すれば心配はありません。

 

バランス型ファンドは、株・債券・不動産などに一度に投資できるファンド。

これらのバランスが崩れたときのリバランスは、ウェルスナビと同じく自動です。

複数の投資信託を組み合わせたら、リバランスは自分で行う

 

⑥手数料

積立NISAでは、ほとんどの投資信託で無料です。

一部には、最大1.25%かかるものがあるので避ける

 

ウェルスナビの手数料は、年間1%。

手数料の面では、ウェルスナビが不利です。

 

⑦信託報酬

信託報酬は、投資信託の運用コストです。

積立NISA・ウェルスナビの両方に、信託報酬がかかります。

 

積立NISAの信託報酬は、買う投資信託によります。

安いもので、年0.1~0.2%くらいです。

高いものは、1%を超えるので注意

 

ウェルスナビでかかる信託報酬は、年0.1%~0.14%ほど。

かなり安い投資信託が選ばれています。

 

シミュレーションの比較

積立NISAとウェルスナビ、それぞれを運用したときの税引き後の利益を比べます。

  • 運用期間:20年
  • 積立金額:年40万円
  • 総積立額:800万円
  • ウェルスナビのリターン:5.7% ※1
  • 積立NISAのリターン:5.1% ※2

という条件です。

比較シミュ2

単純な利益は、

  • 積立NISA:605万円
  • ウェルスナビ:706万円

となり、ウェルスナビが101万円おトクです。

 

しかし、税引き後の利益は、

  • ウェルスナビ(税引き後):563万円

積立NISAより、40万円ほど少なくなってしまいます。

 

一方、積立NISAには税金がかかりません。

605万円、丸ごと利益です。

605万円の20.315%で、123万円の節税になります。

 

※1:長期のシミュレーション結果6%(手数料計算済み)から、分配金にかかる税金を引いて算出。分配金は1.25%と仮定。
※2:選ぶ投資信託によって、リターンは異なる。今回は、eMAXIS バランス(8資産均等型)の実績データを採用

 

まずは積立NISA

まずは積立NISA

シミュレーションで、節税メリットがかなり大きいことが分かりました。

選ぶ投資信託によりますが、ウェルスナビよりも良い結果になる可能性も十分。

まずは、積立NISAからやりましょう。

 

積立NISAの欠点に、「自分で投資信託を選ぶ」ということがあります。

迷うようであれば、バランス型ファンドを買うことをおすすめします。

自分でリバランスする必要もないですし、調べた範囲では一番手堅いです。

 

わたしは、先ほど出てきたeMAXIS バランス(8資産均等型)の低コスト版を買っています。

実績は、記事で公開しています。

積立NISAしてみた結果! eMAXIS Slimは+1013万の予測に
積立NISAに投資してみた結果(毎月更新)。eMAXIS バランス(8資産均等型)の予測では20年後、最大1,013万円の利益が見込めた。積立NISAのメリット・デメリット・証券会社も。

書ききれなかった積立NISAの詳細についても書きました。

ぜひ、読んでみてください。

 

ウェルスナビも併用

ウェルスナビも併用

積立NISA最大のデメリットは「年間40万円までしか投資できない」ことです。

月あたりに直すと、33,333円。

 

月に33,333円以上投資する余力があるのなら、ウェルスナビがおすすめです。

ウェルスナビのリターンは高いですし、投資上限もありません。

ウェルスナビは、「ウェルスナビ」から始められます。

 

わたし自身、毎月もっとも多く積立しているのはウェルスナビです。

実績は、こちらで公開しています。

WealthNavi 2018年実績!損失ありステマなし
WealthNaviにがっつり月25万円!去年から投資しています。2018年の運用実績・分配金・手数料。もっと長く投資した場合の運用実績についても公開中。

ぜひ、読んでみてください。

 

ウェルスナビ 積立NISAを併用

積立NISAでウェルスナビは不可

積立NISA口座で、ウェルスナビをやる

という併用はできない。

積立NISAをやりつつ、ウェルスナビもやる

という併用はできる。

 

ウェルスナビ 積立NISAの比較

  • 運用期間:20年
  • 積立金額:年40万円
  • 総積立額:800万円
  • ウェルスナビのリターン:5.7%
  • 積立NISAのリターン:5.1%

という条件で比較した。

 

結果は、

  • 積立NISA:605万円
  • ウェルスナビ(税引き後):563万円

となり、節税メリットまで考えると積立NISAのパフォーマンスが良かった。

 

ウェルスナビ 積立NISAを併用

  1. 積立NISAで、毎月33,333円投資する
  2. 余力があればウェルスナビで、できるだけ多く投資する

とするのが、一番効率がいい。

 

タイトルとURLをコピーしました