WordPressの301リダイレクトは簡単。プラグインは重いです

独自ドメイン ブログ

こんにちは、ひつじ先輩 (@baacash_)です。

この記事では、WordPressで301リダイレクトを使う方法を書きます。

 

今回はプラグイン不要で、しかもカンタンな方法を紹介します。

 

プラグインを使うのもいいですが、サイトの速度が遅くなります。

セキュリティを考えても、減らしたほうがいいです。

 

301リダイレクトを使って

  • URLが変わったときの評価引継ぎ
  • SSL化で変わったURLを統一

などを行っていきます。

スポンサーリンク

301リダイレクト

301リダイレクトは、あるページに来たユーザを別のページに転送する設定です。

  • 旧ドメイン→新ドメイン
  • httpから始まるアドレス→httpsから始まるアドレス

といった転送を行えます。

 

新しいページへのリダイレクトにより、新旧に散らばるアクセスを統一できます。

また被リンクなど、旧ページへの評価があるなら、それを新ページへ引き継げます。

 

WordPressで301

リダイレクト設定箇所

レンタルサーバのルートディレクトリにある、「.htaccess」というファイルです。

htaccess

「wp-admin」「wp-content」などと、同じ階層にあるはずです。

この.htaccessに、これから紹介するコードを貼ります。

 

.htaccessには、元々「# BEGIN WordPress」と書かれた行があるはず。

コードは、「# BEGIN WordPress」より上に貼りましょう。

 

実際に編集する前に「.htaccess」をどこかにコピー。バックアップしておく

 

ドメインが変わった場合

以下のコードを貼ります。

RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(before\.lolipop\.jp)(:80)? [NC]
RewriteRule ^(.*) https://baacash.com/$1 [R=301,L]

「before\.lolipop\.jp」のところには旧ドメインの「http://」を以外の部分を書きます。

「https://baacash.com/」のところには、新しい独自ドメインを書いてください。

 

試しに、旧ドメインのページのどれかへアクセス。

自動で新ドメインの同じページへ転送されたら、成功です。

 

httpsに統一したい場合

SSL化でも、リダイレクトを使います。

 

コードは、以下を貼ります。

#SSL Redirect
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

 

SSL化すると、

  • http://domain.com/
  • https://domain.com/

の2つ、どちらにもアクセスできる状態になります。

 

このコードを貼ればhttpのページにアクセスすると、自動でhttpsに転送されます。

 

試しに「http://domain.com/」へアクセス。

自動で「https://domain.com/」へ転送されたら、成功です。

 

SSL化については、こちらの記事で書きました。

ブログの設定(ワードプレス) 最初は3つだけでOKです
ブログを作って最初にやること。ワードプレスの設定は無限にあるが、本当に大事な3つをピックアップ。パーマリンク・SSL化・アナリティクス登録、サクッと終わらせて記事を書きましょう。

ぜひ、読んでみてください。

 

301は即反映されるけど

301リダイレクトは、設定すれば即反映されます。

しかし、それをSearch Consoleで「確認」するのには時間がかかります。

 

ドメイン変更のとき、Search Consoleでやることの中に、

301 リダイレクトが正常に動作していることを確認する

がありますが、301リダイレクト設定→サチコで「確認」できるまで時間がかかるのです。

 

設定は正しくできているのに待てずに設定をいじり、苦しんだことがあります。

同じ罠にハマる人は少ないかと思いますが、念のため。

 

タイトルとURLをコピーしました