ブログの設定(ワードプレス) 最初は3つだけでOKです

ブログの設定(ワードプレス) 最初は3つだけでOKです ブログ

こんにちは、ひつじ先輩です。

この記事では、ブログを作って最初にやる設定を書きます。

 

ワードプレスには、細かい設定項目が無限にあります。

デザイン・プラグインなど、こだわりだすとキリがありません。

 

そこでこのページでは、本当に大事な3つをピックアップしました。

 

これが終わったら、記事を書きましょう。

細かい設定は少しずつ、記事を書く合間にやっていけばOKです。

ブログ 最初の設定

ブログ 最初の設定

絶対にやることはたった3つ。

  1. 記事リンクの設定
  2. SSL設定
  3. アナリティクスの設定

ワードプレスブログを例に、書いていきます。

 

1.記事リンクの設定

新しく記事を書いたときに、記事URLを独自の名前にできるようにします。

デフォルトは番号を振る設定ですが、このままだとあとで扱いにくいです。

 

ワードプレスの「ダッシュボード」→「設定」→「パーマリンク設定」へ行きます。

パーマリンク設定 [2]

「投稿名」を選んで、「変更を保存」をクリックすれば完了です。

 

2.SSL設定

鍵マーク

このブログのURLの左側に、画像のようなカギマークが表示されています。

SSL設定は、このマークを表示させるための作業です。

 

これをしていないと、カギの代わりにこのような表示になります。

保護されていない通信

「保護されていない」と出るだけで、相当な数の読者は去ってしまいます。

 

サーバー側の設定

まずはサーバー側で、ドメインをSSLで保護します。

ロリポップ!の場合、「マイページ」→「セキュリティ」→「独自SSL証明書導入」です。

SSL化サーバー側

「SSL保護されていないドメイン」で、使用するドメインをチェック。

「独自SSL(無料)を設定する」をクリックします。

 

SSL設定作業中

「SSL設定作業中」という表示になります。

 

SSL保護有効

1時間くらいして、「SSL保護有効」と表示になったら成功です。

 

ワードプレス側の設定

ワードプレスの「ダッシュボード」→「設定」→「一般」で設定します。

ワードプレス側の設定

 

  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)

にhttpで始まるアドレスが入っているはずなので、図のように「s」(小文字)を入れます。

終わったら、「変更を保存」をクリック。

 

リダイレクト

ここまでで、httpsではじまるURLでもブログへアクセスできるようになります。

 

Googleから見ると、

  • http://domain.com/
  • https://domain.com/

の2つある状態です。

 

どちらが重要かGoogleに判断させるため、リダイレクトを設定します。

httpのページにアクセスすると、自動でhttpsに移動するようにする設定です。

 

サーバーにあるワードプレスのファイルのうち、「.htaccess」というファイルを編集します。

「ロリポップマイページ」→「サーバの管理・設定」→「ロリポップ!FTP」から行けます。

 

「.htaccess」の一番上(# BEGIN WordPress より上)に、以下のコードを貼ります。

#SSL Redirect
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

「保存する」ボタンをクリックすれば完了です。

 

試しに「http://domain.com/」へアクセス。

自動で「https://domain.com/」へ移動したら、成功です。

 

3.アナリティクスを設定

アナリティクスに登録

ブログへのアクセス(PV)を測定するため、Googleアナリティクスに登録します。

 

リンクにアクセスして、Googleアカウントでログインすると、以下の画面がでます。

GA登録

登録をクリック。

 

GA登録2

アカウント名は、ウェブサイトの名前と同じでOK。

ウェブサイトのURLのところ、「https」を選ぶように注意します。

 

「トラッキングIDを取得」をクリック。

 

トラッキングIDを設定

<!– Global site tag (gtag.js) – Google Analytics –>
<script async src=”https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-XXXXXXXX-Y”></script>
<script>
window.dataLayer = window.dataLayer || [];
function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
gtag(‘js’, new Date());
gtag(‘config’, ‘UA-XXXXXXXX-Y‘);
</script>

このようなコードが出たはずです。

このIDをワードプレスに設定することで、アナリティクスが機能します。

 

設定方法はテーマによって変わりますが、ここでは無料テーマCocoonについて書きます。

ワードプレスの「ダッシュボード」→「Cocoon設定」→「アクセス解析・認証」で設定します。

 

Cocoon設定

Google AnalyticsトラッキングIDという項目があるので、先ほどのコードの

UA-XXXXXXXX-Y

の部分を入力。

 

いったんは、「サイト管理者も含めてアクセス解析する」にもチェックを入れます。

こうすることで、ちゃんとアクセスが計測できているかを確認できます。

 

「変更をまとめて保存」すれば完了です。

 

余裕あればやること

余裕あればやること

ここまでやれば、最低限の設定は完了です。

もう記事を書いてOKですが、もう少し余裕があるならやることを書いていきます。

 

メタ情報を消す

メタ情報

 

作ったばかりのブログには、こういうのが出ているハズです。

不要どころか、ログインページが全世界に公開されていいことはありません。

 

ワードプレスの「ダッシュボード」→「外観」→「ウィジェット」で消せます。

「サイドバー」の「メタ情報」を選んで、「削除」です。

 

ブログのカラーを設定

ワードプレスのテーマによっては、一気に色を変えたりできます。

 

お気に入りの色にするくらいはやっておくと、モチベーションが上がります。

記事に画像を入れるときに使う色も、決めやすくなります。

 

たとえばテーマがCocoonだと、スキンというのを適用することでデザインを変えられます。

「Cocoon設定」→「スキン」で、スキンを選んで「変更をまとめて保存」するだけです。

 

ひつじ
ひつじ

見た目にこだわりだすとキリがないため、深入りはおすすめしません

 

プロフィールを設定

ひつじ先輩

週休3日制を強行するモンスター社員。仕事を辞めたいゆとりは大体友達。FXで月31,000円稼いでます。
⇒プロフィール

中の人をフォローする

ブログであれば、「誰が書いているか」も出していくつもりの人が多いはず。

何かの専門家だと読者・Googleに認められれば、アクセスされやすいです。

 

ワードプレスの「ダッシュボード」→「ユーザー」→「あなたのプロフィール」で設定します。

あわせて、TwitterなどのSNSページも貼っておくといいです。

 

テーマがCocoonなら、ウィジェットから好きなところにプロフを表示できます。

それ以外の人は、こちらの方法でできそうです。

 

サイトマップ

サイトマップは、読者・Googleに記事を見つけてもらいやすくするために作ります。

 

サイトマップを作る

まず、読者向けのサイトマップです。

こういうの(当ブログの場合)ができます。

 

ワードプレスの「ダッシュボード」→「固定ページ」→「新規追加」。

タイトルは、「サイトマップ」とでも入力します。

 

Cocoonの場合は、本文に

と入力して保存すれば、固定ページにサイトマップが表示されます。

 

Cocoon以外の場合は、本文に

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

と入力して保存。

「プラグイン」の「新規追加」から「PS Auto Sitemap」を検索。

追加して有効化すれば、固定ページにサイトマップが表示されます。

 

サイトマップを表示

サイトマップへのリンクを、サイトロゴの下に表示します。

ワードプレスの「ダッシュボード」→「外観」→「メニュー」で設定します。

 

メニュー作成

メニュー名は「メニュー」などでOKです。

「メニューを作成」をクリック。

 

サイトマップにチェック

「サイトマップ」にチェックして、「メニューに追加」をクリック。

 

メニューを保存

「ヘッダーナビ」にチェックして、「メニューを保存」をクリック。

これで、ブログ上部のロゴの下に「サイトマップ」と表示されます。

 

ブログの一番下にも表示したいときは、「フッターナビ」にもチェック

 

Google XML Sitemaps

人間向けのサイトマップの次は、Google向けのサイトマップです。

「Google XML Sitemaps」というプラグインで自動作成・更新できます。

 

設定はプラグイン一覧から。

ちょっと分かりにくい右側にあります。

 

Google XML Sitemaps設定2

Sitemapコンテンツのところで、

  1. ホームページを含める
  2. 投稿(個別記事)を含める
  3. カテゴリーページを含める
  4. 最終更新時刻を含める

にチェック。

下の方にある、「設定を更新」をクリックしたら完了です。

 

ワードプレスブログを作ったばかりの人に読んで欲しい記事リストは、この記事にあります。

副業ブログなら無料はおすすめできない。安い作り方・タダ?な裏ワザ
副業には無料ブログをおすすめしない3つの理由。一言にすると、リスクが高い。タダ?と言えなくもないWordPressを作る裏技で、「稼ぐまで続けられるか」という不安を解消。安いサーバー・最強の無料テーマも。
カードをクリックで、リストへジャンプ

 

タイトルとURLをコピーしました