超カンタン! 作業時間記録Excelツール。フリーソフトです

超カンタン! 作業時間記録Excelツール。フリーソフトです [2]時短

こんにちは、ひつじ先輩です。

作業時間を記録するExcelツールを作りました。

 

作業時間記録

 

ひたすらにシンプルなExcelツールです。

 

「ツール」「フリーソフト」と呼ぶのも気が引けますが、必ず誰でもカンタンに使えます。

この記事で説明も書いていますが、カンタンすぎていらないかもしれません。

 

作業時間を記録することで、

  • どの業務に何時間かかるか分かる
  • 計測中はサボりにくくなる

メリットがあります。

時間を記録して改善することで、作業の効率化になります。

 

作業時間を記録したい

と思ったとき、真っ先に思いつくのがExcelにメモしていくことではないでしょうか。

その時間を入力する作業にも、わずかですが時間がかかります。

 

このExcelツールを使うと、ボタンをクリックするだけで時刻が入力されます。

メンドウな思いをせずに、作業時間を記録していけますよ。

作業時間記録Excel

ダウンロードは下記のリンクから。

>作業時間記録Excelのダウンロード

フリーソフトです。

 

うまく動かないときは、Excelの設定のせいかもしれません。

Excelの設定をクリックしてみてください。

 

作業時間記録の使い方

作業時間記録:開始

時間記録開始 [2]

作業を始めるときは、「開始」ボタンをクリックします。

 

時間記録開始 [2] [2]

開始時刻のところに、現在時刻が入ります。

 

作業内容を記録

作業内容を記録したいときは、ここに手打ちできます。

 

作業時間記録:終了

時間記録終了 [3]

作業を終えるときは、「終了」ボタンをクリックします。

 

時間記録終了 [2]

終了時刻のところに、現在時刻が入ります。

 

時間記録終了 [4]

作業にかかった時間は、ここに表示されます。

 

作業時間合計 [2]

すべての作業にかかった時間の合計は、ここに表示されます。

 

作業時間記録:クリア

作業時間合計 [4]

すべての記録を削除するには、クリアボタンを押します。

 

作業時間クリア2 [2]

  • 開始時刻
  • 終了時刻
  • 作業内容

の列に入っているデータが消えます。

 

記録領域を増やす

記録領域を増やす [2]

最後の行を選択します。

 

記録領域を増やす [3]

右下の■をクリックして、そのままマウスを下に動かします。

最大65,536行まで追加できる

 

Excel設定(通常不要)

うまく動作しないときは、Excelの設定のせいかもしれません。

Excelのマクロを使用しているため、マクロを使えない設定だと動きません。

 

こちらの記事を参考に、設定してみてください。

【エクセル初心者向け】VBAマクロを有効化するための初期設定
エクセルを単にインストールした状態では、VBAマクロが無効になっていて、マクロを使うことはできません。 そこで、今回はエクセルでVBAマクロを有効化するための初期設定を紹介します。...

 

作業時間記録のコード

Excel VBAを使ってます。

 

開始ボタン

Sub copytime()
    Range("A4").Select
    Selection.Copy
    Cells(Rows.Count, "B").End(xlUp).Select
    Selection.Offset(1, 0).Select
    Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteAllUsingSourceTheme, Operation:=xlNone _
        , SkipBlanks:=False, Transpose:=False
    Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlNone, SkipBlanks _
        :=False, Transpose:=False
End Sub

B行(開始時刻)の一番下の空白セルに、現在時刻をコピーします。

 

終了ボタン

Sub copytimeEnd()
    Range("A4").Select
    Selection.Copy
    Cells(Rows.Count, "C").End(xlUp).Select
    Selection.Offset(1, 0).Select
    Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteAllUsingSourceTheme, Operation:=xlNone _
        , SkipBlanks:=False, Transpose:=False
    Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlNone, SkipBlanks _
        :=False, Transpose:=False
End Sub

C行(終了時刻)の一番下の空白セルに、現在時刻をコピーします。

 

クリアボタン

Sub clear()
    Range("B2:B65536").Select
    Selection.ClearContents
    
    Range("C2:C65536").Select
    Selection.ClearContents
    
    Range("E2:E65536").Select
    Selection.ClearContents
    
    Range("A1").Select
End Sub
  • B行(開始時刻)
  • C行(終了時刻)
  • E行(作業内容)

の内容を削除しています。

 

タイトルとURLをコピーしました