個人情報を守る!Evernoteの画像加工で注意すること

アイキャッチ ブログ

こんにちは、ひつじ先輩です。

Evernoteで画像を加工できるのを知っていますか?

かつてはSkitchというアプリだったものらしいです。

 

この画像に注釈を追加

画像をノートに貼り付け、右クリック→注釈を追加で使えます。

 

 

1目立たせる

こんな風に目立たせたり、

 

 

2コメント

コメントをいれたり、

 

 

3隠す

モザイクをいれたりできます。

 

ブログなどをやっている人にとっては、特にとても便利です。

今回は、この機能を使うときの注意点について書きます。

問題点

画像を加工して、個人情報などの隠したいものを隠すことがあります。

例えばこのように、四角形を描いて、人物に目線をいれます。

 

4人物に目線をいれる

これをブログなどに貼りつけ、ブログから、名前をつけて保存。

そして、そのファイルをもう一度Evernoteに貼りつけると、、、

 

5線がずらせる

なんと、編集できてしまいます。

線、ずらせます。

文字で隠したときも同じです。

知られたくない情報を隠すのに使うとダダもれになります。

 

対策

Evernoteの画像を加工する機能には、モザイク処理があります。

 

6モザイクはずれない

モザイク処理ならば、先ほどのようにずらすことはできません。

また、画像をトリミングすることもできます。

 

7トリミングも有効

これも、切り取られた部分を復活することはできません。

 

 

画像から個人情報が流出するリスクは、これで抑えられます。

ついでに、WordPress自体のセキュリティも見直しませんか?

 

当ブログでやっている不正ログイン対策について、記事を書きました。

WordPressのリスクは不正ログイン! 個人ができる対策6つ
WordPressでは、セキュリティを自分で確保する。月間5万PV規模の当ブログで行っているリスク対策を6つ紹介。個人・初心者でも出来る内容。更新する・IDを隠す・パスワードを複雑に・ログイン試行を制限など。

ぜひ、読んでみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました