Pagespeed Insightsがモバイルだけ遅い! 対策は不要です

Pagespeed Insightsがモバイルだけ遅い! 対策は不要 ブログ

こんにちは、ひつじ先輩 (@baacash_)です。

この記事では、Page Speed Insightsがモバイルだけ遅い現象の対処を書きます。

 

2018年11月の前半から、Page Speed Insightsの計測結果が遅くでるようになりました。

結論としては、そのタイミングで下がった人は気にしなくていいです。

 

わずかでも上げるためにできること、大丈夫か確かめる方法を書きます。

スポンサーリンク

PagespeedInsights評価

当ブログでは速度を上げるための施策を行っていたので、速度スコア70ほどでした。

しかし2018年11月から、モバイルだけスコアがガタ落ち。

pagespeed insights モバイル 遅い

わずか、33になってしまいました。

 

モバイルだけ遅い原因

Pagespeed Insights側の、評価方法が変わったことが原因です。

つまり、サイトの速度が本当に遅くなったのではありません。

 

WordPressテーマが速くても、外部リソースが読み込まれると遅いと判定されます。

  1. AdSense
  2. Analytics
  3. Facebook
  4. Twitter

あたりを使うと、ダメ。

 

これらを減らすことで、評価がまた上がる可能性はあります。

 

1・2についてはGoogleのサービスですし、Pagespeed InsightsもGoogleです。

いずれサービス側が対応するか、評価が変更されるでしょう。

 

できることと言えば貼り付けたツイートを減らすくらいですが、やっていません。

新たには、使わないようにしています。

 

そもそも、評価が変わっただけで実際には遅くなっていないはずです。

それが確認できれば、ひとまずは十分な対応だと言えるでしょう。

 

モバイルの速度を測る

同じGoogleのTest my siteで、モバイルでの読み込み速度を測ります。

 

ブログのホームのURLを入れて「エンター」。

TestMySite

 

こんな風に、結果がでます。

Test my site

十分な速度が出ているようです。

これならば、特に対策は不要でしょう。

 

もし、Test my siteで確認しても「読み込みが遅い」評価なら対策が必要です。

8秒とか

 

サイトの読み込み速度を上げるためにやったことを、この記事で書きました。

0PV→6万PV! 読まれないブログにやったすべて
ブログの収益・PVを公開。読まれないブログを読まれるようにするために、やってよかったことを重要な順で書く。正解を知らないまま、記事を書き続けるのは無謀。PVはスモールワードから発生する。

ぜひ、読んでみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました