スワップポイント(スワップカレンダー)の見方。注意点は2つだけです

スワップポイント

こんにちは、ひつじ先輩です。

この記事では、スワップポイントの見方を書きます。

 

スワップポイントは、各FX業者のスワップカレンダーで見れます。

 

見慣れない表ですが、注意点を2つだけ押さえれば間違うことはありません。

どのFX業者でも、だいたい同じような表現になっています。

スワップポイントの見方

GMOスワップカレンダートルコリラ [2]

スワップポイントは、スワップカレンダーで見れます。

 

こちらは、トルコリラ円(TRY/JPY)のスワップカレンダー

GMOクリック証券、2019年8月の値です。

 

買Swap(円)の列の一番下、最新の値を見ましょう。

 

これがトルコリラ円を1万通貨保有したときに、一日にもらえるスワップポイント

このスワップカレンダーなら、65円です。

 

スワップカレンダーの注意点

注意点は、

  1. 付与日数1が一日分
  2. 10万通貨あたり表記

の2つです。

 

①付与日数1が一日分

右側の列の「付与日数」が、1になっている日の値を使います。

 

「付与日数」が、3や5になっている日は休日分のスワップポイントが足されています。

 

知りたいのは一日の値のハズなので、使いません。

一番下、最新のところが付与日数3などになっていたらスルー。

1つ上の値を使いましょう。

 

土日・休日の分は、水曜日か木曜日に付与されるFX業者が多いです。

長期保有なら結局、毎日付与されるのと同じになるようになっています。

 

②10万通貨あたり表記

スワップカレンダーには普通、1万通貨を保有したときのスワップポイントが書かれています。

しかし、南アフリカランド円(ZAR/JPY)などは、10万通貨あたり表記になっていることも

 

10万通貨を1日持たないと、表記通りのスワップポイント(円)がもらえません。

表示値を10で割れば、1万通貨あたりのスワップポイントに直せます。

 

10万通貨での表記をされがちなのは、

  • 南アフリカランド円(ZAR/JPY)
  • メキシコペソ(MXN/JPY)

の2つです。

 

スワップポイント付与条件

スワップポイントは、日をまたいで通貨を保有していると付与されます。

通貨を持ったまま翌朝を過ぎれば、前日分のスワップポイントが確定します。

 

時間単位では、もらえません。

 

「翌朝」は翌日の午前6時または7時まで、となっているFX業者がほとんど

 

得られたスワップポイントから金利を計算する方法は、こちらの記事で書きました。

スワップポイントの計算方法。その金利、狙うとロスカットです
金利はスワップポイント(年あたり)÷入金額×100(%)で計算できる。「入金額」を「必要証拠金」とする方法ではロスカットされる。ローリスク・現実的なやり方を解説。無料ツールも。

ぜひ、読んでみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました