スワップポイントの計算方法。その金利、狙うとロスカットです

スワップポイント

こんにちは、ひつじ先輩です。

この記事では、スワップポイントの金利(利回り)計算方法を書きます。

 

各社のスワップポイント値がどう計算されるか知りたい人は、こちらの記事へ。

 

スワップポイントを金利換算する式は、

金利=スワップポイント(年あたり)÷入金額×100(%)

です。

 

「入金額」のところを、「必要証拠金」とするページが多いですが、限りなく間違いに近いです。

 

それで計算された金利を実際に狙って取引すると、すぐロスカット。

大損します。

 

この記事では、現実的・よりローリスクな取引で得られる金利の計算方法を紹介します。

スワップポイント計算ツールへは、スワップポイント計算ツールからジャンプ

スワップポイント計算方法

金利を計算するためにまず、

  • 1日分のスワップポイント
  • 1年分のスワップポイント

を計算します。

 

スワップポイント計算(1日分)

スワップポイント(1日分)=スワップポイント(円)×保有量(万通貨)

です。

 

ドル円のスワップポイントが80円だったなら、

  • 1万通貨保有で1日80円
  • 10万通貨保有で1日800円

もらえます。

 

スワップポイントは、スワップカレンダーで確認できます。

こちらはクリック証券の、ドル円のスワップカレンダー。

買Swap(円)の列の一番下、最新の値を見ましょう。

 

これがドル円を1万通貨保有したときに、1日にもらえるスワップポイント。

このスワップカレンダーなら、79円です。

 

右側の列の「付与日数」が、1になっている日の値を使います。

 

「付与日数」が、3や4になっている日は休日分のスワップポイントが足されてます。

知りたいのは1日の値なので、この値は使いません。

 

スワップカレンダーでのスワップポイント確認については、こちらの記事で書きました。

スワップポイント(スワップカレンダー)の見方。注意点は2つだけです
スワップポイントの見方。注意点は、付与日数が1の日のデータは使わない。10万通貨あたり表記になっていることがある。の2点。スワップカレンダーは、どのFX業者でもだいたい同じような表現になっている。

ぜひ、読んでみてください。

 

スワップポイント計算(1年分)

スワップポイント(1年分)=スワップポイント(1日分)×365日

です。

 

先ほど計算した1日にもらえるスワップポイントを、365倍すればOK。

 

1日にもらえているスワップポイントが800円だったのなら、

スワップポイント(1年分)=800円×365日

で、292,000円になります。

1年間、スワップポイントに変動がなかった場合の値。実際とはズレが生じる

 

次は、このスワップポイント(1年分)を元に金利を計算する方法です。

 

スワップポイント金利計算

スワップポイントの金利計算

スワップポイントを金利換算する式は、

金利=スワップポイント(年あたり)÷入金額×100(%)

です。

これで1年に何%増えるか、分かります。

 

ドル円のスワップポイント80円で、10万通貨持つと1年で292,000円もらえる計算でした。

 

10万通貨を持つために、333万円を入金(レバレッジ約3倍)したら、

金利=292,000÷3,330,000×100(%)

で、金利は約8.8%になります。

 

入金額を増やせば、金利は下がります。

入金額を減らせば、金利は上がります。

 

金利は、入金額によってまったく違う値になるのです。

通貨に対して一律には、計算できません。

 

必要証拠金はNG

金利=スワップポイント(年あたり)÷必要証拠金×100(%)

としているサイトが多いです。

 

しかし必要証拠金は、取引するために最低限入金しなければならないお金。

必要証拠金のみを入金し、それに相当する外貨を買うとレバレッジ25倍。

 

リスク最大の取引です。

そんな金利を計算しても、意味がありません。

 

レバレッジ25倍の取引とは、4万円の入金でドル円を1万ドル買うような取引です。

 

クリック証券のロスカットシミュレータに、この条件を入力してみます。

ロスカットシミュレータ

100円で買った想定だと、97.959円でロスカットされます。

わずか2円下がると、ロスカットです。

 

2円くらいは、すぐ変動します。

運よく相場が上がるタイミングで買わない限り、数ヶ月待たずにロスカットです。

 

必要証拠金を使って金利を計算しても、最高レバレッジでの金利になります。

長期保有できないので、意味がありません。

 

レバレッジ3倍での金利

長期保有であれば、買うときのレバレッジはどんなに上げても3倍。

つまりレバレッジ3倍で計算される金利が、現実的な方法で最大の金利と言えるでしょう。

 

レバレッジ3倍で、1万通貨持ったときの金利・入金額を各通貨で計算すると以下になります。

スワポ(年)入金額金利
USD/JPY28,835円357,733円8.1%
AUD/JPY8,030円242,233円3.3%
NZD/JPY9,125円225,600円4.0%
ZAR/JPY4,015円23,800円16.9%
TRY/JPY21,900円62,766円34.9%
2019年9月時点。スワップポイントはクリック証券のデータにて計算

 

スワップポイント計算ツール

スワップポイント・金利を計算するExcelツールを作りました。

スワップポイント計算ツール

スワップポイント計算ツールを無料ダウンロード

 

  1. スワップポイント(円)
  2. 保有量(万通貨)
  3. 購入レート(円)
  4. 入金額(円)

を入力すると、

  1. スワップポイント(年)
  2. 金利
  3. レバレッジ

が計算されます。

 

①スワップポイント(円)は、1万通貨あたりの値を入力してください。

10万通貨単位で表記されていたら、10で割る

 

②購入レートは、現在のレート。

もしくは、買う予定のレートを入力してください。

 

タイトルとURLをコピーしました