BackWPup「10秒間応答しません」の解決方法

BackWPup「10秒間応答しません」の解決方法 ブログ

こんにちは、ひつじ先輩です。

この記事では、プラグインBackWPup

「10秒間応答しません」

というエラーが出たときの解決方法。

 

とくに、エラーの詳細に403と書かれていたときの解決方法を書きます。

BackWPupについては「BackWPupとは」をクリックしてください。

10秒間応答しません

「今すぐ実行」をクリックしたところ、エラーに。

10秒間応答しません

ジョブ○○が開始されましたが、10秒間応答しません。インフォメーションを確認してください。

というエラーメッセージ。

素直にインフォメーションをクリック。

 

BackWPupで403

インフォメーションには、以下のよう書かれていました。

BackWPupで403

ステータスコード:403とあります。

 

403とは、

「閲覧禁止になっているので、見れない」

という意味のエラーコードです。

 

画像の下の方にも、

  • アクセスは禁止されています
  • ページの権限設定は適切か

など、それっぽいことが書いてあります。

 

BackWPupを直す

最近、IP制限の設定をしたことがピンと来ました。

WordPressへのハッキングを防ぐため、レンタルサーバの「.htaccess」を編集しました。

 

WordPressのセキュリティを高める.htaccessの設定 | ハックノート
「**.htaccess**」ファイルはページやファイルへのアクセスを制御する、Webサーバー用の設定ファイルです。 WordPressでもパーマリンク設定に使われる重要なファイルで、内容も複雑なコマンドで書かれているので初心者の方には取り扱いが難しく感じられそうですが、特定の内容を書き加えるだけでWordPressの...

こちらの記事の方法です。

 

.htaccessというファイルにコードを追記しているのですが、このうち

  • wp-config.php
  • wp-cron.php

へのアクセスを制限するコードを消すと、BackWPupが正常に動作しました。

 

具体的には、

<FilesMatch "^(wp-config\.php|wp-cron\.php)">
order allow,deny
deny from all
</FilesMatch>

の部分です。

 

少しメンドウですが、バックアップをとるときは

  1. レンタルサーバの.htaccessから、上記コードを削除
  2. バックアップをとる
  3. レンタルサーバの.htaccessに、上記コードをまた書き込む

という手順でやっています。

 

<FilesMatch "^(wp-config\.php|wp-cron\.php)">
order allow,deny
deny from all
Allow from 00.00.00.00
</FilesMatch>

4行目のように追記すれば、

「特定のIPアドレス(00.00.00.00)からのアクセスは許可する。」

という設定にできるかと思いましたが、動きませんでした。

 

また「10秒間応答しません」がでます。

ひつじ
ひつじ

おそらくレンタルサーバのIPをいれてもダメ。

 

BackWPupとは

WordPressのバックアップができるプラグインです。

  • 自動でバックアップをとれる
  • バックアップをdropboxに送れる
  • 無料

というのがメリットです。

この記事で書いたエラーが出ている場合は、「自動」というメリットはない。

 

10秒間応答しませんを直す

ステータスコード403なら、閲覧禁止になっているエラー。

IP制限の設定で、

  • wp-config.php
  • wp-cron.php

へのアクセスを制限しているなら、それが原因。

.htaccessからその部分を消せば、BackWPupは動く。

 

タイトルとURLをコピーしました