脱サラ後の税金・保険料!高いのは1年目だけじゃない!計算例も

脱サラ後の税金・保険料!高いのは1年目だけじゃない 計算例も 稼ぐ

この記事では、脱サラしたあとにかかる税金・社会保険料について書きます。

脱サラしたいけど、いくら稼げばいい?

という人が計算でつまづくのが、税金・社会保険料。

 

税金・保険についてぼんやりした目標額では、

  • 脱サラ後、金が足りない
  • 目標が高すぎて、脱サラまでが遠い

ということになりかねません。

 

今回は、

  • 脱サラ1年目、年収400万円の会社員だった人が払う、税金・保険料
  • 脱サラ2年目、去年の所得が180万円だった人が払う、税金・保険料

この2ケースについて、計算してみました。

 

先に結論を書いてしまうと、

  • 脱サラ1年目、年収400万円の会社員だった人…合計は67万円(5万6千円/月)
  • 脱サラ2年目、去年の所得が180万円だった人…合計は61万円(5万1千円/月)

という結果になりました。

脱サラ1年目の税金が高い!

というのはよく聞きますが、2年目以降もかなり高いです。

 

脱サラ1年目と、2年目以降。

自分の場合はいくら払うのか、1度計算してみませんか?

 

この記事に沿っていけば、カンタンに計算できるようになってます。

根拠がはっきりした目標を立てたほうが、副業もより頑張れますよ。

税金と社会保険料

払うべき税金は、

  • 所得税
  • 住民税

 

払うべき社会保険料は、

  • 国民年金
  • 国民健康保険

です。

 

支払うタイミングは、脱サラ後なら

  • 所得税・・・年1回
  • 住民税・・・3ヶ月に1回
  • 国民年金・・・毎月
  • 国民健康保険・・・毎月

となります。

脱サラ前は、すべて毎月の給料から引かれています。

 

脱サラ後の税金

脱サラ後の所得税

所得=収入金額ー経費

です。

「所得180万円」は、「収入から経費を引いたら、180万円残った」ということ。

 

所得税(総合課税)

  • 給与所得
  • 事業所得
  • 雑所得

これらの所得にかかる所得税は、以下の表で決まります。

所得税=課税される所得金額×税率-控除額

 

脱サラ1年目、給与400万円だった人

所得税については、脱サラ前の年収は関係なし。

給与がある間の所得税は、毎月の給与から引かれています。

 

脱サラ後に稼いだ所得にのみ、所得税が発生します。

稼いだ年の翌年3月に支払います。

 

脱サラ2年目、所得180万円だった人

去年の所得が180万円だった場合の計算です。

所得は180万円ですが、実際に課税される金額は、もっと減ります。

  • 医療費控除
  • 社会保険料控除
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 扶養控除
  • 配偶者控除
  • 基礎控除

などの控除が引かれるからです。

 

今回は、全員一律の金額が当てはまる基礎控除(38万円)のみ考え、

課税される所得=180万円-38万円=142万円

で計算します。

 

課税される所得金額142万円≦195万円なので、

所得税=課税される所得金額×税率-控除額
所得税=142万円×5%-0円=7万1000円

となり、月1万円を切ります。

 

ちなみに、課税される所得が280万円の場合。

195万円<課税される所得280万円≦330万円で、9万7500円の控除が発生。

所得税=課税される所得金額×税率-控除額
所得税=280万円×10%-9万7500円=18万2500円

となり、月1.5万円ほどですね。

 

所得税(分離課税)

  • FX
  • 投資信託など

これらの収入があると、所得税がかかります。

 

所得税=所得×15.315%

で計算できます。

 

投資の儲けから、手数料などの経費を引いた所得が60万円だったとすると、

所得税=所得×15.315%
所得税=60万円×15.315%=9万1890円

になります。

 

脱サラ後の住民税

脱サラ1年目、給与400万円だった人

 

脱サラ1年目の住民税は高い

会社員の住民税は、1年分を次の年の6月~さらに翌年5月まで、毎月払います。

つまり2018年分は、2019年6月~2020年5月まで毎月払うということです。

 

住民税は、昨年の所得に対して計算されるため、脱サラ1年目の人にとって高いのです。

 

タイミングの問題もあります。

たとえば、2020年3月退職なら、2018年3~5月分が退職時に一気に引かれます。

1月~5月の退職の場合、一昨年の分の支払いが残っているため、それも払う。

 

ここらへんのシステムは複雑です。

くわしく知りたい人には、以下のリンクがおすすめです。

退職・脱サラの翌年にかかるお金、住民税と国民健康保険。覚悟せよ!

退職した後の住民税っていくら支払うの?計算方法を解説

 

所得の計算

住民税を計算するため、まずは年収の400万円に対する所得を計算します。

給与所得=収入-給与所得控除

です。

 

給与所得控除は、この表によって決まります。

年収400万円という例の場合、収入360万円~660万円に当たります。

給与所得控除=400万円×20%+54万円=134万円

と計算できます。

 

よって、給与所得は、

給与所得=収入-給与所得控除
給与所得=400万円-134万円=266万円

266万円と計算できます。

 

住民税の計算

それでは、年収400万円に対する住民税を計算してみましょう。

年収400万円の会社員の所得は、266万円でした。

こちらも、実際に課税される金額はもっと減ります。

  • 医療費控除
  • 社会保険料控除
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 扶養控除
  • 配偶者控除
  • 基礎控除

などの控除が引かれるからです。

 

今回も、全員一律の金額が当てはまる基礎控除(33万円)のみ考え、

課税される所得=266万円-33万円=233万円

と計算します。

所得税の基礎控除は38万円だったが、住民税は33万円。

 

住民税は

  • 所得割
  • 均等割
  • 調整控除

の合計で計算されますが、所得割がほとんどです。

 

所得割=課税される所得×10%

です。

課税される所得は233万円なので、

所得割=課税される所得×10%
所得割=233万円×10%=23万3000円

です。

 

均等割=5000円 ※市町村によって少し変わる

なので、

住民税は以上の合計で、23万8000円

脱サラ1年目は、月あたり約2万円支払うことになります。

調整控除については、家族の状況によって変わる。今回は考えない。

 

脱サラ2年目、所得180万円だった人

去年の所得が180万円だった場合の計算です。

基礎控除(33万円)のみ考え、

課税される所得=180万円-33万円=147万円

と計算します。

 

住民税は、

  • 所得割…課税される所得の10%
  • 均等割…標準額5,000円

でした。

 

課税される所得は147万円なので、

所得割=課税される所得×10%
所得割=147万円×10%=14万7000円

均等割を足して、住民税は15万2000円になります。

月あたり12,667円の負担です。

 

住民税(分離課税)

  • FX
  • 投資信託など

これらの収入に対して、住民税がかかります。

 

住民税=所得×5%

で計算できます。

 

投資の儲けから、手数料など経費を引いた所得が60万円だったとすると、

住民税=所得×5%
所得税=60万円×5%=3万円

になります。

 

脱サラ後の社会保険

脱サラ後の国民年金

全員入らないといけません。

月々の支払いは収入関係なく、16,410円です。(平成31年度)

1年で196,920円になります。

 

収入が少ないなら、免除制度があります。

  1. 前年所得≦(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円→全額免除
  2. 前年所得≦78万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等→3/4免除
  3. 前年所得≦118万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等→半額免除
  4. 前年所得≦158万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等→1/4免除
扶養親族等控除額:家族を養うことで、確定申告で控除された金額。家族1人につき38万円。
社会保険料控除額等:前年に払った、国民年金・国民健康保険などの額
投資による所得が、ここでいう所得となるかどうかはケースバイケース。

 

脱サラ1年目、給与400万円だった人

大家族を養っているのでないかぎり、免除には該当しません。

1年で196,920円になります。

 

脱サラ2年目、所得180万円だった人

去年の所得が180万円だった場合。

扶養している家族がいるか、社会保険料等を22万円以上払っていれば、④。

1/4免除になります。

当てはまった場合は、1年で14万7690円です。

 

脱サラ後の健康保険

脱サラ後は、国民健康保険に入ることになります。

金額は、住んでいる市区町村によって変わります。

 

国民健康保険計算機が便利です。

自分の地域をえらんでフォームに入力。

国民健康保険1

脱サラしたあと、バイトなどをするつもりの人は、

「給与収入」

のところに入力します。

 

フリーランス・投資の収入は

「その他収入」

です。

投資の利益は、源泉徴収あり口座の場合、書かなくてよい

入力が終わったら、「計算する」をクリックで結果が見れます。

 

脱サラ1年目、給与400万円だった人

  • 給与収入400万円
  • 東京都、大田区
  • 39才以下、独身
  • その他収入なし

で計算してみると、

年収400万円会社員、脱サラ1年目

月2万円ほどという結果でした。

 

脱サラ2年目、所得180万円だった人

去年の所得が180万円だった場合の計算です。

  • その他収入180万円
  • 東京都、大田区
  • 39才以下、独身
「収入」とあるが、所得金額を入力で正しい

 

で計算してみると、

所得180万円、脱サラ2年目

月1万6000円ほど、という結果でした。

 

脱サラ後の税金・保険料

脱サラ1年目、給与400万円だった人

当ブログの試算では、年間で

  • 所得税…0円 ※
  • 住民税…23万8000円
  • 国民年金…19万6920円
  • 国民健康保険…23万6188円

となりました。

合計は、67万1108円です。

月あたり、5万5926円です。

※給与収入分は、会社員時代に支払い済み。脱サラ後に稼いだ分は翌年支払い。

脱サラ2年目、所得180万円だった人

去年の所得が180万円だった場合の計算です。

当ブログの試算では、年間で

  • 所得税…7万1000円
  • 住民税…15万2000円
  • 国民年金…19万6920円 ※免除に該当しない場合
  • 国民健康保険…19万1880円

となりました。

合計は、61万1800円です。

月あたり、5万0983円です。

ひつじ
ひつじ

めちゃくちゃ高いです!

 

やたら高いのは、所得180万円は案外高い設定であることによります。

月15万円なので少なそうですが、違います。

 

個人事業主なら、青色確定申告しています。

青色申告をしていると、65万円の控除が受けられます。

 

つまり「所得180万円」は収入なら「245万円以上」

月あたり5万円の税金は、月に20万円以上稼げている人の税金なのです。

 

青色申告をするには

これから青色申告をする人には、ソフトを使って書類を作るのがおすすめです。

「複式簿記」というのを作らないといけないのですが、簿記が分からないと無理です。

 

わたしは、初年度無料だったので、やよいの青色申告オンラインを使っています。

色々試そうと思ったのですが、使いやすいのでそのまま有料モードへ移行。

 

かんたん取引入力という機能があり、簿記が全く分からなくてもOKです。

かんたん取引入力

こういう画面に入力するだけで、「複式簿記」とやらができます。

オンライン上で処理できるので、PCの容量すら不要です。

 

2年目からは有料ですが、8000円なので高くないです。

青色申告するだけで65万円所得から控除されるので、それで元はとれます。

 

しかも初年度は無料なので、試す価値は間違いなくあります。

ぜひ見てみてください。

やよいの青色申告オンラインをみてみる(無料)

 

青色申告は、控除以外にもメリットがあります。

こちらの記事で、色々調べたことを書いてます。

興味がある人は見てみてください。

青色申告は事業収入なしでも必要!節税できます
今年は収入なしでしたが、青色申告することにしました。青色申告しないと、申請が取り消されるかもしれません。また再申請が通るかも分かりません。収入なしでも青色申告しておけば、損失を今年や来年の所得から差し引いて節税できます。