ビットコイン200万円は通過点! 計算の結果400万円超えも

金仮想通貨

こんにちは、ひつじ先輩です。

この記事では、ビットコインの予想価格を金(ゴールド)との比較によって計算します。

 

ビットコインは、200万円を超えます。

個人的には、1ビットコイン=454万円にいずれ達すると考えています。

 

強気すぎると思われるかもしれませんが、ビットコインの最初の値段は0.07円。

2019年9月現在は100万円を超えていますので、全然ありえる話です。

 

ビットコインは金と似ており、デジタルゴールドとも言われます。

似た性質の資産ならば、金がこれまで担ってきた役割の一部を奪うでしょう。

 

そこでこの記事では、金とビットコインの時価総額を比較

「ビットコインの時価総額が金の何%に達するか」に対応したBTC価格を示します。

 

たとえば、ビットコインの時価総額が金の5%に達すれば1BTC=200万円を超えます。

ビットコインは200万行く?

ビットコインと金は、以下の点で似ています。

  • 量が有限
  • 配当がない
  • 発行体がない
  • 価格に下限がある
似ている点・違いはページ後半「ビットコインと金の比較」で詳しく書きます

 

似た資産ならば、市場での最終的なポジションも似てきます。

金に流れていた資金の一部が、ビットコインに流れるようになるでしょう。

 

そこで、世界の金の時価総額およそ8兆ドルに注目しました。

「ビットコインの時価総額は金の何%に成長するか」に対応するBTC価格は以下です。。

BTC/金BTC総額BTC価格
5%0.4兆ドル227万円
10%0.8兆ドル454万円
15%1.2兆ドル682万円
20%1.6兆ドル909万円
25%2兆ドル1,136万円
30%2.4兆ドル1,363万円
35%2.8兆ドル1,591万円
40%3.2兆ドル1,818万円
45%3.6兆ドル2,045万円
50%4兆ドル2,272万円
55%4.4兆ドル2,499万円
60%4.8兆ドル2,727万円
65%5.2兆ドル2,954万円
70%5.6兆ドル3,181万円
75%6兆ドル3,408万円
80%6.4兆ドル3,636万円
85%6.8兆ドル3,863万円
90%7.2兆ドル4,090万円
95%7.6兆ドル4,317万円
100%8兆ドル4,544万円

 

ビットコインの時価総額が、金のわずか5%に達するだけでも1BTC=200万円を超えます。

 

こちらの図によると、個人が投資として持っている金は20%ほどです。

 

そのうちの半分に相当する時価総額にビットコインが達すれば、金全体の約10%。

つまり、BTC価格454万円くらいは全然ありえます。

 

計算条件などは、以下になります。

ビットコイン予想価格=ビットコイン時価総額/発行枚数
金の時価総額:8兆ドル、ドル円レート:107.93円、ビットコインの発行量:1900万枚

 

ビットコインと金の比較

ビットコインと金の違い

ビットコインと金の違いをまとめます。

 

①モノの有無

ビットコインはデータであり、手に触れられるモノはありません。

対して、金(ゴールド)にはモノがあります。

 

しかも、金には貴金属のほか、工業にもニーズもあります。

装飾品からスマホ・PCなどの電化製品まで、幅広く使われているのです。

 

盗まれにくさで比較すると、

銀行などに預けた金>ビットコイン>手元に持った金

といえるでしょう。

 

②希少性

ビットコインは、コピーできません。

しかし、似たようなコインを作ることができます。

これらはアルトコインと呼ばれ、ビットコインのシェアを奪うかもしれません。

 

一方、金は作れません。

今のところ、希少性についても金の方が高いでしょう。

 

③移動コスト

ビットコインはデータなので、移動コストが金より低いです。

 

④支払いに使える

ビットコインは、支払いに使えます。

金には価値がありますが、実用上支払いに向きません。

 

ビットコインと金の類似点

  1. 量が有限
  2. 配当がない
  3. 発行体がない
  4. 価格に下限がある

 

①量が有限

量が限られているため、価値があります。

また、そのうちに新たに手に入らなくなります。

 

供給がなくなれば、値上がり要因として働きます。

 

②配当がない

ありません。

持っているだけでは、価値を生みません。

売り買いしたときに損益を生みます。

 

③発行体がない

日本のお金であれば、日本が発行。

株式であれば、会社が発行。

 

しかし、ビットコイン・金にはそのような発行体がありません。

 

これは、一部の人に価格をコントロールされないメリット。

また、だれにも価格をコントロールできないデメリットでもあります。

 

④価格に下限がある

金を掘り出し、取引できるようにするにはコストがかかります。

2015年には金の生産コストは、1オンス約900ドルでした。

 

金の価格が下がり、900ドルより下になると金を掘るメリットが消失。

金の生産が止まると、市場に出まわる金が減り、価格が上がります。

 

理論上は、最低でも900ドルまでしか価格が下がらないのです。

 

これと同じことは、ビットコインにも起こります。

ビットコインの採掘コストは、1BTCにつき200~400ドルと言われています。

最低の価格は、そのくらいになるはずです。

 

200万円を超える理由

BTCチャート

2018年は下がり続けたビットコインですが、2019年4月からは上がりました。

 

2018年、個人投資家は損失まみれで仮想通貨を話題にする人も減りました。

もし買ってたら「やっちゃったね」という空気です。

 

そんな中で、新たに買いを入れた個人は少なかったはずです。

それなのに、2019年4月からビットコインは上がりました。

 

これは機関投資家、つまり法人が買ったからです。

 

機関投資家たちは、相場を動かすレベルの資金を持っています。

リスクをとって買いを入れた彼らは、現在の1BTC=100万円くらいで満足しないでしょう。

 

前回200万円を超えたときは、個人による買いがメインでした。

機関投資家が入ってきた今なら、さらに上を目指す可能性が高いです。

 

仮想通貨が上がる理由については、他にも記事を書きました。

仮想通貨はまだいける! 100倍はもう遅いが10倍は狙えます
仮想通貨はもう遅いのか。100万損しているわたしが、まだいけると思う理由3つ。100倍には遅いが、10倍ならいける。市場・ 認知度に伸びしろがあり、仮想通貨はいまだに発展途上。

ぜひ、読んでみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました