ギガライトとドコモWithの維持費比較! 最安は台数次第です

ドコモ最低維持費 節約

こんにちは、ひつじ先輩です。

携帯乞食歴3年のわたしが、ドコモの新料金プラン(ギガライト)の維持費について書きます。

携帯乞食はスマホを転売する副業。維持費が収支に直結する。

 

2019年6月から、ドコモの料金プランが

  • ギガライト
  • ギガホ

の2つになりました。

 

この新プランの維持費は、果たして安いのでしょうか。

これまでの最安維持費は、ドコモwithとシェアパックを使う方法でした。

 

そこで今回は、ギガライトの維持費とドコモWithの維持費を比べました

 

結論は、

  • 台数が少ないなら、ギガライトは安い
  • 台数が多いなら、ギガライトは高い

です。

 

台数が変わったときの料金の変化や、料金の内訳の表。

さらに安くする方法についても書きました。

 

ぜひ、読んでみてください。

スポンサーリンク

ドコモ新プラン維持費

2019年6月1日から、ドコモが新料金プランになりました。

 

シンプルになるので、

  1. ギガライト
  2. ギガホ

の2種類のみ。

 

SPモードや通話プランを別に契約する必要はありません。

維持費は、ギガライト・ギガホにかかる分だけです。

 

2019年6月1日から、月々サポート・ドコモWith・端末購入サポートの新規受付は終了。シンプルプラン・カケホーダイライト・カケホーダイも新規は終了。

 

1.ギガライト

ギガライトの料金

ギガライトの料金(引用元:ドコモ公式

使ったギガ数によって、料金が変わるプランです。

 

3GBまでの利用で、1台あたり月3,980円です。

1GBまでなら2,980円ですが、1GBで抑えるのはさすがにきびしいでしょう。

 

みんなドコモ割によって、家族で3回線契約すれば1台あたり1,000円下がります。

 

そうなると3GBまでの利用で、1台あたり月2,980円。

そこそこ安いかな、と言える数字になっています。

 

2.ギガホ

インターネットが、月30GBまで使い放題のプランです。

1台あたり月6,980円、高いです。

 

30GBを使いきったら通信速度が落ちますが、1Mbpsくらいでます。

現在の速度制限は128Kbpsなので、7~8倍速くなります。

動画はムリでも、LINEやSNSなどの日常生活への支障はでないでしょう。

 

こちらもみんなドコモ割で、家族で3回線契約すれば1台あたり1,000円下がります。

それでも月5,980円と高いので、節約したい人にはおすすめしません。

 

ギガライトは安い?

ギガライトは、これまでの最安維持費より安いのでしょうか。

2019年5月までは、ドコモWithとシェアパックを使うと維持費が最安でした。

 

そこで、

  • 通話は使わない
  • 月の利用ギガ数の合計が5GB以下

の条件にできるだけ合わせて、ギガライトとドコモWithを比べました。

 

結果は、

ギガライトドコモWith+シェアパック
1台月3,980円ー (シェアパック不可)
2台月4,960円月6,560円
3台月6,940円月6,840円
4台月8,920円月7,120円

となりました。

 

ギガライトは、台数が増えると素直に料金が上がります。

ドコモWith+シェアパックでは、台数が増えてもあまり料金が上がりません。

 

ギガライトの料金内訳へジャンプ

ドコモWithの料金内訳へジャンプ

 

台数が少ないと安い

台数が少なくて、ドコモを使いつづけたい人はギガライトに変えると安いです。

2019年6月から、変えられるようになりました。

 

1台のとき

表では書けませんでしたが、1台のときの2019年5月までの最安は、

  • シンプルプラン
  • ベーシックパック

で月に3GB以下に通信量を抑えると、月あたり5,280円。

 

ギガライトだと、同じだけ使っても3,980円。

1,300円安いです。

 

2台のとき

ギガライトは、2台で月あたり4,960円。

ドコモWith+シェアパックよりも、月あたり1,600円安いです。

 

台数が多いと高い

3台以上契約する人は、ギガライトに変えてもお得になりません。

すでにドコモWith+シェアパックの人は、放置でいいでしょう。

 

ギガライトの維持費

  • 通話は使わない
  • 月の利用ギガ数の合計が、5GB以下

の条件にできるだけ合わせ、ギガライトの維持費を計算しました。

 

ギガライト維持費(2台)

まず、家族2台でギガライトを使ったケース。

1台目(~3GB)2台目(~1GB)
ギガライト3,980円2,980円
みんなドコモ割-500円-500円
合計3,480円1,480円

合計は4,960円。

2台だと、みんなドコモ割で1台あたり500円割引になります。

 

ドコモWith+シェアパックでは、2台で月6,560円でした。

ギガライトの方が、1,600円安いです!

 

ただしこの計算は、

  • 1台目:月に1GB~3GB使う
  • 2台目:月に0GB~1GB使う

という想定です。

最大で、月に4GBしか使えません。

2台とも1GB~3GB使ったすると1,000円アップ。それでも従来の最安維持費より安い

 

ギガライト維持費(3台)

次に、家族3台でギガライトを使ったケースです。

1台目(~3GB)2台目(~1GB)3台目(~1GB)
ギガライト3,980円2,980円2,980円
みんなドコモ割-1,000円-1,000円-1,000円
合計2,980円1,980円1,980円

合計は、6,940円。

 

ドコモWithでは、3台で月6,840円でした。

ギガライトにすると、月あたり100円高くなります。

 

この計算は、

  • 1台目:月に1GB~3GB使う
  • 2台目:月に0GB~1GB使う
  • 3台目:月に0GB~1GB使う

という想定になっています。

仮にこの制限を1人でも破ってしまうと、さらに1,000円アップしてしまうので注意です。

 

ギガライト維持費(4台)

最後に、家族4台でギガライトを使ったケース。

1台目(~3GB)2~4台目(~1GB)
ギガライト3,980円8,940円
みんなドコモ割-1,000円-3,000円
合計2,980円5,940円

合計は8,920円。

 

ドコモWithでは、4台で月7,120円でした。

ギガライトにすると、1,800円も高くなってしまいます。

 

さらにこの計算は、

  • 1台目:月に1GB~3GB使う
  • 2台目:月に0GB~1GB使う
  • 3台目:月に0GB~1GB使う
  • 4台目:月に0GB~1GB使う

という想定なので最大6GB使えますが、1人でも使いすぎるとさらに1,000円上がります。

 

ドコモ光セット割

ちなみにギガライトは、ドコモ光セット割と組み合わせると安くなります。

自宅にインターネット回線があるなら、ドコモ光に変えると割引の対象になれます。

 

3GB~5GB使う回線が3台あるようなケースだと、割引額は月3,000円。

かなりメリットが出てきます。

 

しかし、先ほどの条件だと、

ギガライトドコモ光セット割なしドコモ光セット割あり
1台月3,980円月3,480円
2台月4,960円月4,460円
3台月6,940円月6,440円
4台月8,920円月8,420円

どのケースも、月に500円の割引です。

月に1GB~3GB使う回線が1台しかないので、割引が少なくなります。

 

それでも、

ずっと携帯はドコモを使っていく

という人であれば、長期的にはおトクになるでしょう。

 

ただし、今使っているインターネットが安いなら、ドコモ光の方が安いとは限りません。

今のインターネットの解約に、違約金もあるかもしれません。

そこは、注意してください。

 

「そもそも、インターネットの固定回線は必要か?」

についても含め、毎月かかるお金の節約する方法を記事にしました。

 

通信費以外にも、節約できることはたくさんあります。

固定費の節約は錬金術。今年も196,000円、ドブに捨てる?
固定費の節約について、カンタンな順で書く。めんどうかもしれないが、1回やるとずっと効果が続く。19万円の節約は、19万円稼ぐことと同じ。

ぜひ、読んでみてください。

 

スマホ転売で稼ぐ携帯乞食のまとめ記事へは、こちらから戻れます。

MNPはお得! 105万稼いだ携帯乞食が全情報を初心者向けに公開
携帯乞食の情報があれば、無料で携帯を使える・稼げる。副業にしたい人はもちろん、節約したい人にも。おすすめはAUへMNPすること。ブログ記事一覧へもここからアクセス。

 

ドコモWithの維持費

2019年6月からは、新しくドコモWithの契約はできません。

今すでに契約しているなら、継続はできます。

 

  1. ドコモWith(割引の名前)
  2. シェアパック(データ通信のプラン)
  3. シンプルプラン(通話のプラン)

この3つを組み合わせて、維持費を下げる方法です。

 

必須なのは、ドコモWithとシェアパック。

 

シェアパックでおトクにするためには、2台以上の契約が必要です。

家族もいっしょに、ドコモを使ってくれる

という条件さえ満たせれば、維持費を下げることができるでしょう。

どうしても1回線の場合は、やっぱり格安SIMを使うのが安いです。

 

シェアパックというのは、ここではベーシックシェアパックのこと。

 

家族で月に合計5GBまでなら、6,500円で使うことができます。

 

5GBさえ超えなければ、台数が多いほど1台あたりの料金は安いです。

大家族なら、かなり下げられます。

台数を増やすときは、1日に1名義2台まで。誰かの名義で3台買おうとしても2台までしか契約できない。

 

ドコモWith維持費(2台)

例えば2台なら、

1台目2台目
基本プラン(シンプルプラン)980円980円
SPモード300円300円
ベーシックシェアパック6,500円500円
ドコモwith-1,500円-1,500円
合計6,280円280円

合計は、6,560円。

1台あたりは、月3,280円です。

 

ベーシックシェアパックは、1家族で月に6,500円払えばOK。

2台目以降は子回線となり、パケット料金としては500円で済みます。

 

については、このあとで説明します。

リンクから飛べます

 

ドコモWith維持費(3台)

3台の場合は、

1台目2台目3台目
基本プラン(シンプルプラン)980円980円980円
SPモード300円300円300円
ベーシックシェアパック6,500円500円500円
ドコモwith-1,500円-1,500円-1,500円
合計6,280円280円280円

合計は、6,840円。

1台あたり、月2,280円になります。

 

ドコモWith維持費(4台)

4台の場合は、

1台目2~4台目
基本プラン(シンプルプラン)980円2,940円
SPモード300円900円
ベーシックシェアパック6,500円1,500円
ドコモwith-1,500円-4,500円
合計6,280円840円

合計は、7,120円。

1台あたり、月1,780円になります。

 

いずれの台数でも、2台目以降の維持費が安いこと。

そして、ドコモWithという割引が効いています。

 

次はその「ドコモWith」をうまく使う方法について書いていきます。

 

ドコモWithへ変更

ドコモWithで維持費削減

ドコモWithとは、対象機種を買うことで月々1,500円の割引を受けられるプランです。

買った時点で、翌月から割引されます。

 

 

月々1,500円の割引には、期限がありません。

一度契約すれば、あとは放置でいいのがメリットです。

 

条件は、ドコモWithの対象機種を買うことです。

割と少ない選択肢から買うことになります。

 

悲しいことに対象機種には、最新のiPhoneがありません。

 

それでも、

機体にはもっとこだわりたい!

という人も多いはず。

 

そこはちゃんと、好きなスマホを使う方法もあります。

わりとシンプルですので、ぜひ読んでいってください。

 

使いたいスマホを使う

ドコモWithの割引を受ける条件は、対象機種を買うことでした。

つまり、別に買ったスマホを使わなくてもいいのです。

 

方法は、

  1. ドコモWithのために買ったスマホに入っているSIMカードを取り出す
  2. ドコモで使える、自分の使いたいスマホにSIMカードを入れる

これだけで、使えるようになります。

 

SIMカードというのは、こういう見た目のやつです。

 

今ドコモを使っているのなら、今あるドコモのスマホを使い続けられます。

今ドコモを使っていないなら、

などで、「白ロム」と検索すると安いのがたくさん出てきます。

 

買ったドコモWith対象機種は、売ってしまえばOK。

メインのスマホが壊れたときの予備として、持っておくのもありです。

 

売る場合は、こちらの記事も読んでみてください。

スマホを売るときやること。知らないと1万円損する方法【郵送で楽】
携帯の転売をやっているわたしが、高くスマホを売るときにやること・注意点について書く。実は、検索してすぐ出てくる店舗の買取額は安い。郵送での買取なら場所を問わない。

高く売る方法について、まとめています。

 

機種変更は、ドコモショップではなくAmazonなどでスマホを買います。

ドコモショップの機種変更で対象でない端末を買うと、ドコモWithが消えてしまう
必ず、ドコモの回線で使える端末を買う

 

機体代金を節約する

ドコモWithの対象機種を使うにしろ使わないにしろ、買わないといけません。

どうせなら、安く買いましょう。

 

分割で買ってもいいのですが、せっかくの割引が消えてしまいます。

それに、支払う金額はとくに減っていないことがほとんどです。

 

機体を買うときは、一括で買いましょう。

 

スマホを一括で、安く買うための工夫はたった1つ。

いくつかのショップに電話をかける

これだけです。

 

スマホの販売金額は、ショップによって違うのです。

独自の割り引きをしているショップを探します。

 

コツは

  • キャリアの乗りかえなら、「MNPです」と伝える
  • 2台以上同時なら、「○台です」と伝える
  • できるだけ、たくさんのショップに電話する

ということ。

 

乗りかえ(MNP)は、安くなりやすいです。

店側としては、他のキャリアから客を奪えるというメリットがあります。

端末代金が、一括0円になることもあります。

 

さらに、台数も多いほうが安くなりやすいです。

まとめ買いが安いのは、なんでも同じですね。

 

できるだけたくさんのショップに電話をするのは、条件のいい店を選ぶためです。

5件~10件くらい電話すれば、割引をやっている店を見つけられるでしょう。

 

とはいえ、欲を出すとキリがありません。

定価の50%OFFくらいを目標にしましょう。

 

機種変更の場合

元々ドコモを使っていて、機種変更でドコモWith端末を買う場合は注意点があります。

 

それは、前回スマホを買ったときに

  • 端末購入サポート(スマホ購入時に機体代金を割引)
  • 月々サポート(毎月の料金から、機体代金として少しずつ割引)

を使っていないか、ということです。

 

どちらもスマホを安く買うための割引ですが、機種変をすると

  • 端末購入サポート→1年以内なら解除料がかかる
  • 月々サポート→2年間受け取れるはずの割引が消える

というデメリットがあります。

 

端末購入サポートを使ったのなら、前回スマホを買ってから1年以上経ったとき。

月々サポートを使ったのなら、前回から2年経ったときに機種変しましょう。

 

SPモードについて

SPモード(月300円)は、スマホをインターネットにつなげるのに必要なサービスです。

実は、Wifiしか使わないなら必要ありません。

 

しかし、ドコモWithでSPモードを外しても、その分割引が減ります。

割引1,500円が、1,200円に減ってしまうので、節約になりません。

 

ドコモWithを使っておらず、Wifiしか使わないならSPモードを外すのは節約になります。

Wifiでドコモオンライン手続きに接続するか、電話(151)で出来ます。

スマホからは外せないことがあった。パソコンからなら絶対外せる

 

ドコモの維持費

ドコモの新プラン維持費

  1. ギガライト
  2. ギガホ

の2種類。

 

1.ギガライト

使ったギガ数によって、料金が変わるプラン。

3GBまでの利用で、1台あたり月3,980円。

 

みんなドコモ割という割引で、家族で3回線契約すれば1台あたり1,000円下がる。

 

2.ギガホ

インターネットが、月30GBまで使い放題のプラン。

1台あたり月6,980円、高い。

節約したい人にはおすすめしない。

 

ギガライトは安い?

  • 通話は使わない
  • 月の利用ギガ数の合計が5GB以下

という条件で、ギガライトとドコモWithを比べた。

 

ギガライトドコモWith+シェアパック
1台月3,980円ー (シェアパック不可)
2台月4,960円月6,560円
3台月6,940円月6,840円
4台月8,920円月7,120円
SPモード・通話プランなどは含まれているので、別途で支払いは不要。

 

台数が少なくて、ドコモを使いつづけたい人はギガライトに変えると安い。

台数が多い人は、ギガライトに変えてもお得にならない。

 

ドコモ光セット割

ギガライトは、ドコモ光セット割と組み合わせると安くなる。

自宅にインターネット回線があるなら、ドコモ光に変えると割引の対象に。

 

3GB~5GB使う回線が3台あるようなケースだと、割引額は月3,000円。

かなりメリットがある。

 

今使っているインターネットが安いなら、ドコモ光の方が安いとは限らない点は注意。

 

  1. ゆみぞう より:

    ひつじ先輩さん

    とても勉強になりました。
    大手キャリアでもランニング費用が抑えられるのですね。
    どうしても、大手キャリアでランニング費用を抑えたいおじさんリーマンです。

    このやり方でご相談がございます。
    現在私はA○を使用しておりますが、今月31日までにMNPでソフバ○に変更を計画しておりました。
    機種がiphoneXR一括0円キャッシュバックがあるからです。
    でもランニング費用が高くて悩んでおりました。

    ですが3月中にドコ○iphoneXRに一括0円で変更し(これから探しますが)、4月にwith対象に機種へまた変更、sim入れ替えでiphonexrを使用しながら割引適用は可能でしょうか?

    このやり方は問題ありますか?

    ご回答いただけましたらたすかります。

    周りに相談できる人がいないのでこちらで相談しています。

    やはり日々使うスマホはお気に入りを使いたく考えております。

    以上です。

    家族は嫁、息子はドコ○でwithに加入できる条件です。

タイトルとURLをコピーしました