セミリタイア方法で再現性があるのは、労働→貯金→取り崩しだけです

セミリタイア

こんにちは、ひつじ先輩です。

再現性の高いセミリタイア方法は、労働して作った貯金を取り崩しすることです。

 

労働が嫌だからセミリタイアするのに、そのためには労働しなければならない。

絶望的ですが、事実です。

 

私自身、6年間も労働に耐えた上でセミリタイアしました。

 

ただし、別に労働を頑張る必要はありません。

大して昇給しないなら、頑張っても頑張らなくても同じです。

 

セミリタイア済みの私が、なぜ「労働→取り崩し」の再現性が高いのか解説します。

セミリタイアは取り崩し前提

順序は逆になりますが、なぜ取り崩し前提でセミリタイアすべきか解説します。

正確には、「取り崩し前提じゃないと、いつまでもセミリタイアできない」です。

 

セミリタイアは取り崩し前提

いつ、セミリタイアしたいですか?

 

正直言って、20年後や30年後ではないはずです。

一刻も早く辞めたいはず。

 

しかし仮に2,000万円あっても、配当だけではうまくやっても年収100万円。

食べていくのは厳しいです。

前提とした「安定的に年5%」だって、地味にすごい

 

かといって

ひつじ
ひつじ

副業で月に15万円稼げるようになったら辞める!

なんて、何年かかるか分かりません。

労働しながら副業でそれだけ稼ぐには、並み外れた才気・気力が必要でしょう。

 

わたしを含めた凡人が、10年も20年も労働を続けたくない。

だとしたらこれはもう、リスクを取るしかありません。

 

つまり、

投資・副業の収入<支出

の状態でも、仕事を辞めてしまうのです。

 

金は時なり

「時は金なり」という言葉もありますが、逆も然り。

私は、セミリタイアのための貯金を「時間」だと捉えています。

 

ここでさっきの、「貯金は時間」という話に戻ります。

投資・副業の収入<支出

でセミリタイアすると、貯金を取り崩すことになります。

 

このとき、

借金せず生き残れる月数=資産残高÷毎月の赤字額

です。

 

貯金が1,000万円で月の赤字額が10万円の場合、100ヶ月。

約8年、貯金が時間を稼いでくれます。

 

資産の取り崩しによって、投資収入が減るとしても5年は猶予があるでしょう。

 

貯金が尽きる前に自分の収入を育て、収支を黒字にすればいい。

わたしはそのように考え、投資・副業からの月収は3万でしたが仕事を辞めました。

 

リスクと必要金額

もちろん、リスクはあります。

 

貯金が尽きるまでに、収支プラスにするほど稼げないかもしれません。

病気になって、何もできない数年を過ごすかもしれません。

 

これらのリスクに対してできるのは、貯金をできるだけ増やして辞めること。

つまり、猶予期間を長く確保しておくことです。

 

自分の月々の出費はいくらで、猶予期間が何年欲しいのか?

セミリタイアに必要な資金額は、そこから計算することができます。

 

実際に辞めてみて、この作戦のもう1つの欠点に気づきました。

それは、貧乏セミリタイアは結構働くということです。

 

セミリタイア後が思ったより忙しかった話は、こちらの記事で書きました。

セミリタイアは暇? 1年経ったけど忙しすぎる
実際、セミリタイア生活で何をしているか紹介する。会社を辞めて1年になるが、暇どころか忙しすぎる。貧乏セミリタイアだと、結構働く。

ぜひ、読んでみてください。

 

労働でセミリタイアした

次に、セミリタイア資金を作る1番再現性の高い方法は労働だという話です。

これは、私の実体験から言っています。

 

資産の入手経路

私の資産の入手した方法の割合は、こんな感じです。

 

私は労働が心から嫌で、定時でばかり帰って投資・副業に明け暮れた人間。

それでも資産の半分以上は、労働と節約によるものとなりました。

 

手っ取り早く稼ぐ方法として、労働が優れているのは事実です。

耐えるのはしんどいですが、逆に耐えさえすれば一定の給料は振り込まれます。

 

対して、自分で作ったビジネスは丸一ヶ月かけて売上0なんてこともザラです。

ひつじ
ひつじ

私に投資・副業のセンスがなかったのかもしれませんが・・・

 

さらに、お金をカンタンに稼ぐ方法があったとて、いずれ知れ渡りライバルが増えます。

おいしい方法は、時間が経つとおいしくなくなってしまうのが常です。

 

ここからは、今まで私がやってきた

  1. 労働・節約
  2. 投資
  3. 転売
  4. ブログ
  5. 学生時代の副業

について解説していきます。

 

労働以外はあまり再現性がないので、あくまで参考として読んでみてください。

今でもできる内容もありますし、ヒントにはなるはずです。

 

1.労働と節約

労働で稼いだ金を節約で残し、貯金する。

主に、この基本的な動きでお金を増やしました。

 

特筆すべきことはありません。

特別頑張らなくても、耐えてれば給料が振り込まれるのがメリット。

デメリットは、とにかく耐えるのが辛いことです。

 

労働を頑張るかどうかはおまかせしますが、節約は絶対おすすめです。

 

理由は2点。

  1. ラクで確実
  2. 猶予が伸びる

 

1.ラクで確実

収入を1万円増やしても支出を1万円減らしても、増える貯金額は同じです。

ですが、収入を増やすよりも支出を減らすほうがカンタンです。

 

残業するのも昇給を目指すのも行動が必要ですが、節約は基本的に行動を止めることです。

「買わない」「出かけない」などを心がけるだけで、確実に達成できます。

 

2.猶予が伸びる

セミリタイア後に、借金なしで生きられる月数は、

借金せず生き残れる月数=資産残高÷毎月の赤字額

でした。

 

同じ1,000万円でセミリタイアしたとしても、

  • 毎月の赤字額が10万円なら、猶予期間は100ヶ月(8年)
  • 毎月の赤字額が5万円なら、猶予期間は200ヶ月(16年)

となります。

 

月に数万円でも、出費を減らす。

すると、早くセミリタイアできるだけでなく、その後の猶予期間も伸びるのです。

 

ゲーム的に言うなら、貯金額は「HP」で支出の減少は「防御力アップ」です。

 

最初はイヤかもしれませんが、慣れれば楽しさすらあります。

セミリタイアを目指すなら、絶対に節約はやりましょう。

年19万! 社会人におすすめの節約術まとめ。稼ぐよりラクです
年間19万円浮かせる節約術を解説する。年収はなかなか上がらないが、節約はカンタンにできることばかり。ブログ記事一覧へもここからアクセス。

 

2.投資

労働ほどではありませんが、わりと再現性あるのが投資です。

マイナスになる可能性もあるのがデメリット。

 

自分の場合は、FXのスワップポイント投資でまぁまぁの副収入になっていました。

スワップポイントは今、儲からないのでおすすめできないです。

 

私は、積立NISAとWealthnaviをやっています。

  • 月の投資額3.3万円未満→積立NISA
  • 月の投資額3.3万円以上→積立NISAで3.3万+残りをWealthNavi

とするのがおすすめです。

 

そのあたりは、こちらの記事にまとめました。

ウェルスナビと積立NISAは併用できない。両方やってみた
「積立NISA口座でウェルスナビ(ロボアドバイザー)をやる」という、最強の投資は存在しない。「積立NISAをやりつつウェルスナビもやる」という併用はできる。両方に投資中のわたしが両者を比較。なぜどっちもやるべきなのか書く。

ぜひ、読んでみてください。

 

3.転売

携帯乞食という転売の一種で稼いでいました。

 

転売系は、しっかりやればしっかり稼げます。

 

デメリットは、普通に疲れることです。

在庫を持ったまま値下がると利益が減るので、早く売りたいと焦る気持ちがあります。

携帯乞食の場合は、出かける必要もありました。

 

社畜をやりながらだと、頻繁にやるのは厳しかったです。

 

セミリタイア後は、転売にガチな友人の手伝いをしてます。

これがメインの収入になりつつあるので、ある程度知っておいてよかった分野です。

 

セミリタイア後の収入については、こちらの記事にまとめました。

副業の月収3万円なのにセミリタイアした! その後の収入源と金額まとめ
副業月収3万円でセミリタイアしたら詰むのか?現在の収入源はスワップポイント投資とブログ。今後は翻訳と転売もやっていく。収入実績を毎月更新。資産残高・配分も公開中。

ぜひ、読んでみてください。

 

4.ブログ

社畜をやりながらでも、ブログを頑張ればそれなりにアクセスされます。

再現性は、労働・投資の次に高いです。

 

このブログの場合は、180記事あって月1万円~2万円くらい稼げています。

金額がそれほど期待できないこともあり、ブログは別の活動と平行するのがおすすめです。

 

経験をネタにする

「ネットで調べた知識をまとめる」だけだと、すでに飽和していますし企業サイトに負けます。

「独自の経験」を前面に押し出した記事は、個人ブログでも読まれやすいです。

 

働いている業界もネタになりますし、副業も趣味もネタになります。

ブログだけやっているとネタが尽きますので、他の活動で「ネタになる経験」を集めましょう。

 

せめてSNSはやる

ブログを今すぐやるのは面倒でも、いずれやるのなら少なくともSNSを育てておきましょう。

 

ブログを始めてすぐは、検索エンジンからのアクセスは0。

書いた記事が全く読まれないのはつらいです。

 

検索から読まれなくても、SNSからのアクセスがあれば心が折れにくいです。

 

ブログとTwitterをセットでやるメリット、フォロワーさんの増やし方をまとめました。

Twitterとブログ連携。宣伝でPVは伸びない。2,700人増やす方法
Twitterとブログの連携の方法。記事が宣伝できるのはオマケです。ツイートからの流入は一時的なもの。Googleからの評価がよくなるのが最大のメリット。フォロワーを2700人増やす方法もまとめます。

ぜひ、読んでみてください。

 

5.学生時代の副業

学生時代の貯金は、私の現在の資産の約26%を占めています。

 

これは主にアフィリエイト。

あとは、節約・バイトです。

 

このアフィリエイトは、今では通用しない手法。

ですがちょっとした金脈でも、独占できると金になるのは確かです。

 

全く再現性はないのですが、金脈を見つけるコツを1つだけ書いておきます。

 

それは

マニアック・無駄なことに没頭する

です。

 

最初から金の匂いがする分野は、「金脈がないか」という目線で掘りつくされたあと。

何かアイデアを思いついても、先行者が必ずいます。

 

普通の人が興味を持たない沼の底に、手付かずの金脈が残っていることがあります。

 

ほとんどの場合は、何もないです。

わたし自身、一度しか掴んでいません。

 

ですが

ひつじ
ひつじ

これって金脈になるのでは?

という視点は、頭の片すみに持って生きて損はないです。

 

最後はぼんやりした話になってしまいましたが、この記事は以上です。

もっと具体的な脱サラの準備や、副業・投資についてはこちらの記事にまとめました。

絶対に再就職しない脱サラニート生活。準備~おすすめ副業
脱サラニートになりたい人は、どんな準備をするべきか。節約する・時間を作る・目標を立てる。後半では、ニート生活のおすすめ副業をまとめた。ある程度の資産ができれば、仕事は辞められる。

ぜひ、読んでみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました