【無料】キーワードプランナー ダウンロードCSV 自動ソートエクセルツール

ブログ

こんにちは、ひつじ先輩 (@baacash_)です。

キーワードプランナーのダウンロードCSVの分析を効率化する無料エクセルツールを作りました。

エクセルへの貼り付け、検索ボリュームでの降順ソートまで自動化します。

 

キーワードプランナーエクセルツール

 

キーワードプランナーのデータをエクスポートして分析するとき、CSVのままでは扱いづらい。

エクセルに貼り付けてソートしてから作業、って人は多いのではないでしょうか?

 

しかしその手順は、

  1. キーワードプランナーからCSVをダウンロード
  2. CSVを開く
  3. CSVデータをコピー
  4. コピーしたデータをエクセルに貼り付け
  5. エクセルの機能を使い検索ボリュームでソート

となります。

1つ1つはカンタンですが、書き出すと結構多いです。

 

本ツールを使うと、2~5がボタン1つで終わります。

 

得られたキーワードの検索結果も、ボタン1つで出せます。

ワンクリック検索には、Google Chromeが必要です

キーワードプランナーエクセルツール

ダウンロードは下記のリンクから。

どちらも無料です。

 

Google広告に課金して、詳細な検索数を取得できる場合は、「詳細版」を使ってください。

無課金の人は1つ目の「通常版」を使ってください。

 

機能は、

  • キーワードプランナーでダウンロードしたCSVのエクセル読込
  • 読込したデータを検索ボリュームでソート
  • 選択したセルに書かれたキーワードでのワンクリック検索

です。

 

うまく動かないときは、エクセルの設定のせいかもしれません。

エクセルの設定をクリックしてみてください。

 

CSVをダウンロードする

ツールを使っても省略できない作業なので、毎回やる必要があります。

「知ってるよ」って人は、「エクセルツールの準備」をクリックするとスキップできます。

 

まずキーワードのリストを、関連キーワード取得ツールなど好きな方法で入手しておきます。

 

CSVをダウンロードする (2)

設定が済んでいれば、キーワードプランナーを開くとこんな画面になります。

右側、「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックします。

 

CSVをダウンロードする2 (2)

中央の枠に、キーワードのリストを貼り付けます。

 

CSVをダウンロードする4 (2)

「開始する」をクリック。

 

CSVをダウンロードする5 (2)

右側のダウンロードボタンをクリック。

 

CSVをダウンロードする6 (2)

開いたオプションのうち、「プランの過去の指標」をクリック。

画面下側に、ダウンロードされたファイルが表示されます。

 

これで、キーワードプランナーのCSVダウンロードは終わりです。

当ページのキーワードプランナーエクセルツールを使う場合も、ここまでは毎回必要です。

 

ちなみにデータの中身を見るには、「^」をクリック。

CSVをダウンロードする7 (2)

開いたオプションのうち、「開く」をクリックすればデータが開きます。

 

エクセルツールの準備

はじめて使うときだけ、初期設定が必要です。

 

Excel分析ツールの準備 (2)

キーワードプランナーエクセルツールを開き、「Setting」のタブへ。

1ヶ所だけ、書き換えます。

 

CSVファイルを読み込むためには、ファイルの場所を知る必要があります。

ダウンロードされたCSVファイルがどこにあるのか、ツールに知らせる設定です。

 

エクセルツールの準備

CSVをダウンロードすると、画面下にファイル名が表示されます。

「^」マークが表示されるのでクリックすると、オプションが開きます。

 

開いたオプションのうち、「フォルダを開く」をクリック。

CSVがダウンロードされるフォルダが開きます。

 

Excel分析ツールの準備4 (2)

フォルダの場所は、ウィンドウの上部に表示されます。

「ダウンロード」の右側の余白をクリック。

 

Excel分析ツールの準備5 (2)

フォルダのパス(場所)が表示されます。

 

Excel分析ツールの準備6

表示されたパスを、分析ツールの「Setting」タブのC2のセルに貼り付けてください。

 

以上で、初期設定は終了です。

 

エクセルツールの使い方

機能は、

  • キーワードプランナーでダウンロードしたCSVのエクセル読込
  • 読込したデータを検索ボリュームでソート
  • 選択したセルに書かれたキーワードでのワンクリック検索

です。

 

1.ダウンロードしたCSVの読込

CSVのダウンロードを、「CSVをダウンロードする」に書いた方法で行います。

 

エクセルツールの使い方 (2)

キーワードプランナーエクセルツールに戻り、「Keyword」タブを選びます。

 

エクセルツールの使い方 (3)

「最新CSV読込」ボタンをクリック。

 

エクセルツールの使い方2 (2)

キーワードプランナーエクセルツールにCSVデータが読み込まれます。

検索ボリュームでの降順ソートも、自動で適用されます。

 

別のCSVをダウンロードして、もう一度「最新CSV読込」を押すとデータが更新されます。

Excelに書き込んだ内容は消えてしまう。残したい場合はエクセルツール自体をコピペで増やして使う

 

2.セルからワンクリック検索

ワンクリック検索には、Google Chromeが必要です

エクセルツールの使い方3 (2)

検索したいキーワードのセルを選択。

 

エクセルツールの使い方3 (3)

「選択セルで検索」ボタンをクリック。

Google Chromeが立ち上がり(タブが追加され)、検索結果が表示されます。

 

エクセル設定(通常不要)

うまく動作しないときは、エクセルの設定のせいかもしれません。

エクセルのマクロを使用しているため、マクロを使えない設定だと動きません。

 

こちらの記事を参考に、設定してみてください。

【エクセル初心者向け】VBAマクロを有効化するための初期設定
エクセルを単にインストールした状態では、VBAマクロが無効になっていて、マクロを使うことはできません。 そこで、今回はエクセルでVBAマクロを有効化するための初期設定を紹介します。...

 

サーチコンソールでも使えます

このツールでは、サーチコンソールからダウンロードしたCSVも読込できます。

 

使い方はこちらの記事にまとめました。

文字化け対策も! サーチコンソール ダウンロードCSV分析効率化ツール【無料】
無料。サーチコンソールからダウンロードしたCSVの分析を効率化するExcelツール。文字化け対策にも使えます。選択したセルに書かれたキーワードでのワンクリック検索機能もあります。

ぜひ、読んでみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました