インターネット業界のカラクリがよくわかる本

こんにちは、ひつじ先輩です。

「インターネット業界のカラクリがよくわかる本」という書籍を読んだので、特に興味深かったポイントを紹介します。

「業界人、就職、転職に役立つ情報満載」だそうです。

HaSoNeの法則

HaSoNeはハードウェア、ソフトウェア、ネットワークのこと。

HaSoNeの法則には3つの法則がある。

 

法則1:5Fに変化を強いる

5F(ファイブ・フォース)は新規参入業者、買い手、競争業者、売り手、代替品のこと。

HaSoNeの性能に変化があれば5Fもそれに合わせて変化せざるを得ない。

 

法則2:互いに変化を強いる

HaSoNeのうちいずれかの性能が向上したとき、その要素は他の要素に対して性能向上を促す。

特にHaSoNeのうち2要素の性能が向上した場合は、残る1つの要素の性能向上が強力に促進される。

 

法則3:パフォーマンスはボトルネックに依存する

HaSoNeは組み合わさって機能する。

全体のパフォーマンスは3要素の中で最も性能の低い要素に依存する。

 

HaSoNeの法則2の実例

90年代初め、マルチメディアパソコンが登場。

現在のパソコンのように、テキスト、音声、画像を一台で扱うことができる。

これはハードウェアの性能向上と捕らえることができる。

 

92年にはマルチメディアパソコン用メディアとして、CD-ROMが人気となった。

マルチメディアパソコンで扱えるコンテンツを記録できる。

これはハードウェアの性能向上によってソフトウェアの性能向上が促された結果と言える。

 

更にインターネットのWWWが登場し、ネットワークを介してコンテンツを楽しめるようになったが(ソフトウェア性能の向上)、ネットワークは高価で遅かった。

 

ハードウェアとソフトウェアの2要素がネットワークの性能向上を強力に促した結果、90年台初頭の通信速度9,600bpsは28,800bpsまで伸び(アナログの限界)、デジタル回線(128kbps)の定額制サービスが登場した。

 

90年台末には更に定額で低額、かつ高速のADSLが登場し、ブロードバンドの時代が始まった。(ネットワーク性能の向上)

 

アマゾンについて

通販型とマーケットプレイス型

アマゾンは主に2つのビジネスモデルを持っている。

 

1つは、自社で在庫を持ち注文があれば配送するビジネスモデル。

これを「通販型」という。

 

もう1つは、既に持っている販売システムをサードパーティに貸し出し、手数料を得るというビジネスモデル。

これを「マーケットプレイス型」という。

 

コストのリーダーシップ戦略

経済学者マイケル・ポーターによると企業の基本戦略は3つ。

  1. コストのリーダーシップ戦略
  2. 差別化戦略
  3. 集中戦略

 

1は業界全体において安さで勝負する戦略。

2は業界全体において特異性で勝負する戦略。

3は業界の特定のセグメントで①か②を行う戦略。

 

アマゾンの売上は2002年の39億ドルから10年で611億ドルまで大きくなっている。

しかしその営業利益率は一貫して低い(2012年は1.1%)。

これはITと物流に旺盛に投資しているである。

 

投資によって売上が増え続けているため、利益率を低くしても利益は大きくなる。

コストのリーダーシップ戦略を愚直に実行している企業であるといえる。

 

フリーミアム

課金ユーザから得られる利益で無料サービスを運営し、多くのユーザを集める戦略。

例えばドロップボックスは、ローカルのドロップボックスフォルダとクラウド上のドロップボックスフォルダを自動同期できるサービス。

課金ユーザは保存できるデータ量が多くなるようになっており、サービス全体は課金ユーザの支払うお金で提供されている。

 

位置ゲーのO2O

O2OとはOnline to Offlineのことで、オンライン上で集客してリアル店舗へ送り込むこと。

中でもコロプラの位置ゲーを用いたO2Oはユニークだ。

 

位置ゲーとはスマートフォンの持つ位置情報を用いたゲームだが、特定の場所へ行くことでアイテムを貰える。

これによってユーザをコロプラが提携する店舗などに誘導することができる。

 

ショールーミング

ショールーミングとは

前項で紹介したO2Oだが、オフラインからオンラインに顧客が流れる場合もO2Oという。(Offline to Online)

 

ショールーミングはこの意味でのO2Oの一例だ。

 

実際の店舗で買い物をする前にネットで下調べする、というスタイルは最早常識となった。

このような購買スタイルは、リアル店舗で商品を確認しネットで安く手に入れるというスタイルを生み出した。

これをリアル店舗がショールーム化することからショールーミングという。

 

グーグル・ショッパー

ショールーミングに拍車をかけるアプリがグーグル・ショッパーだ。

このアプリはリアル店舗のバーコードや表紙を読み込むだけで、最寄りのリアル店舗とオンラインショップの価格が表示される。

仮にオンラインショップが安ければ、その場でアプリから購入すれば、購買完了となる。

 

 

タイトルとURLをコピーしました