転職は無理ゲーだけど今の会社は辛い。それでも人生を少しマシにする方法

モンスター社員

こんにちは、ひつじ先輩です。

「転職は無理ゲー」と思う人向け。

今の会社のまま、少しでも人生をマシにする方法を書きます。

 

会社、行きたくない

そう思っていても、転職はカンタンではありません。

 

世の中、転職している人はたくさんいます。

とはいえ、誰でもうまくいく訳でもないし、行動できる訳でもないです。

 

わたしは、「転職は無理」と判断して7年目を迎えました。

転職をあきらめたら、合わない会社で生きていかないといけません。

 

それでも少しでも人生をマシにするには、会社で過ごす時間を減らすのが一番です。

 

転職が無理ゲーである理由と、労働する時間を減らす方法を書いていきます。

転職は無理ゲー?

転職が無理ゲーな理由は、

  1. そもそも忙しすぎる
  2. 人間関係に疲れている
  3. 年収が上がらない
  4. オファーが現職関連ばかり

の4つです。

 

転職は、厳密には無理ではないです。

しかし私も含め、上記のような理由がきびしい人にとっては無理ゲーだと言えます。

 

1.そもそも忙しすぎる

転職の理由が忙しさ、という人も多いはず。

疲れているから辞めたいのに、転職という疲れる活動を追加でこなす。

 

これを自分で続けられる人は、それだけでも体力がある側の人間です。

 

わたしを含めた、バイタリティーがない側の人にとって、転職は無理ゲーです。

ひつじ
ひつじ

休日に面接をやってくれる会社=休日に仕事がある会社、ですし・・・

 

2.人間関係に疲れている

人間関係を変えるために転職したい人も多いはず。

 

転職活動では、面接が避けられません。

 

面接は、他人に品定めされる場。

緊張が伴いますし、嫌な質問や難しい質問もあります。

 

対人のキャパを使い果たしている人にとって、面接はかなりキツいでしょう。

ひつじ
ひつじ

それに、人間関係が良くなるかどうかって、
次の会社で働きはじめるまで分かりませんよね・・・

 

3.年収が上がらない

転職サイトに登録すると、

くま
くま

年収400万円~800万円!

などと、夢のある数字のオファーが届きます。

 

しかし、これは信用しちゃいけない数字です。

 

ひつじ
ひつじ

年収800万いけるかも!

と採用をやっている友人に言ってみたところ、

下限で見ろよw
上限なんて出すわけないだろ、頭お花畑かな?

と煽られました。

 

わたしは今の年収が500万円くらいなのですが、下限でみると年収が下がるオファーばかり。

大変な転職活動をして、下手すれば年収が下がるとは。

 

選べば高年収のオファーもありますが、そうなると少ない選択肢から内定しないといけません。

別の意味での無理ゲー感があります。

 

4.オファーが現職関連ばかり

転職サイトに登録すると、現職と似た仕事ばかりオファーされます。

企業は経験者が欲しいので、これは当然のことです。

 

しかし、現職の仕事内容がイヤな人は多いはず。

このミスマッチも、転職をむずかしいものにしています。

 

ひつじ
ひつじ

わたしも電気系が嫌で転職したかったのに、電気系ばかり。
もしくは営業。

 

転職 無理かもと思ったら

「転職は無理かも」と思ったら、今の会社に留まるしかありません。

 

25歳~29歳の転職経験者は、35.3%という結果が出ています。 約3人に1人は転職を経験している(引用元:20代で転職する人の割合はどれくらい?)

3人に1人が転職しているなら、3人に2人は転職していません。

 

じゃあ3人中2人が今の会社に満足しているかというと、そうではないでしょう。

だいたいの人は、不満を抱えつつも我慢して今の会社に行ってます。

 

とはいえ、転職を検討したほどの人は、特に不満が大きい。

会社のことを考えるすら、苦痛だったりします。

 

転職せずに少しでも人生をマシにするには、会社で過ごす時間を減らすのが1番です。

 

  1. 有給をもっと取る
  2. 残業を減らす

の2つ、紹介します。

 

1.有給をもっと取る

20日与えられた休暇のうち、10日しか使えていないのが、一般的な日本人労働者です。

数日でも取得を増やせば、数日分だけ会社で過ごす時間を減らせます。

 

まず抑えておきたいのは、

  1. 会社は有給申請を拒否できない
  2. タイミングは変えさせられる
  3. 有給申請に理由は不要

という、3つの事実です。

 

有給休暇は、法律で定められた権利です。

有給を取るのは当然であって、甘えでもわがままでもありません。

 

休むことで他者の迷惑にならない努力は、可能な限りでOK。

業務に支障がでたとしても、有給が取れない環境に問題があります。

 

「辞めようか」とまで考えた会社です。

多少、評価や人間関係を犠牲にしてでも、有給取得を増やしていくのは1つの選択肢です。

 

わたしは入社以来、有給を全消化してきたモンスター社員です。

強気で行けば、違法なブラック企業でないかぎり有給は全消化できます。

 

有給にまつわるルールや、取りたいときの話し方はこちらの記事にまとめました。

有給を使い切る方法。モンスター社員7年目スキル、全部書きました
有給を使い切る方法をモンスター社員が解説。有給1日には16,448円の価値があり、20日余らせると約32万円の損失。全部使うための基礎知識・話し方・心構えをまとめた。

全消化までは狙わない人も、取り入れられる部分があるはずです。

ぜひ、読んでみてください。

 

2.残業を減らす

1日あたりの労働時間を減らしましょう。

 

嫌いな会社で過ごす1日は長く、定時すらなかなかに遠いものです。

その上、残業なんてしたくないと思うのは当然。

 

しかし残業の量は、仕事の量と人員によって決まります。

自分の仕事を早く終わらせても、仕事を振られるだけなので意味はありません。

 

有給であれば取得の権利がありますが、残業は指示されれば拒否できません。

明確に指示されたら、残業するしかないのです。

 

残業を減らすために誰にでもできるのは、「残業の指示がないなら帰る」ことです。

業務に多少の支障はでるかもしれませんが、自主的に残業している人は多いはず。

これだけでもそこそこ、残業を減らせるでしょう。

 

業務を抱え込んでおけば、新たな仕事を振られそうになったとき、

ひつじ
ひつじ

○○が終わっていないので、できません

と断るチャンスも残せます。

 

わたしは残業を年々減らし、昨年は”年間”残業時間10時間以下を達成しました。

残業をしないための心構え・テクニックはこちらの記事にまとめています。

残業しないためには、仕事を終わらせてはいけない
あと30年残業するの?残業をしないたった1つの方法を書きます。残業をしないためのテクニックも。あなたが残業をしているのは、あなたがそれをえらんでいるから。「残業するから仕事が終わらない」ことを理解すれば、仕事量は減らせる。

 

残業を0時間に近づけるには、”仕事を振られないように”するしかありません。

そこまで行くと失うものもありますが、得るものは大きいです。

 

転職が無理でも

まとめます。

 

転職は無理ゲー?

  1. そもそも忙しすぎる
  2. 人間関係に疲れている
  3. 年収が上がらない
  4. オファーが現職関連ばかり

 

転職は、無理ではない。

しかし私も含め、以上のような理由がきびしい人にとっては無理ゲー。

 

転職 無理かもと思ったら

辞めたいと思うほどの会社を続けるのは、苦痛。

今の会社を辞めずに少しでも幸せに過ごすには、会社で過ごす時間を減らすのがよい。

  1. 有給をもっと取る
  2. 残業を減らす

の2つ、やり方を紹介した。

 

ここまで紹介したのは、会社への貢献よりも個人の幸せを優先する生き方です。

そうした生き方にも興味があれば、以下のまとめも覗いてみてください。

 

完全にモンスター化しなくとも、部分的に取り入れられることで楽になるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました