固定費の節約は錬金術。今年も196,000円、ドブに捨てる?

固定費の節約は錬金術。今年も196,000円、ドブに捨てる? 節約

こんにちは、ひつじ先輩です。

この記事では、固定費の節約について書きます。

 

固定費の節約は、

  • 使う水を減らす
  • 電気をこまめに消す
  • お菓子を我慢

といった、1回で数円~100円にしかならないような節約ではありません。

 

これらもやらないよりは節約いいですが、手間の割にお金は貯まりません。

しかも毎日、常に気をつけて生活することになります。

 

そんな生活では、ストレスがたまります。

ストレスでたまにゼイタクをして、節約した分以上を使ってしまうのがオチです。

 

そこでまずやるべきなのが、定期的に出ていくお金を節約することです。

  • 家賃
  • 保険料
  • 通信費

などが定期的に出て行くお金、固定費です。

 

毎月かかるお金を16,000円ほど削れば、年間196,000円の節約になります。

196,000円の節約は、196,000円稼ぐことと同じです。

 

さらに、固定費の節約は努力を続けなくてOK。

「契約を変更する」という作業が主です。

1回やるだけでずっと、使えるお金が増えます。

 

そろそろお金を貯めなければ。

と思っている人は、まず固定費を見直しましょう。

固定費①家賃の節約

固定費①家賃の節約

家賃の節約というといきなりハードルが高いですが、やる価値はあります

誰でもすぐにできる方法ではないので、タイトルの節約額には含めていません。

すぐには難しいかもしれませんが、引っ越しなどの機会に思い出していただければ幸いです。

 

実家に住む

実家が持ち家なら、実家に住みましょう。

両親との関係や職場との距離など、クリアすべき課題も多いですが効果は大きいです。

 

①家にお金を入れないケース

太っ腹な親なら、タダで住ませてくれるかもしれません。

 

家賃がないメリットは絶大です。

月7万の家賃がタダになれば、年間84万円の節約。

さらに電気・水道などの光熱費が今、月2万かかっているなら年間24万円の節約です。

 

②家にお金を入れるケース

タダで住ませてもらうのが理想ですが、たいていの場合は

少しはお金入れてよ!

と言われると思います。

 

というかさすがに

申し訳ないので少しお金を渡そうかな?

という思いもあるかもしれません。

 

それでも、実家に住むメリットはあります。

 

まず、1人暮らしで家賃・光熱費を払うよりは高くなることはまずないでしょう。

2人以上で住んで、コストをまとめた方が安くなります。

これを、スケールメリットといいます。

 

さらに、親に金を払っても家のお金は減りません。

家族の中で、お金が移動しただけです。

 

長期的に考えれば、親の資産が残るほどあなたが豊かになる可能性も上がります。

親が貧しい老後を過ごすことになれば、経済的な助けが必要になるかもしれません。

 

わたしは実家に、毎月4万円払っています。

食費、水道、光熱費など、すべて込みでこれだけです。

 

仮に親に月8万円払ったとしても、1人暮らしよりはまず安いです。

 

自分で用意する

実家に住めない、住みたくない場合です。

 

賃貸でも持ち家でも、固定費を節約するなら、

  1. 小さい部屋
  2. 移動手段がある

ところを選びましょう。

 

1.小さい部屋のメリット

家賃が安くすみます。

さらに、小さい部屋だとスペースがないです。

余計なものを買わなくなります。

 

2.移動手段があるメリット

駅やレンタカーが近くにあるということです。

車を持たずに生活できます。

 

車は、買うのも維持するのも大きなコストがかかります。

レンタカーは高いイメージですが、たまにしか使わない車を持つより安いです。

 

移動手段さえあれば、車なしで生活できます。

 

固定費②車の節約

固定費②車の節約

車は高いです。

  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • 自動車税
  • 自動車保険
  • 車検

人によって大きく変わりますが、各項目で年に数万円はかかるでしょう。

車を持たなければすべて0円にできるので、持たないのが理想です。

 

とはいえ、通勤や子供の送り迎えといった事情で、持つしかない人も多いです。

 

わたしも通勤のため、やむなく車を持っています。

持たないことに勝る節約はないのですが、節約の工夫はしています。

  1. 小さい車に乗る
  2. ネットの保険にする

の2つです。

 

1.小さい車に乗る

小さい車にするだけで、ガソリン代や税金を節約できます。

通勤も送迎も、大きな車は必要ありません。

休日の遠出なら、レンタカーを使いましょう。

 

2.ネットの保険にする

わたしは、自動車保険をネットで切り替えただけで年間2万円を切りました。

保障の内容は、そのままです。

通勤にしか使わないので、走行距離が短いのがよかったようです。

 

私はSBI損保ですが、どこが最安かは人によると思います。

1社ずつ見積もりするのは大変なので、一括見積もりがラクです。

デメリットは、各社から一気にメールが来てちょっとウザいことです。

保険を選んだあともしつこくメールを送ってくるところがあれば、配信停止すればOKです。

節約額:年3.1万円

 

固定費③保険料の節約

固定費③保険料の節約

今の保険を、窓口や営業を通して契約したのなら、保険も見直しましょう。

 

ネット経由で探すだけでも、今より安いものが見つかります

 

しかし一番の節約はやはり、やめてしまうことです。

どんな保険が必要かは人による部分が大きいですが、生命保険は不要なことが多いです。

 

独身なら、自分がいなくなったあと誰かの生活を支える必要はないはず。

自分は、自動車保険・医療保険だけ入っています。

 

独身じゃなかったとしても、年金制度には入っていますよね。

国民年金だけで、子供が1人いれば年間100万円、残された家族は受け取れます。

会社員で厚生年金にも入っていれば、さらに何十万か上乗せされます。

 

手厚すぎる保障をかけていないか、生命保険に限らず確認しておきましょう。

節約額:年4.8万円。(30代男性の平均生命保険料加入率は約8割。)

 

固定費④税金の節約

固定費④税金の節約 (2)

かなりメジャーになってきたのが、ふるさと納税です。

全員におすすめ、というかやってない人は損をしている状態です。

 

ふるさと納税では、自治体へ寄付するとお礼の品がもらえます。

「寄付した金額ー2,000円」分だけ税金が安く※なります。

※今年の所得税から還付、来年の住民税は控除

 

2000円でお礼の品をもらえるということです。

ワンストップ特例制度により、確定申告なしでもできるようになりました。

 

やり方は、

  1. 控除の上限額をシミュレーション
  2. 欲しいお礼の品を選んで、寄付金を支払う
  3. ワンストップ特例制度の書類を送る

です。

順に書いていきます。

これは毎年やらないといけない節約ですが、効果は大きいですよ。

 

1.控除の上限額

払うはずだった税金が減る仕組みなので、所得によって寄付できる金額が異なります。

この金額を超えた寄付は控除しようがないので、純粋な寄付になります。

 

控除される金額の目安としては、この表のようになります。

自分の年収独身・共働き夫婦 ※
300万円27,00018,000円
400万円41,00032,000円
500万円60,00047,000円
600万円76,00067,000円
700万円107,00084,000円

※パートナーに収入がなく、あなたが配偶者控除を受けている場合。

さとふるの「控除額シミュレーション」で、もっと正確に計算できます。

 

2.お礼の品を選ぶ

さとふるの最新ランキングを見ると、肉・魚介などうまそうなモノが並んでいます。

 

しかし、ここでゼイタクをしてしまうと節約になりません。

安く、いい肉が手に入るだけです。

 

普段から買っているものを選べば、使うはずだったお金を節約できます。

 

わたしはもともと、毎日ペットボトルの水を買っていました。

そこでふるさと納税では、大量の水をもらって水代を節約しています。

 

例えば、「大山山麓の天然水「結(ゆいのみず)」48本セット」を選んだとします。

大山山麓の天然水「結(ゆいのみず)」48本セット

これを5万円分もらったとしたら、

48本×5=240本

もらえます。

 

実質の負担は、2,000円です。

1本あたりの値段は、

2,000円÷240=8.33円

なんと1本が、10円以下で買えてしまうことになります。

 

100円で水のペットボトルを買った場合との差額は、90円以上。

240本あるので、

90円×240本=21,600円

実質負担額の2,000円を考えても、2万円ほど節約になります。

 

お礼の品はゼイタク品ではなく、日常的に買うものにしましょう。

節約額:約2万円

 

3.書類を送る

確定申告をしている人は、確定申告で寄付金控除を書けばOKです。

確定申告をしない人の場合は、「ワンストップ特例制度」を使います。

 

制度を利用するといっても、書類を送るだけです。

  • 寄付金税額控除に係る申告特例申請書
  • 本人確認書類のコピー

これらの書類を、寄付した相手の自治体に送ります。

申請書はさとふるのマイページからダウンロードできますよ。

 

詳しくは「ワンストップ特例制度とは?」が分かりやすいです。

 

固定費⑤電気代の節約

固定費⑤電気代の節約

電気代の節約といっても「電気をこまめに消す」といった話ではありません。

電力が自由化され、電力会社も選べるようになりました。

 

安い電力会社に変えるだけで、電気代は下がります。

 

しかも、「電気を送る」という部分は旧来の電力会社がやってくれます。

電力会社を乗りかえしても、電気の質・停電の起こりやすさなどは変わらないということです。

 

特に手数料もかかりませんし、契約の違約金なども発生しない会社がほとんどです。 ※

※発生する会社もたまにある。契約前に確認

 

わたしも最近、電力会社を乗りかえしました。

年間、25,623円の節約になる見込みです。

実家暮らしで、3人家族

 

新電力のデメリットや電力会社の変更の仕方については、記事を書きました。

デメリットは料金!? 新電力に変更した電力会社員が解説
旧電力会社で働くわたしが新電力のデメリットについて書く。デメリットは、高くなることもある・違約金がある・検針票がない・支払い方法が減ること。電力の質は落ちないし特に停電も起きないが、電気代は5.4%節約に。

ぜひ、読んでみてください。

 

節約額:年1万円 (使用電気量が少ない想定)

固定費⑥スマホの節約

固定費⑥スマホの節約

スマホ代も節約しましょう。

 

できることは4つ。

  1. 月額課金を節約
  2. 通話料金を節約
  3. 大手キャリアで節約
  4. 格安SIMで節約

カンタンな順で、書いていきます。

 

1.月額課金を節約

  • スマホを買ったらついてきたオプション
  • なんとなく契約した月額会員

使っていないなら、外してしまいましょう。

 

各社のマイページで、料金・契約内容が確認できます。

 

ちなみに、月額会員系サービスはスマホ料金として引き落とされるものだけではありません。

クレジットカード明細・通帳もチェックしておきましょう。

 

2.通話料金を節約

スマホの通話料金は、基本的にムダです。

今はもう、LINEがあります。

 

通話プランは、できるだけ安いものにしましょう。

ドコモで言うと、カケホーダイ・カケホーダイライトプランはいりません。

 

メリット・やり方はこちらの記事でまとめています。

シンプルプランのススメ、まだカケホーダイの人へ
今回は、ドコモのシンプルプランについて書きます。 シンプルプランはカケホーダイライトなどと同じ、基本プランです。 カケホでない、ということで電話をかけると30秒で20円かかります。 このプランのメリットは、...

ぜひ、読んでみてください。

 

3.大手キャリアで節約

大手キャリアを使うなら、ドコモがおすすめです。

通話をあまり使わないシンプルプランと合わせて、シェアパックを組むと安いです。

 

2台で契約しても、

1台目2台目
基本プラン(シンプルプラン)980円980円
SPモード300円300円
ベーシックシェアパック6,500円500円
docomo with(対象機種なら割引)-1,500円-1,500円
合計6,280円280円

1台あたりの固定費は、3,280円。

そこそこ安いです。

 

1台あたりの固定費は、台数が多いほど安くなります。

3台目を追加しても、月にかかるのは280円。

1台あたり、月2,280円になります。

 

docomo withの割引を受けるには対象機種のしばりがあるが、2018年8月からは「iPhone 6s」も対象に

 

ドコモの維持費の節約法については、記事を書きました。

ドコモwithで維持費0円はムリ。携帯乞食が最安280円を解説
ドコモwithを使って維持費を下げる方法。家族3人分を最小で月7,000円(子回線は280円)に。年間13万円もの節約が見込める。メンドウだが、一度変えてしまえばメンテナンス不要。ドコモwithとシェアパックを活用する。

ぜひ、読んでみてください。

 

4.格安SIMで節約

多少通信速度が遅くなるかもしれませんが、可能なら格安SIMに乗りかえましょう。

 

  • 月3GB使う
  • SMS機能を使う
  • 通話機能なし(データSIM)
  • 今あるスマホを使う

という条件で、調べてみました。

 

特に安いところは3社です。

DMMモバイルマイネオエキサイトモバイル
3GBの利用料850円 ※1900円 ※2900円
SMS機能 ※3150円0~180円 ※4140円
合計1,000円1,020円1,040円
ドコモ端末OK
ドコモ以外OK
対応端末リスト公式ページ公式ページ公式ページ

※1:2019年1月15日までに登録したら、9ヶ月半額
※2:ソフトバンク回線を使う場合、990円
※3:アプリの本人確認などで必要な機能
※4:au回線→無料、docomo回線→120円、softbank回線→180円

 

大手キャリアの2年縛りの切れ目に切り替えれば、違約金も節約できます。

逆に格安SIMを解約するときは、データSIMなら違約金はかかりません。

 

スマホに月8,000円払っていた人が、月1,000円しかかからなくなれば、7,000円の節約。

 

新規の登録手数料に3,000円かかるとして、

7,000円×12ヶ月-3,000円

なので81,000円の節約になります。

節約額:年8.1万円

 

DMMモバイル

9ヶ月半額というのもあって、一番安いのはDMMモバイル

 

安いだけでなく、速さにも期待できる機能があります。

どの会社でも、その月の通信容量を使いきると通信が遅くなります。

DMMモバイルでは、低速状態でも読み込み始めの一瞬だけ高速で読み込みます。

これがあることで、ウェブサイトやSNSは低速状態でもそこそこ使えます。

 

DMMモバイルは基本、ドコモの端末にのみ対応しています。

今持っている端末がドコモの端末なら、そのまま使えるということです。

 

AU・Softbank端末でも使えることもありますが、電波の周波数が一致しません。

端末本来の実力は、制限されてしまう可能性があります。

 

マイネオ

マイネオは、今回比べた中では2番目に安いです。(ドコモ回線の場合)

 

マイネオがすごいのは、

  • Aプラン・・・AU回線
  • Dプラン・・・Docomo回線
  • Sプラン・・・Softbank回線

の3種類があること。

 

つまり、今持っているスマホをそのまま使える可能性が高いです。

端末を買わずに済むのは、かなりの節約になります。

今の端末が使えるかどうかは、対応端末リストで確認できる

 

プリペイドパックを使えば、自分のスマホで試してみることもできます。

それぞれ、216円(税込)です。

 

契約する前に使用感を確認できるので、

契約したら低速すぎた

ということを避けられます。

残念ながら、ソフトバンク回線のプリペイドパックはないようです。

 

マイネオ

  • 大手3社のプランに対応
  • お試しもできる

ということで、特にAU・Docomo端末を持っている人におすすめです。

 

エキサイトモバイル

定額3GBという条件での比較では、エキサイトモバイルは3番目に安かったです。

 

しかし月によって通信量が変わる人は、エキサイトモバイルの「最適料金プラン」が一番安いでしょう。

 

最適料金プランは、従量制に近いです。

500MB630
1GB660
2GB770
3GB880
4GB1,150
5GB1,450

といった料金設定です。

例えば1.5GBしか使わない月があったら、その月は770円で済むということです。

 

エキサイトモバイルは基本、ドコモの端末にのみ対応しています。

今持っている端末がドコモの端末なら、そのまま使えるということです。

 

AU・Softbank端末でも使えることもありますが、電波の周波数が一致しません。

端末本来の実力は、制限されてしまう可能性があります。

 

固定費⑦通信費の節約

固定費⑦通信費の節約

PC用の回線も、節約できます。

  1. スマホのテザリング
  2. モバイルWifiを使う
  3. 携帯回線とセットに

順に書きます。

 

スマホのテザリング

テザリングとは、(中略)スマートフォンなど)を外付けモデムのように用いて、他のコンピューター等をインターネットに接続すること(引用元:テザリング

Youtubeなどの動画は観ない、通信量・スピードを求めない場合。

いっそネット回線は解約して、スマホのテザリングを使いましょう。

 

モバイルWifiを使う

最高のネット環境まではいらないけど、そこそこ強いネットが欲しい場合。

モバイルWifiなら、動画も大丈夫。

外でも使える分、ノートPCを外で使う人なら家の固定回線より便利です。

 

携帯回線とセットに

  • 家で動画をガンガン観る
  • 最高速度で読み込みたい

という場合です。

 

携帯回線、家の固定回線をセットにすると安くできます。

たとえば、ドコモ光とシェアパック5GBを組み合わせると、月800円安くできます。

 

維持費も安くなりますが、大きいのは契約時の割引です。

dポイントが最大10,000ポイントもらえ、少なくとも2019年5月6日まで工事費も無料です。

 

さらに、代理店ごとのキャッシュバックもあります。

たとえば、ビジョナリーという代理店では、さらに5,000円キャッシュバック

最大15,000円となっているが、それはひかりTVの契約が必要。節約にならない。

 

携帯回線とセットにするデメリットは、スマホ・ネットの片方を解約すると割引が消えること。

同時に解約しようにも、契約の切れ目がずれていることがほとんどです。

 

例えば、

「スマホを解約して割引がないのに、ネットの解約は待たないといけない。」

といったことになる可能性があります。

 

固定費⑧カードで節約

固定費⑧カードで節約

色々な支払いを、高還元率のクレジットカードにまとめましょう。

お金を使うごとに、ポイントがつきます。

切り替えさえしてしまえば、あとは無意識に節約できます。

 

出費が少ない人でも、年間数千円の差に。

 

多い人なら、万単位の差になります。

ひつじ
ひつじ

でも、そんな人は出費を削るのが先かも

節約額:年0.6万円 (還元率1%で年間60万決済した想定)

 

「買わない」という節約については、記事を書きました。

何も買わない節約は失敗する。お菓子くらい全然OKです
買わない節約に失敗する原因は、すべてを我慢しようとするから。安いものは買っていい。高いものを買わない、大きい買い物こそ節約する。というのが基本方針。買わない節約を続けるための考え方・で買わないものについて書く。

ぜひ、読んでみてください。

 

あくまで還元率にこだわるなら、LinePayカードがおすすめです。

引き落としには使えませんが、最大4%ポイント還元されますよ!

LinePayで4%還元!マイカラーブルーは誰でも可能
この記事では、LinePayのマイカラーをブルーにして最大4%ポイント還元を受け取る方法を書きます。マイカラーをグリーンにするハードルは高いのですが、ブルーはカンタンです。1%しか還元されていない人は伸びシロが大きいですよ。

 

固定費⑨借金の節約

固定費?借金の節約

固定費と言えるかどうかは微妙ですが、借金がある人は定期的に支払いがあります。

  • 奨学金
  • 住宅ローン
  • クレカのリボ払い

あたりは、借金です。

 

100万円借りたとしても、最終的に返すお金は金利が足されて100万円以上に。

金利は時間が経つほど増えるので、少しでも早く繰り上げ返済していきましょう。

 

固定費の節約まとめ

固定費①家賃の節約

実家に住むのが一番の節約になる。

借りたり買ったりするなら、

  1. 小さい部屋
  2. 移動手段がある

ところを選ぶのが、固定費の節約にはよい。

 

固定費②車の節約

コストが高いので、持たないのが理想。

通勤などのため、やむなく持つなら

  1. 小さい車に乗る
  2. ネットの保険にする

あたりが、節約になる。

 

固定費③保険料の節約

ネットで探すだけでも、今より安いものが見つかる。

一番の節約はやはり、やめてしまうこと。

 

生命保険は不要なことが多い。

国民年金だけで、子供が1人いれば年間100万円、残された家族は受け取れる。

 

固定費④税金の節約

ふるさと納税は、やってない人が損をしている状態。

2,000円でお礼の品をもらえる。

ワンストップ特例制度により、確定申告もしなくてOKに。

 

  1. 控除の上限額をシミュレーション
  2. 欲しいお礼の品を選んで、寄付金を支払う
  3. ワンストップ特例制度の書類を送る

という流れで行う。

お礼の品はゼイタク品ではなく、日常的に買うものにすると節約になる。

 

固定費⑤電気代の節約

安い電力会社に変えるだけで、電気代は下がる。

電気の質・停電の起こりやすさなどは、電力会社を乗りかえしても変わらない。

手数料もかからず、契約の違約金なども発生しない会社がほとんど。

 

複数の比較サイトを使い、確実に安くなる会社を選ぶ。

 

固定費⑥スマホの節約

できることは4つ。

  1. 月額課金を節約
  2. 通話料金を節約
  3. 大手キャリアで節約
  4. 格安SIMで節約

 

ドコモでも、工夫すれば1台あたり月2,000円くらいまで抑えられる。

 

格安SIMへの乗りかえが、一番おすすめ。

1台あたり、月1,000円ほどでスマホが持てる。

 

固定費⑦通信費の節約

PC用の回線も、節約できる。

  1. スマホのテザリング
  2. モバイルWifiを使う
  3. 携帯回線とセットに

あまり使わないなら、テザリングでよい。

たくさん使う場合は、携帯回線とセットにすると節約になる。

 

固定費⑧カードで節約

色々な支払いを、高還元率のクレジットカードにまとめる。

ポイントの分だけ、意識しなくても節約になる。

出費が少ない人でも、年間数千円の差になる。

 

固定費⑨借金の節約

  • 奨学金
  • 住宅ローン
  • クレカのリボ払いの残額

あたり。

金利は、時間が経つほど増えるので、どんどん繰り上げ返済すべき。

 

固定費を節約したら

固定費の節約は一度見直してしまえば、あまりやることはありません。

次にするべきことは、生活習慣を変えていくことです。

例えば「出かける回数を減らす」だけでも節約になります。

 

出かけない節約について、記事を書きました。

「出かけない」だけで節約に。30才で1600万貯めた私が解説
「出かけない」のは立派な節約。30才で1600万貯めた私が解説。外出でかかるお金は、家にいないことで節約できる光熱費よりも高い。用事をまとめるなどの工夫で出かける回数を減らす。出かけないでも楽しいことはたくさんある。

ぜひ、読んでみてください。

 

節約でお金を作ったら、今度はもっと増やしてみませんか。

このブログでは、セミリタイアを目指して

  • 節約
  • 副業

に取り組んでいます。

 

絶対に再就職しない脱サラニート生活。準備~オススメ副業
転職ではダメです。次の会社が、今よりマシな保証はないのです。脱サラ、かつニート。これしかないんです。脱サラでニートになるには、定期的な収入が必要です。節約する・時間を作る・目標を立てる方法。オススメの副業として何をするのがいいか書きます。

労働から脱出したい人はぜひ、読んでみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました