労働したくない凡人はまず何をすべきか。祈っても苦痛は30年続きます

稼ぐ

こんにちは、ひつじ先輩です。

この記事では、労働したくない人が脱労働のために最初にやるべきことを書きます。

 

明日、仕事を辞めるのはカンタンです。

問題はそのあと、生活できるかどうか。

 

ひつじ
ひつじ

労働したくないけど、金はどうすればいい?

わたしは過去6年間、この問いに答えるために考え、行動し、失敗してきました。

 

事業の才能はなく、リスクを取るのもおそろしい。

それでも今では、凡人でも脱労働はできると確信しています。

 

明日、あさってに月収20万を稼ぐ方法はありません。

少しずつ支出を減らし、収入を増やす最初の1歩を書きます。

 

心から、労働したくない人。

労働しないための準備を始めたい人は、読んでみてください。

労働したくない

労働、したくないですよね。

 

まず、朝が辛いです。

 

何度も鳴るアラームは拷問に近いし、何度も鳴らさないと起きられません。

混みすぎた電車での通勤も、ゾンビじみた表情で唱えるスローガンも罰ゲームそのもの。

 

始業すれば机上には、無限に仕事が溜まっていて。

無意味な書類の、無意味な体裁をダメ出しされ続け。

1つ終わらせたところで、次が来るだけ。

 

「細かいことを確認すんな」と文句を言われ。

「なぜ確認しなかった」と文句を言われ。

 

常に、礼儀・常識・メンツに神経をすり減らし

相手の機嫌が悪ければ、暴言が飛んでくる。

 

その上、残業・飲み会・社内イベントは定時後・休日すら侵食

「さすがに無理」と拒否してみれば、呼び出されキレられ頭おかしい認定されます。

 

寝る前は、その日あった不快を思いだして汗まみれ

明日も繰り返される苦痛を思えば、何時間たっても寝付けない

 

労働は、どう考えても地獄です。

 

何もしなければ、これが30年。

つまり、人生を使い切るまで続きます。

 

この記事では、労働したくない人が労働しないためにすべきことを書きます。

 

労働はお金のため

労働したくない人が、労働している理由はお金です。

 

給料がもらえなければ、生活ができません。

言い換えれば、お金さえ足りれば労働しなくても大丈夫なのです。

 

労働に頼らず、

収入>支出

の状態を作る。

 

これが、労働したくない人が目指すべき目標です。

正直言ってこの目標、書くのはカンタンですが、達成はカンタンではありません。

 

しかし、実はすぐに「収入>支出」が無理でも、この状態に近づくだけでも意味があります。

 

収入支出であっても、赤字が小さければ仕事を失っても長く貯金で生活できます。

ざっくり言って

貯金額÷月々の赤字額

の月数は生活できるのです。

 

「いつでも辞めてやるよ」と思えるようになるだけで、労働が少し楽になります。

会社からの理不尽な要求にも、「NO」と言えるようになります。

 

  • 支出を減らす
  • 収入を増やす

この2つの努力には、労働への依存度を下げる効果があるのです。

 

労働したくないなら

労働に頼らず、

収入>支出

の状態を目指します。

 

そのために取り組むべきことは、

  1. 節約
  2. 投資
  3. 副業

の3つです。

 

1.節約

まずやるべきなのが、節約です。

支出を減らすほど、少ない収入で生きやすくなります。

 

労働なしで収入を作るのは、カンタンではありません。

稼ぐのに比べれば、節約はとてもカンタンです。

 

月の支出を5万円減らせば、収入を5万円増やすのと同じだけ、脱労働に近づきます。

 

たとえば、休日に外で遊んでお金を使っていませんか?

出かける回数を減らすだけでも節約になります。

 

  1. 交通費
  2. 外食代
  3. 遊ぶお金・買い物

週末のたびに出かければ、かなりの金額になります。

 

出かけない節約については、こちらの記事にまとめました。

「出かけない」だけで節約に。30才で1600万貯めた私が解説
「出かけない」のは立派な節約。30才で1600万貯めた私が解説。外出でかかるお金は、家にいないことで節約できる光熱費よりも高い。用事をまとめるなどの工夫で出かける回数を減らす。家から出ないでも楽しいことはたくさんある。

ぜひ、読んでみてください。

 

2.投資

支出を減らすのに平行して、収入も増やします。

最初の収入源として、まずは投資をやるべきです。

 

しかし、正直に言って投資だけで生きるのはきびしいです。

 

堅実な投資のリターンは、高くても6%。

資産が1,000万あっても、年収60万円にしかなりません。

一気にお金を増やそうとすれば、ほぼ確実に損をする

 

それでも投資をすべきなのは、時間をかけずにできるからです。

 

長期の投資であれば、一度投資したあとは放置でOK。

手間がかかりません。

 

それでもある程度の収入を期待できるので、お金を銀行に眠らせておくよりは有意義です。

 

労働が忙しくてもできる、一番手軽な投資はロボアド投資です。

わたしはWealthNaviを続けていますが、2019年末には最高益を更新しました。

 

これまでの実績は、こちらの記事にまとめています。

WealthNavi 2020年実績!損失ありステマなし
WealthNavi(ウェルスナビ)に2年前から投資中。現在約500万円です。2020年・2019年の運用実績。最大損失や最大利益も公開します。もっと長く投資した場合の運用実績も。

ぜひ、読んでみてください。

 

3.副業

労働したくないのに、副業とか労働でしょうよ

と思うかもしれません。

 

しかし節約・投資をかなりやっても、

収入>支出

には、まだ遠いはず。

平均的な年収の人で10年、下手すれば20年かかるかもしれません。

 

「収入>支出」を達成して会社を辞めるなら、投資以外の収入源は必須です。

副業も頑張るか、労働を長く続けるか。

選ぶしかありません。

 

また、しばらくの赤字を覚悟して「収入支出」のまま辞める場合。

それでも、在職中に副業は始めるべきです。

 

何の副業であれ、最初の1万円を稼ぐのが一番大変。

 

まずは少しでも稼げるようになり、あとはそれを拡大するだけ。

その状態を作ってから会社を辞めることで、リスクを大きく減らせるでしょう。

 

わたしも労働したくないがために、休日もブログで労働しています。

正直大変です。

 

しかし副業なら、やり方も人間関係も自分が選べます。

会社での労働よりは、全然マシです。

 

おすすめの副業・投資はこちらの記事にまとめました。

絶対に再就職しない脱サラニート生活。準備~おすすめ副業
脱サラニートになりたい人は、どんな準備をするべきか。節約する・時間を作る・目標を立てる。後半では、ニート生活のおすすめ副業をまとめた。ある程度の資産ができれば、仕事は辞められる。

ぜひ、読んでみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました