仮想通貨はまだいける! 100倍はもう遅いが10倍は狙えます

遅い 仮想通貨

こんにちは、ひつじ先輩です。

この記事では、仮想通貨がまだいける理由を3つ書きます。

 

もう遅い。

というのが、今の常識だと思います。

 

でもそれは、

「バブルで一発当てるには、もう遅い」

という意味です。

 

長期的に上がることで利益を得たいなら、まだいけるでしょう。

値下がりしている訳なので、バブルの頃より安く買えます。

むしろ、チャンスです。

 

わたしは2017年末に仮想通貨を始め、大損しています。

200万円が、100万円になりました。

ひつじ
ひつじ

今から買えるんだったら、よかったのになぁ。

 

これでも売ってないのは、いずれ価格は上がるからです。

100倍にはもう遅いでしょうが、10倍ならいけるでしょう。

そう考える理由を説明します。

仮想通貨はもう遅い?

金

ひつじ先輩
ひつじ先輩

仮想通貨は遅くない

と言っておいてなんですが、100倍となるともう遅いです。

 

とくに有名な仮想通貨については、100倍はキビしいでしょう。

なぜなら、すでに値上がりしてしまったからです。

 

金の時価総額は、約856兆円です。

ビットコインが100倍になるということは、その時価総額は1,000兆円。

金の時価総額を超えることになります。

 

ひつじ先輩
ひつじ先輩

そんな未来はありえない!

とまでは言いません。

しかし、5年や10年ではそこまで世界は変わらないでしょう。

 

1コインが1円以下の仮想通貨を買えば、100倍もあるかも。でもそれは投資ではなくギャンブル。オススメしません。

①市場的にまだいける

成長

先ほどはビットコインと金の時価総額を考えると、100倍はキビしいという話をしました。

ビットコインの時価総額が、金の時価総額をすぐに超えるとは考えにくいからです。

 

しかしビットコインと金(ゴールド)を、比べてみると、

似ている点

かなり似ています。

 

また、違う点は、

といったところです。

 

時価総額は

  • ビットコイン:約10兆円
  • 金(ゴールド):約856兆円

違いがあるとはいえ、ビットコインの時価総額が金の1%ほどというのは過小評価されすぎです。

 

たとえばビットコインが10倍になるとすれば、時価総額は100兆円ほど。

金の12%くらいです。

 

ビットコインが、そのくらいの価値を持つことは十分ありえます。

 

ビットコインと金の比較については、記事にしました。

ビットコインの価格予想!金と比較してみると・・・?
ビットコインの価格、バク上げですね。 半年ほど前からビットコインは知っていましたが、買っていませんでした。 「買い」と判断できなかった過去を悔やむばかりです。 しかし、このビットコイン、最初は0.07円だっ...

ぜひ、読んでみてください。

 

②認知度的にまだいける

「仮想通貨(暗号通貨)」のことを知っていますか?

「仮想通貨のことを知っていますか?」というアンケート結果。

(マネーゴーランド総研調べ)

 

テレビCMやコインチェック事件などで、仮想通貨は有名になりました。

まったく知らない人はもう、30%ほどしかいません。

 

次の「仮想通貨」の中から、実際に使ったことがあるものをお選びください。

「使ったことのある仮想通貨を選んでください」というアンケート結果。

(マネーゴーランド総研調べ)

 

85%の人がまったく使ったことがありません。

仮想通貨は知られてきていますが、使ったことのある人は15%しかいないのです。

 

今後、「仮想通貨」を使ってみたいと思いますか?

「今後、仮想通貨を使ってみたいと思いますか?」というアンケート結果。

マネーゴーランド総研調べ

 

「ぜひ使ってみたい」と「機会があれば使ってみたい」を合わせると、約35%です。

仮想通貨を知っている人は70%ですから、その半分が使ってみたいと思っています。

 

以上から、潜在的なユーザはまだいることが分かります。

広まっていくのは、これからなのです。

 

③仮想通貨は発展途上

決済はまだまだ先

エンジニア

今のところ、仮想通貨を普段の支払いで使う機会はありません。

 

一部のお店では、仮想通貨払いが始まっています。

でも、使っているのは今のところコアなファンだけです。

 

なぜなら現在、仮想通貨はデメリットだらけだからです。

  • 使えるお店が限られている
  • 決済に時間がかかる
  • 取引所で買わないといけない
  • 値動きで、価値が減るかもしれない
  • 送る先を間違えると、お金がなくなる
  • パスワードを無くすと、お金が取り出せない

 

電子マネーでいいな・・・

となるのは当然です。

今あげたデメリットが解決されるのには、長い時間がかかるでしょう。

 

でもいずれは、仮想通貨は今までのお金にとって代わります。

  • 無限に発行したりできない。
  • 銀行に頼る必要がない。
  • 国境を気にせずに送金できる。
  • 改ざんが不可能。

という点が、従来のお金より本質的に優れているからです。

 

ゲームから広がる

ゲーム

仮想通貨が、決済に使われるのはまだ先です。

普及は、ゲームなどのライトなところから始まるでしょう。

仮想通貨に使われている、「ブロックチェーン」を利用したゲームが出てきています。

 

ブロックチェーンゲームの特徴は、ゲーム内の資産を仮想通貨に換えられることです。

ブロックチェーンのおかげで、ユーザ間の取引も安全にできます。

 

しかもゲームがなくなっても、ゲームの資産は消えません。

強いキャラや価値があるアイテムを売って生活する人も、出てくるかもしれません。

 

最近だと、My Crypto Herosが人気です。

MyCryptoHeros

戦闘の画面はこんな感じ。

画像は英語ですが、日本語にもできます。

ドット絵がかわいい。

 

個人的には、戦闘が自動でスキップもできるのがうれしいです。

時間がなくても、すきま時間でやってしまいそう。

  1. My Crypto Herosのサイトにアクセス
  2. 対応するウォレットをダウンロード

で、始められます。(無料)

 

こうしたゲームが広まれば、プレイや取引に必要となる仮想通貨の需要が増えます。

需要が増えれば、仮想通貨の価格が上がることも見込めます。

このゲームのゲーム内通貨はETHで買いますが、ETHに戻すことはできない。まだ日本では、法的な問題がある。

 

仮想通貨はまだいける

チャート

仮想通貨がまだいける理由は、

  1. 市場的に伸びしろがある
  2. 認知度にも伸びしろがある
  3. 仮想通貨はまだ発展途上

だからです。

 

わたしは高値で買ってしまいましたが、下がったところで買うのが投資の基本。

今、仮想通貨について調べている人はセンスがあると思います。

遅いどころか、価格が下がった今は買うチャンスだからです。

 

どこが底かまでは分かりませんが、長期的には上がるでしょう。

1つだけ断言できることがあるとすれば、

ひつじ先輩
ひつじ

わたしよりは安く買えるよ!!

ということです。

これから仮想通貨をやる人が、とてもうらやましいです…!

 

仮想通貨投資はハイリスクな投資です。余剰資金で買いましょう。

 

最後に、わたしのイチオシ仮想通貨を紹介しときます!

Skycoinとは?バイナンス上場の仮想通貨3.0!
仮想通貨Skycoinとは?最近バイナンスに上場したSkycoin。スキャムなのでは?将来性はある?といった疑問に答えます。オベリスク、Skywire、Skyminer、Skyhours、Fiberといった用語についても解説します。

ぜひ、読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました