FXスワップサヤ取り(アービトラージ)の基本

アービトラージ スワップポイント

こんにちは、ひつじ先輩です。今回はFXでスワップをタダ取りする方法、アービトラージについてです。その基本的な仕組みと業者の選び方について書いていきます。

スワップ金利とは

FXではスワップ金利といって、外貨を買って持ってる(買いポジションを持つ)だけでもらえるお金があります。例えばニュージーランドドルを10000ドル持ってると1日60円もらえたりする訳です。

逆に外貨を空売りして持ってる(売りポジションを持つ)場合、お金を取られます。(前述の例でいくと、ニュージーランドドルを-10000ドル持ってると1日60円とられる、など)

このスワップ金利の値は、通貨や時期、FX業者によって異なるのですが、サヤ取りではこの「業者間の差」を利用します。

 

スワップポイント投資については、こちらの記事を見てみてください。

ニュージーランドドルで金利生活?FXで160万損した私が解説!
ニュージーランドドルのFX各社スワップポイント。ニュージーランドドルで金利生活はできるけど、全財産をFXに賭けるのはおすすめできない。1つの投資に資金を集中させすぎるのは、リスクが大きすぎる。

 

サヤ取りの基本

まずはスワップ金利のできるだけ高い業者のFX口座を開設します。次にスワップ金利のできるだけ低い業者の口座を開設します。そして同じ通貨を高スワップ口座で買い、低スワップ口座で同じ量売るのです。(両建て)

すると、ニュージーランドドルの例であれば高スワップ口座では毎日70円を受け取り、低スワップ口座では毎日50円を支払うことになります。70-50=20円を儲けることができるという訳です。

この方法の利点はレートが上がっても下がっても利益をあげられるということです。単に買いポジションだけを持った場合毎日70円を受け取ることができますが、レートが下がった場合は大きな損失を抱えてしまいます。

しかし、サヤ取りであればあらかじめ両建てをしているため、レートが下がっても買いポジションで発生する損失と同額の利益が売りポジションで発生するので損をしません。

また、レートが上がっても売りポジションで発生する損失と同額の利益が買いポジションで発生するので損をしません。金利だけを受け取ることができるという訳です。

スライド1

 

業者の選び方

スワップ金利の高い業者と低い業者の見つけ方です。まずは自分がサヤ取りをしたい通貨を取り扱ってるかを確認します。レートの変化による損益は両建てによって相殺できるため、高リスクで高スワップの通貨が稼ぎやすいです。TRY/JPY(トルコリラ円)がおすすめです。

次に候補となる業者の「スワップカレンダー」を取得します。スワップ金利は日々変動するため、昨日今日だけの実績をみても意味がありません。(平均値が100円だったとしても、0円の日や200円の日が入り混じっている)

スワップカレンダーを見れば、その通貨を買っていた場合いくら貰えたか、売っていた場合にいくら取られたかを日毎にさかのぼって見ることができます。このカレンダーから1日あたりの平均値を業者毎に計算し、比較に活用します。

自分の場合は直近一ヶ月分で比較しましたが、もっと長い期間の平均値を使った方がより正確になります。ここで自分があまりこだわらなかったのは、スワップ金利は変動するため、ベストな業者の組み合わせも変化するためです。ネット上でおすすめされている業者の組み合わせでも、実際に計算するとベストではないという結果ばかりでした。

本当にベストな組み合わせを探し当てようとすると大変な労力になると考えられるため、そこそこ稼げそうな組み合わせで開始して、スワップ金利の変動によって儲けが少なくなってきたら別の業者に乗り換えていく、というのがコスパが一番よいと思われます。

 

コツコツ派には

FXだけに投資もいいですが、分散するともっとリスクを下げられます。

WealthNaviなら、自動で世界に分散投資できますよ!

WealthNavi 2018年実績!損失ありステマなし
WealthNaviにがっつり月25万円!去年から投資しています。2018年の運用実績・分配金・手数料。もっと長く投資した場合の運用実績についても公開中。