FXの1000通貨口座は儲からない? スワップポイント派は得できます

FXの1000通貨口座は儲からない スワップポイント派は得できます スワップポイント

こんにちは、ひつじ先輩です。

この記事では「FXは1000通貨では儲からないのでは?」というギモンに答えます。

 

取引の単位が小さいのだから、儲けも小さいはず

というのは、その通りです。

 

しかし1000通貨口座には、有利な点があります。

 

スワップポイント投資を例に、

  • 1000通貨口座
  • 10000通貨口座

の比較もしました。

1000通貨で取引できる口座を使わない理由は、特にないです。

1000通貨とは

1000通貨口座は、FXで取引する単位(Lot)が1000通貨(1000ドルなど)の口座です。

 

FXでは、取引する通貨の量を

  • Lot

という単位で表現します。

 

ドルを、1Lot買う

ユーロを、3枚売る

といった言い方で、取引のサイズを表現します。

 

1Lotや1枚が表す通貨の量は、FX会社によって異なります。

 

たいていは、

  • 1000通貨
  • 10000通貨

のどちらかです。

 

1000通貨口座とは、この取引単位(Lot)が1000通貨である口座のことです。

 

1000通貨口座では、

  • ドルの1Lot=1000ドル
  • ドルの1枚=1000ドル
  • ユーロの1Lot=1000ユーロ
  • ユーロの1枚=1000ユーロ

です。

 

対して、10000通貨口座では、

  • ドルの1Lot=10000ドル
  • ドルの1枚=10000ドル
  • ユーロの1Lot=10000ユーロ
  • ユーロの1枚=10000ユーロ

です。

 

1000通貨口座の方が、取引単位が小さいです。

そのため、小額でも取引できるのがメリットです。

 

1000通貨は儲からない?

1000通貨では儲からない

という意見は正しいです。

実際、1000通貨を取引しても儲からないです。

 

1ドル100円のときに、1000ドル(1000通貨)買ったとします。

そこから1ドル101円になっても、儲けは1000円。

しょぼいです。

 

しかし、

だから1000通貨口座は意味がない

というのは間違いです。

 

儲かるか儲からないかということには、取引の単位は関係ありません。

儲けを左右するのは、売買する通貨の量です。

 

単位が1000通貨でも、10Lot買えば10000ドル。

10000通貨口座の1Lotと同じです。

 

1000通貨口座でも10000通貨口座でも、同じ量の通貨を売買できます。

 

10000通貨口座では、

  • 10000通貨
  • 20000通貨
  • 30000通貨

という単位でしか取引できません。

 

1000通貨口座では、

  • 1000通貨
  • 2000通貨
  • 3000通貨

という単位での取引はもちろん、

  • 15000通貨
  • 21000通貨

という取引もできます。

 

自分の資金に合った取引量にしやすいという点で、1000通貨口座は優れています。

 

スワップポイントの比較

スワップポイント運用

金利が高い通貨を持っておくことで、金利収入を狙う運用です。

積立で少しずつ買うのがおすすめですが、今回は最初に一気に買う想定です。

  • 最初に資金の分だけ一気に買う
  • スワップポイントが貯まる
  • ポジションを増やす

という運用を考えます。

 

1000通貨口座では、少ないスワップポイントでも次の買いを入れられます。

早く買った方が、時間とともに得られる金利は大きくなるはずです。

 

その差がどれくらいになるか、計算してみます。

 

運用の詳細

  • 原資:300万円
  • 通貨:ニュージーランドドル
  • スワップポイント:10000通貨につき1日39円

という条件で、1000通貨口座・10000通貨口座のそれぞれで運用します。

 

1000通貨口座では、2.5万円増えたら買い増し。

10000通貨口座では、25万円増えたら買い増し。

入金はせず、スワップポイントによる買い増しだけをします。

 

シミュレーション結果

1000通貨口座10000通貨口座
残高NZD枚数収益残高NZD枚数収益
0か月後300.012.01.4300.012.01.4
1か月後301.412.01.4301.412.01.4
2か月後302.812.11.4302.812.01.4

25万円につき、1万通貨買います。

よって、0ヶ月目は各口座12枚(120000通貨)買っています。

 

1000通貨口座では、2ヶ月後に最初の買い増しをできます。

1000通貨分のスワップポイント、2.5万円が貯まれば買い増しできる

 

1000通貨口座10000通貨口座
残高NZD枚数収益残高NZD枚数収益
16か月後323.212.91.5322.512.01.4
17か月後324.712.91.5323.912.01.4
18か月後326.213.01.5325.313.01.5

10000通貨口座で最初の買い増しができるのは18ヶ月後です。

10000通貨分のスワップポイントの25万円が貯まるまで買い増しできない

 

18ヶ月後の時点での残高は、1000通貨口座が約1万円多いです。

 

20年後まで、計算時間を伸ばしてみました。

1000通貨口座10000通貨口座
残高NZD枚数収益残高NZD枚数収益
238月後908.836.34.2886.935.04.1
239月後913.036.54.3891.035.04.1
240月後917.336.64.3895.135.04.1

20年後の残高は、1000通貨口座の方が22万円ほど多くなっています。

 

残高の推移をグラフにするとこのようになります。

1000通貨グラフ

グラフでは小さな差に見えますが、22万円は原資の300万円に対して約7%。

原資が大きいほど、その差は無視できないものになります。

 

1000通貨でスワップ狙い

スワップポイント狙いの運用なら、1000通貨口座がおトクです。

しかし、1000通貨の取引でのみ手数料がかかるFX口座もありますので注意が必要です。

 

ヒロセ通商なら、1000通貨でも手数料が発生しません。

ニュージーランドドルのスワップポイントも高いです。

これからスワップポイント運用をはじめる人は、ヒロセ通商がおすすめです。

 

FXの1000通貨口座

1000通貨とは

1000通貨口座は、FXで取引する単位(Lot)が1000通貨(1000ドルなど)の口座。

取引単位が小さいため、小額でも取引できるのがメリット。

 

1000通貨は儲からない?

1000通貨を取引しても儲からない、というのは正しい。

取引量が小さいので、利益も小さくなる。

 

しかし儲かるか儲からないかということには、取引の単位は関係ない。

儲けを左右するのは、取引する通貨の量。

1000通貨口座でも、取引量はとくに制限されない。

 

自分の資金に合った取引量にしやすいという点で、1000通貨口座は有利。

 

スワップポイントの比較

  1. 最初に資金の分だけ一気に買う
  2. スワップポイントが貯まる
  3. ポジションを増やす
  • 原資:300万円
  • 通貨:NZD/JPY
  • スワップポイント:10000通貨につき1日39円

という運用を、1000通貨口座・10000通貨口座のそれぞれでシミュレートした。

結果は、1000通貨口座が20年で22万円おトクだった。

 

1000通貨でスワップ狙い

1000通貨の取引でのみ手数料がかかるFX口座もあるが、ヒロセ通商はかからない。

とくにニュージーランドドルのスワップポイントも高いため、おすすめ。

 

タイトルとURLをコピーしました