スワップポイント投資、もう1つのおいしいポイント

おいしい スワップ

こんにちは、ひつじ先輩です。

スワップ狙いの投資では基本的に、高金利通貨を買って持ちつづけます。

買いポジションを持っているだけで、毎日金利がもらえます。

わたしの場合は、毎月の食費以上稼げるようになってきました。

スワップがおいしいスワップ狙いですが、もう1つ利益の出し方があります。

もう1つのおいしいポイント

それは売りのリスクを軽減できることです。

スワップ投資がうまくいっているときは、通貨を安く大量に買っており、含み益が乗っています。

普段は何もする必要はなく、決済せずにレートをたまにチェックするだけです。

しかし、レートが上がり、例えば過去最高値付近まで行ったときは、できることがあります。

少しだけ売りポジションを持つことです。

 

買いポジションをたくさん持っているため、両建てになります。

もし逆行して、高値を超えて売りポジションが含み損となっても、ふところが痛みません。

買いポジションで、売りの損をはるかに上回る含み益が出るからです。

 

もしまだ上がりそうなら、売りポジションを損切り、同じだけの買いポジションを決済すればいいです。

また下がりそうなら、プラテンを待ちましょう。

いずれにせよ、ほとんどリスクがありません。

 

為替差益はおいしい

為替差益は、値動きによる利益のことです。

1万ニュージーランドドルを1日、買って持っていたら、スワップは50円くらい。

一方、ニュージーランドドル/円レートは1日で1円動くことだってあります。

これは、1万ニュージーランドドル持っていたら1万円、得か損をする値動きです。

 

スワップに比べて、一回で数千~数万円稼げる為替差益はとんでもなく大きいです。

経験上、スワップに加えて売りポジションでも利益をとれれば、収支は倍に増えます。

 

注意点

注意点はたくさん売りすぎないことです。

マイナススワップがせっかくのプラスのスワップを圧迫してしまいます。

また最悪、売った分だけの買いポジションを決済するため、売りすぎは本末転倒です。

 

更新履歴

2016.12.27:文章を修正、アイキャッチ、タグ、見出しを追加。

コメント