残業しないためには、仕事を終わらせてはいけない

残業しない 労働

こんにちは、脱サラを目指す個人事業主、ひつじ先輩です。

この記事では、残業をしないたった1つの方法を書きます。

また、残業をしないための心構え・テクニックについても書いていきます。

 

この記事を読んでいる人には、残業よりもやりたいことがあるハズです。

残業がなければ、毎日もっとゲームができます。

それはアニメかもしれないし、マンガかもしれません。

週に5日、その時間を奪っていくのが残業です。

 

そもそも残業はつらい、というかつらすぎますよね。

朝から夕方まで、すでに人生の大半を搾取されています。

それなのに会社は

夕方から夜の時間も捧げろ!

と、言っているワケです。

 

せめて残業くらいは、断る!

というのは、どう考えても当たり前でマトモなことです。

 

絶対に、あなたがナマケモノなのでも、自己中なのでもありません。

「仕方ない」で思考停止している人間よりも、真剣に生きているだけです。

 

それなのに、どうしてあなたは残業をしているのか。

それは、あなたが残業をえらんでいるからです。

 

したくてしてる訳じゃない!

という声が聞こえてきそうです。

 

しかし、

「残業をしないと、デメリットがある」

と考えて残業をしているのは、自分自身です。

 

残業をしても、状況は絶対によくならないということ。

それが分かれば、残業をしないのはカンタンです。

というかあほくさくなって、残業なんてできなくなります。

 

平日に、自分の時間が持てる人生を取り戻しましょう。

残業をしない、たった1つの方法

それは、仕事を終わらせないことです。

仕事を終わらせるために残業するのは、自分のクビをシメています。

この4コマが分かりやすいです。

これはチーム単位での話ですが、個人でも似たようなことが起こります。

 

あなたが残業して仕事を終わらせると、上司は、

残業してこなせるんなら、この量でよい

と思ってしまいます。

仕事を終わらせてしまっては、ダメなのです。

 

まず、残業をしないで定時で帰る。

仕事が終わらなかった結果、上司に迷惑がかかる。

そうした経験を通して上司が、

こいつに頼むのはこわい

と思うようになれば、仕事は減ります。

 

はじめは怒られるでしょうが、そのうち仕事の量が減らされます。

残業をしなくても、こなせるような量になります。

 

もちろん、致命傷になるような大失敗をするワケではありません。

小さなミスを繰り返すことで、頼られないようにするイメージです。

ひつじ先輩
ひつじ先輩

わたし自身、致命傷を避けるために月に数時間は残業してしまっています。(今年は0にするつもり)

もちろんそれでも、失うものはあります。

一生残業まみれで過ごしたくないなら、それなりの覚悟は必要です。

 

残業しないために仕事を終わらせる?

スピードをあげて、仕事を終わらせて帰ればよいのでは

という意見も、あるかもしれません。

それではダメです。

 

「バランス」をとられる

上司の立場で考えてみます。

みんなが残業をしている中で、1人だけ残業をしない人がいる。

この場合、上司は

残業をしない1人に、仕事をもっと振らなければ

と思うでしょう。

 

理由は2つです。

  • チーム内の不公平感をなくすため。
  • 残業時間のバラつきは、上司自身の能力不足と取られかねないため。

スピードを上げて残業しないでよくなっても、「バランス」をとられたら終了です。

仕事を残したまま残業をしない場合のみ、新しい仕事を振られずに帰り続けられる。

 

そもそも、終わらないから残業がある

そもそも、急ぐとか効率化するとかで、減らしきれなかったから残業がある訳です。

もっと頑張っていずれ、残業しないようにするぞ

というのは根性論であり、問題の先送りです。

 

人生は有限です。

20代、あと何年ありますか?

 

残業しないと他人に嫌われる?

他人にも同じ権利がある

自分が残業をしない分の仕事は、同僚に振られます。

自分のことしか考えない

などと上司や同僚に、嫌われたり怒られたりします。

 

でも、それだけです。

実害はありません。

 

また、同僚の仕事を増やしたのはあなたではありません。

あなたと同僚は、同じ立場です。

同僚も同じように、残業をしないようにすればいいだけです。

 

残業することを自分で選んだ人が、残業しない人を責めるのは的はずれなのです。

的はずれな批判は、無視するしかありません。

気にするだけ、人生の無駄です。

 

それでは仕事が回らないのでは

と不安に思うかもしれませんが、それでいいのです。

 

全員が残業をやめると、仕事が回らない。

だったら、会社がすべきことは人を雇うことです。

 

定時まで働いている従業員には、なんの責任もありません。

人を雇うカネがないなら、そんな会社はつぶれて当然です。

 

古い考えの人はスルーでOK

残業をしないという行動や考え方は、古い考えの人にとっては間違いでしょう。

彼らは何十年も、「仕方ない」「これが正しい」と信じて残業をしてきました。

  • 残業をしない。
  • 組織よりも個人を優先する。
  • 平日にも自分の時間を持つ。

といった行動を認めることは、老人自身の半生を否定することになります。

あなたが残業をやめたとき、年齢が高い人ほど強い拒否反応を示します。

 

老人の気持ちになって考えると、ハラが立って当然ですよね。

自分は若いころから残業してきたのに、今の若者が残業せずに帰っていたら、

ズルい!

と感じてしまうでしょう。

 

しかし残業せずに帰る側は、そんな老人の言いがかりはスルーでOKです。

「ズルい!」と思う老人がいるなら、その人が今日から残業しなければいいだけです。

 

残業しないと評価や出世にひびく?

出世しない

ひびきます。

残業をしないためには、評価・出世はあきらめるしかありません。

 

たいていの会社で、給与は社員のランクによって決まります。

しかし、ランクが上がる基準をキッチリ決めている企業はごく一部です。

つまりは、好き嫌いでランクを決めているということです。

「前に踏み出す力」だの「チームで働く力」だのとぼんやり言っていたりはする

 

だから、評価や出世が欲しいなら、

「頑張っていると思われる」「好かれる」

ために、残業している姿を見せることは必要です。

 

ただ、それはもったいない生き方だと思います。

わずかな昇給のために、無駄な残業を一生つづける。

少なくとも、わたしには無理です。

 

残業しないためのテクニック

残業をしない、たった1つの方法は、「仕事を終わらせないこと」。

そうはいっても、わたしだって致命傷は避けたいです。

あくまで小さなミスを繰り返すことで、割り振られる仕事を減らしたいのです。

という訳で、致命傷を防ぐためのテクニックについて書きます。

重要度を見極める

やらなくてもいい仕事は、やらない。

残業をしない分、時間は限られています。

やらないとヤバすぎる案件にのみ、集中しましょう。

 

「優秀だと思われたい」とか「気を利かせて」とかいうのは一切無駄です。

はっきりとした指示があった仕事にしか、時間を割いてはいけません。

それすらも自分の判断で削っていきましょう。

 

残業をしないことのみを目標に、仕事をします。

それ以外はすべて「できるだけ」でよいのです。

 

常にギリギリを目指す

早め早めに仕事を済ませていませんか?

早くするのはいいことですが、提出を急いではいけません。

 

終わった仕事を提出せずに抱えこむことで、見かけ上たくさん仕事を持てます。

これには、新しい仕事が振られにくくなる効果が期待できます。

 

上司があなたに残業させようと

例の○○、今日やっていってね

と言ったとしても、○○があえて抱えこんでいる仕事なら、すぐ帰れます。

 

また、納期に余裕があると、無駄にクオリティを上げさせられる恐れがあります。

まだ時間もあるんだし、もうちょっと△△を××にしてみたら?

納期ギリギリになって初めて、必要十分なクオリティが求められるのです。

本番はそこからです。

 

頼りにならないアピールをする

仕事を振られないようにして、残業をしないためには

こいつは頼りにならない

と思われることが大事です。

わたしがやっているのは、以下の2つです。

やる気ないアピール

冗談めかして、やる気ない発言をします。

「眠い」「腹減った」「つらい」「帰りたい」

そうした気持ちを、会話の中に織り交ぜていきます。

 

「こいつはやる気がないな」

という感想を上司に持ってもらい、仕事を減らしましょう。

メンタルやばいアピール

「つらい」「嫌」「イライラする」と感じたら、表情や動作に出しましょう。

そうした感情を隠すこともできないほど、メンタルがヤバい。

そう思われれば、上司も仕事を振るのが怖くなります。

 

残業しないはクビの理由にならない

残業を断るくらいでクビにはならない

「正社員はクビになりにくい」

のではなく、

「クビにならない」

という認識でOKです。

 

遅刻・欠勤すら、繰り返さない限りは大丈夫です。

上司を怒らせるくらいは全然OKなのです。

もちろん、法令違反はNG

 

正社員はかなり守られているのに、

「与えられた仕事=こなすべき仕事」

だと信じて、残業している人がたくさんいます。

 

中間管理職は、降ってきた仕事を振り分けているだけです。

その量が適当がどうかを判断するのは、あなたです。

多いと感じたなら、容赦なくやり残しましょう。

 

わたしは残業をしない生活を貫いた結果、転勤になったことがあります。

上司に何度も呼び出されましたが、クビにはなっていません。

「クビ」なんて言葉すらも出てきませんでした。

【サボって】仕事を放棄したらどうなるか【転勤】
理不尽な量と難しさで迫ってくる仕事、仕事、仕事。 誰でも一度は思ったことがあるのではないでしょうか? 「もう知らねえよ。これ、放棄して帰ったらどうなんの?」それ、やってみました。結局世の中はゴネ得で、失うものは大したことないという話。

 

あなたはおかしくない

会社のルールは、従業員のクビをシメる方向にだけ破られます。

会社が損をする方向に破られることは、ありません。

 

その原因は、従業員がマジメすぎることです。

会社の利益を重視せよ

という建前を素直に受け入れすぎているのです。

  • 会社側(上司)は、組織の利益を優先する。
  • 従業員は、個人の利益を優先する。

意見がぶつかるからこそ、バランスが生まれるはずなのに、それがない。

個人までもが組織側に立って、組織に自分たちを搾取させています。

 

個人である自分を残業から守るのは、まったくおかしいことではありません。

文句を言われたとしても、それは常識が組織側に寄りすぎているだけです。

 

クビになることはないので、恐れることはありません。

組織の常識にまどわされることなく、毎日定時で帰りましょう。

たった一度の人生を、残業まみれで無駄にするのはもうやめましょう。

 

残業をしないための心構え

自由

残業がなくならないのは、あなたが残業をしているから。

残業をしないたった1つの方法は、仕事を終わらせないこと。

必要な心構えは以下。

  • 仕事を終わらせるために残業をしない。
  • 他人に好かれるために残業をしない。
  • 評価・出世はあきらめる。
  • 本当に重要な仕事しかやらない。

コメント