【月足】超長期の月次為替レートを取得する

古い FX

こんにちは、ひつじ先輩です。

スイングから長期のFXトレーダにとって欠かせない、超長期の為替レートの手に入れかたについて書きます。

ブリティッシュコロンビア大学のサイトに、1971年以降のデータがあります。

通貨ペアによっては、それより新しいデータしかないケースもあります。

(たとえば、ZARは1995年11月からのデータしかありません。)

選べる通貨の種類が多いので、FXで扱う通貨はまず見つかります。

 

英語で、少し使いかたが分かりづらいので説明していきます。

今回は1977年からのドル円(USD/JPY)のデータを出力してみます。

FX長期データ

まずページを開くとこんな感じです。

 

通貨ペアをえらぶ

通貨をえらぶ

通貨ペアは左の赤で囲ったところでえらびます。

 

基準通貨をえらぶ

まずは”Base Currency”のところです。

ここではUSD/JPYの右側、JPYをえらびます。

サイト上では”Japanese Yen”と書かれています。

対象通貨をえらぶ

つぎは”Target Currency”のところです。

ここではUSD/JPYの左側、USDをえらびます。

サイト上では”U.S. Dollars”と書かれています。

通貨をえらぶ(結果)

ちなみに、Ctrlを押しながらえらぶと2通貨以上を1度でえらべます。

主要な通貨のサイト上での表現

カナダドル→Canadian Dollars

ユーロ→European Euros

ポンド→British Pounds

オーストラリアドル→Australian Dollars

人民元→Chinese Renminbi

ニュージーランドドル→New Zealand Dollars

南アフリカランド→South African Rand

スウェーデンクローナ→Swedish Krona

トルコリラ→Turkish New Lira

 

期間をえらぶ

期間をえらぶ

通貨ペアは真ん中の赤で囲ったところでえらびます。

対象期間をえらぶ

”Choose Time Horizon”のところです。

”Last 7 days”(過去7日)

”Last 28 days”(過去28日)

などがありますが、長期のデータを取得するには、

”Exact Time Period”(特定の期間)

をえらびます。

つぎに

”Start Date”(開始日付)

”End Date”(終了日付)

で期間をえらびます。

データ頻度をえらぶ

”Date Frequency”のところです。

“daily”(日次)、”Weekly”(週次)データは過去4年分しかDLできません。

ここは”monthly average”(月次平均)をえらびます。

”Notation”をえらぶ

”Volume Notation”と”Price Notation”があります。

レートがみたいので、”Price Notation”(価格による表記)をえらびます。

期間をえらぶ(結果)

1977年1月以降のデータをとるには、こう入力します。

 

出力する

出力をえらぶ

右側の赤で囲ったところで出力します。

出力形式をえらぶ

”Table Style”のところです。

ブラウザでみるだけなら”HTML”か”HTML+CSS”をえらびます。

”plain text”はただのテキストがみれます。

 

”Microsoft Excel”をえらぶと、拡張子のないファイルがDLされます。

Excelをひらいて、そのファイルをドラッグ&ドロップするとひらけます。

”LaTeX”をえらぶと拡張子latexのファイルがダウンロードされます。

 

”CSV spreadsheet”は、コンマ区切りでデータが表示されます。

”Tab spreadsheet”は、Tab区切りでデータが表示されます。

メモ帳に保存して、拡張子をcsvにすれば、csvファイルとしてつかえます。

 

今回は”HTML+CSS”をえらびました。

転置するかどうかえらぶ

”Table Transposition”のところです。

”default”ではタテに日付が並び、となりの列にレートが表示されます。

この向きをヨコにするときには、”Currency / Time”をえらびます。

 

”Retrieve Data”(データ取得)をクリックすると、データが得られます。

結果1

”Currency / Time”をえらぶと、こうなります。

結果2

 

注意点

このデータは各月の”平均値”です。

始値、高値、安値、終値のいずれでもないためご注意ください。

 

例えば、ZAR/JPYの2016年6月の安値。

実際は6.26円まで落ちましたが、このサイトで得られるデータでは6.99円です。

 

とくに、資金管理に使うときには注意してください。

先ほどの例では、6.99円を元にロスカットラインを決めると、意味がありません。

コメント