仮想通貨はもう遅い??ってブログ書いてたら第3波きたっぽい!!

遅い 仮想通貨

こんにちは、仮想通貨を月10万円積み立て中!ひつじ先輩 です。

 

この記事では、わたしが

仮想通貨はこれからでも遅くない

と考える理由を5つ、書きます。

 

2018年に入ってから、仮想通貨は下がり気味。

値下がりしてるし今、買うべき?もう遅い?

もう仮想通貨は終わりか、乗り遅れたなぁ

仮想通貨が下がってる!やらなくてよかった…!

など、いろいろな感想があるでしょう。

 

今から仮想通貨を始めるのは、もう遅いのでしょうか?

わたしの考えでは、遅くありません。

むしろ、チャンスです。

 

わたしは2017年末に仮想通貨を始め、大損しています。

それでも、

「仮想通貨をやるかどうか」

という判断を、今もう一度するなら、仮想通貨をやります。

 

いずれまた、価格は上がっていく。

そう考える理由を説明したいと思います。

ひつじ先輩
ひつじ先輩

4月14日追記:上げてます!!仮想通貨全体、底から+25%くらいのようです!!

100倍を目指すにはもう遅い

金

ひつじ先輩
ひつじ先輩

仮想通貨はこれからでも遅くない

と言っておいてなんですが、100倍となるともう遅いです。

 

とくに有名な仮想通貨については、100倍はキビしいでしょう。

なぜなら、すでに値上がりしてしまったからです。

 

仮想通貨と金(ゴールド)を、比べてみましょう。

ビットコインの時価総額は、現在約13兆円。

金の時価総額は、約856兆円です。

 

ビットコインが100倍になるということは、その時価総額は1,300兆円。

金の時価総額を超えることになります。

 

ひつじ先輩
ひつじ先輩

そんな未来はありえない!

とまでは言いません。

しかし、5年や10年ではそこまで世界は変わらないでしょう。

 

1コインが1円以下の仮想通貨を買えば、100倍もあるかも。でもそれは投資ではなくギャンブル。オススメしません。

 

仮想通貨が今からでも遅くない理由

デメリットがなくなっていくから

エンジニア

今のところ、仮想通貨を普段の支払いで使う機会はありません。

使ったこと、ありませんよね?

使ってる人、見たことないですよね?

 

一部のお店では、仮想通貨払いが始まっています。

でも、使っているのは今のところコアなファンだけです。

 

なぜなら現在、仮想通貨はデメリットだらけだからです。

  • 使えるお店が限られている
  • 決済に数分かかる
  • 取引所で買わないといけない
  • 値動きで、価値が減るかもしれない
  • 送る先を間違えると、お金がなくなる
  • パスワードを無くすと、お金が取り出せない

 

そんなの、電子マネーでいいじゃん!

となるのは当然です。

しかし、今あげたデメリットは、これからなくなっていきます。

 

なぜなら、仮想通貨は今までのお金よりも本質的に優れているからです。

  • 発行者が、無限に発行したりできない。
  • 銀行に頼る必要がない。
  • 国境を気にせずに送金できる。
  • 改ざんが不可能。

これらの価値を知る人が、金や時間を使ってデメリットを解消していっています。

 

ライトニングネットワークなどは、いい例だと思います。

使いやすく、安全なアプリがどんどん出てきます。

 

決済以外に使えるようになってきている

ゲーム

Dappsを知っていますか?

Dappsは分散型アプリケーションのことです。

仮想通貨のようにオープンソースで、サーバ管理者もいません。

 

今は、アプリといえば管理者がいます。

中央のサーバが落ちるかもしれませんし、ハッキング・改ざんされるかもしれません。

Dappsには、それがありません。

将来的には、色々なサービスがDappsに代わっていくでしょう。

 

分かりやすいのが、ゲームです。

ブロックチェーンで動くゲームが、たくさん出ています。

 

ゲーム内の通貨は、仮想通貨です。

仮想通貨が使われるほど、仮想通貨の需要が増えます。

需要が増えれば、仮想通貨の価格も上がるでしょう。

 

まだ広まっていない

「仮想通貨(暗号通貨)」のことを知っていますか?

「仮想通貨のことを知っていますか?」という質問をした結果のグラフです。(マネーゴーランド総研調べ)

テレビCMやコインチェック事件などで、仮想通貨は有名になりました。

まったく知らない人はもう、30%ほどしかいません。

 

次の「仮想通貨」の中から、実際に使ったことがあるものをお選びください。

「使ったことのある仮想通貨を選んでください」という質問をした結果のグラフです。(マネーゴーランド総研調べ)

85%の人がまったく使ったことがありません。

仮想通貨は知られてきていますが、使ったことのある人は15%しかいないのです。

 

今後、「仮想通貨」を使ってみたいと思いますか?

「今後、仮想通貨を使ってみたいと思いますか?」という質問をした結果のグラフです。(マネーゴーランド総研調べ

「ぜひ使ってみたい」と「機会があれば使ってみたい」を合わせると、約35%です。

仮想通貨を知っている人は70%ですから、その半分が使ってみたいと思っています。

 

以上から、潜在的なユーザはたくさんいることが分かります。

広まっていくのは、これからなのです。

 

市場が成長する余地がある

成長

先ほどはビットコインと金を比べて、100倍はキビしいという話をしました。

ビットコインの時価総額が、金の時価総額をすぐに超えるとは考えにくいからです。

 

しかし、たとえば10倍ならどうでしょうか。

ビットコインの時価総額は、現在約13兆円。

ビットコインの価格が10倍になるということは、時価総額は130兆円ほど。

 

金の時価総額は約856兆円なので、その15%くらいです。

ビットコインと金には、それぞれメリット・デメリットがあります。

 

しかし、

「ビットコインが、金の15%くらいの時価総額を持つ」

という未来は、ありえる未来です。

 

ビットコインと金の比較については、記事にしました。

ビットコインの価格予想!金と比較してみると・・・?
こんにちは、ひつじ先輩です。 ビットコインの価格、バク上げですね。 半年ほど前からビットコインは知っていましたが、買っていませんでした。 「買い」と判断できなかった過去を悔やむばかりです。 しかし、このビット

 

長期のチャートは上がり続けている

チャート

わたしが仮想通貨について調べ、参入したのは2017年12月。

仮想通貨が上がって、話題になっていたときです。

 

わたしは、高値で買ってしまいました。

ひつじ先輩
ひつじ先輩

10年近く投資をやっておきながら、センスない

 

下がったところで買うのが、投資の基本です。

今、仮想通貨について調べている人はセンスがあると思います。

遅いどころか、価格が下がった今は買うチャンスだからです。

仮想通貨時価総額

これは2017年1月以降の、仮想通貨の時価総額全体のチャートです。

短期のチャートは、上がっていたり、下がっていたりと両方あります。

しかし、長期のチャートでは、ずっと上がってきていることが分かります。

 

ひつじ先輩
ひつじ先輩

ここが底だ!

と断言はできませんが、長期的には上がるでしょう。

少なくとも月に10万円、仮想通貨に投資するくらいの自信があります。

仮想通貨を月10万円積み立て!(2018年4月)
仮想通貨を、毎月10万円積み立て。資産が半額になったりもしたけれど、わたしは元気に買い続けています。

 

仮想通貨を今からやる人がうらやましい

うらやましい

仮想通貨を買うときに、

もう遅いのでは?

という不安は、2つの意味で付きまといます。

  • (もう価格が上がってしまったので)もう遅い?
  • (下がった価格が回復しそうにないので)もう遅い?

 

価格は、上がるか下がるかしかありません。

だから、「もう遅い?」という問いは常にあります。

考えるべきなのはこの次、上がっていくかどうかです。

 

この記事ではわたしが

ひつじ先輩
ひつじ先輩

仮想通貨は、上がる!

と思う理由を書きました。

「もう遅い?」への答えとしては「遅くない」ということです。

 

ただし、投資においては、未来の価格は誰にも分かりません。

1つだけ断言できることがあるとすれば、

ひつじ先輩
ひつじ先輩

わたしよりは安く買えるよ!!

ということです。

これから仮想通貨をやる人が、とてもうらやましいです…!

 

宝くじやギャンブルよりはマシですが、リスクは高いです。仮想通貨を買うのは、余剰資金で。

 

オススメの取引所

ビットフライヤがオススメです。

ビットフライヤーでアカウントを作る

補償がある取引所は、ここだけです。

また、現物の取引で逆指値注文を使えるのがすさまじいメリットです。

 

逆指値注文については、記事を書いています。

ビットコイン初トレードは大失敗!初心者にありがちな失敗…
こんにちは、ビットコイン初心者、ひつじ先輩です。 最近、ビットコインをはじめて買いました。 今回は、初トレードでやってしまった失敗について。 同じ初心者の友人も、同じ失敗をしていました汗 ありがちな失敗です…

逆指値はBTC、ETHの取引で対応しています。

もう遅い?に遅くないと答える理由は5つ

  1. 仮想通貨はまだ開発の途中で、デメリットはこれからなくなるから。
  2. ゲームなど、決済以外で広まっていくから。
  3. 仮想通貨を使ったことがある人は15%しかおらず、これから増えるから。
  4. まだ市場が小さく、伸びしろがあるから。
  5. 長期のチャートをみると、時価総額は上がり続けているから。

コメント