ビットコイン初トレードは大失敗!初心者にありがちな失敗…

今じゃない 仮想通貨

こんにちは、ビットコイン初心者、ひつじ先輩です。

最近、ビットコインをはじめて買いました。

 

今回は、初トレードでやってしまった失敗について。

同じ初心者の友人も、同じ失敗をしていました汗

ありがちな失敗です…

しようとしたこと

アカウントを作り、入金したのが2017年12月11日。

トレードしたのは昼休みでした。

7日にはビットコインが200万円をこえました。

1、12月7日ビットコインレート

一旦下がったビットコインは197万円あたりをフラフラ。

1、12月11日ビットコインレート

ひつじ先輩
ひつじ先輩

 200万を抜けるかどうかは分からんけど、抜けたら上がるのでは!?

ということで、このようにしました。

200万になったら買います

「200万円になったら0.15BTC買います」

というつもりです。

 

おきたこと

スマホ
スマホ

ピコーーーーーン!!

たった今レートがハネたのか、注文してすぐに買えました。

でも、なにかがおかしいです。

 

注文したタイミングで、1ビットコインは197万円。

200万円ってそんなにすぐにいくんでしょうか?

約定レート

すべて、197万円で買ってしまっただけでした・・・

このあとレートは下がり、含み損に・・・

 

今より不利なレートで売買できない

板情報の見かた

こんな画面をみたことはありますか?

板情報

これは、板情報といいます。

上半分には売り注文、下半分には買い注文がならんでいます。

 

真ん中の二つがそれぞれ、

売り注文のなかで最低レートのもの=今買えるレート

買い注文のなかで最高レートのもの=今売れるレート

です。

 

結局、なにが起きたのか

わたしは、この両方が197万円くらいのときに、

現在レートより高い、200万円で買おうとしました。

 

「わざわざ高く買う」

というのは、合理的ではありません。

 

そこで、この取引は成り行き注文として処理されました。

成り行き注文とは、現在レートを使って今すぐ取引する注文です。

200万円で買うくらいなら、197万円で買えたほうがうれしいっしょ?

という気をきかせてくれたわけです。

余計なお世話です笑

 

おかげで、しばらくは祈ることしかできませんでした・・・

初心者が注意すべきこと

現物の取引では、

現在レートよりも高いレートで買う注文

現在レートよりも低いレートで売る注文

を、あらかじめ入れておくことはできません。

逆指値

損する側に注文は入れられないということです。

これらを逆指値注文、またはストップ注文といいます。

 

逆に、

現在レートよりも低いレートで買う注文

現在レートよりも高いレートで売る注文

は、あらかじめ入れておくことができます。

指値

こちらは、指値注文、またはリミット注文といいます。

 

レバレッジ取引ならできるけど・・・

レバレッジ取引であれば、逆指値(ストップ)注文できます。

しかし、レバレッジ取引では手数料がかかります。

仮想通貨を借りて取引をするので、利子が引かれるのです。

 

たとえばコインチェックでは0.05%/日です。

借りたビットコインの合計額に0.05%かけたものを、毎日です。

1年で18%以上になります。

短期トレードならいいのですが、長期トレードには向きません。

 

現物で逆指値(ストップ)注文できる取引所

しばらくは、「ない」と思っていましたが、ありました。

ビットフライヤーでできるようです。

ビットフライヤービットコイン取引所

「ビットコイン取引所」

ではなく、

「bitFlyer Lightning」

でできます。

bitFlyer Lightning

BTC/JPYが光っていたら現物モードです。(画像左上)

bitFlyer Lightning2

「特殊」をクリックします。(画像右側)

Simple Order

「Simple Order」画面が出てきます。

「STOP」をクリックします。

売買をえらび、数量・トリガー価格を決めます。

最後に「Place Order」をクリックすると、注文できます。

ビットフライヤーでアカウントを作る

コメント